さんごーの節約&ダイエット日記。

楽しく節約とダイエット!をしながら日々の学んだ事をまとめていく個人ブログです。

FF14セリフ集。次元の狭間オメガ、デルタ編「虚像の正体」

FF14のパッチ4.0クロニクルクエスト「虚像の正体」のセリフ集です。

オメガが作り出した異空間に飛び込んだ一行。そこでオメガが始めた「実験」に参加させられる事に。

異空間を進み、さらに調査を進めます。

 

↓前のクエスト

FF14セリフ集。次元の狭間オメガ、デルタ編「オメガの消息」

↓次のクエスト

FF14セリフ集。次元の狭間オメガ、デルタ編「牢獄より睨みて」

 

 

クエスト受注

シドに話しかけてクエストを受注します。

 

f:id:thirtyfive:20170714162112p:plain

 次元の狭間のシドは、調査を進めたいようだ。

 

シド :

さて、これから具体的にどうするかだが……。

シド :

オメガはこの「次元の狭間」で、強者を選出するための検証を行っているんだったな。

シド :

しかし、そんなことをする目的は不明。

オメガ本体の居場所も、現状では特定できていない……。

ネロ :

となりゃあ、ひとまずはあちらさンの命令を聞いて、この「デルタ」世界とやらに、殴り込むしかないんじゃないか?

シド :

おお、アルファもやる気満々か?

だが、お前は勝ち目がなくて逃げ回っていたんだったな……戦力として数えることは難しいかもしれん。

シド :

「デルタ」世界での戦いを仕切るとしたら、やはり、お前以上の適任者はいないだろう。

……任されてもらえるか?

ネロ :

オレたちも、この拠点からサポートさせてもらうぜ?

こんな楽しい遊び、滅多にないンでね。

ネロ :

そのために、そこらにいたレベルチェッカーを、丁重に引っ張ってきたンだしな。

情報のひとつでも、引き出してやるよ。

アルファ :

クエッ、クエッ!

シド :

通訳がないと、何を言いたいのかさっぱりだが……戦うときは、こいつからもう一度、権利を譲り受けなきゃならないんだったな。

シド :

となれば、「デルタ」の中まで同行してもらう必要がある。

[プレイヤー名]、戦いの支度ができたら、アルファとともに突入してくれ!

 

アルファと話す

アルファ :

クエッ、クエーッ!

 

「次元の狭間オメガ:デルタ編1」を攻略

 シド :

[プレイヤー名]、聞こえるか?

敵名解析、そいつはデルタI「アルテ・ロイテ」だ!

撃退してくれ!

 

「アルテ・ロイテ」を倒します。

タンク初見未予習で行きましたが、一発クリアでした。

特に問題無く攻略できる難易度だと思います。タンクスイッチもありません。

 

シドと話す

 

アルファ :

クエ、クエッ!?

ビッグス :

おつかれさん!

こっちもどうにか、設営完了だ!

これで少しでもお前の支援になるといいんだが……。

ウェッジ :

[プレイヤー名]もアルファも、無事でよかったッスー!

ネロ :

クク……さすがだなぁ、英雄殿?

 

シド :

おつかれ、大活躍だったな!

どうにか「デルタ」内部の監視映像に繋げられたから、お前の活躍、こちらでも見ていたぞ。

ネロ :

今回は、それと名前の解析どまりだったのが惜しいがな……。

まあ、オレたちの調べによれば、機会はまだありそうだ。

ネロ :

詳細は解析中だが、被検世界「デルタ」の中には、デルタIからデルタIVまで、4体の被検者が格納されてるらしい。

つまり、ここだけであと3回は戦うってことだ。

ネロ :

こうして宙を見上げりゃ、同じような卵がゴロゴロ……。

こりゃあ、オメガが最初に言っていたとおり、全部で89体の被検者がいてもおかしくないぜ?

ネロ :

……まったく、ずいぶん手間暇かかった検証だ。

どうしてそこまで「最高の強者」を選びたいかねぇ?

ミドガルズオルム :

その理由については、見当がつかぬでもない……。

そもそもオメガは、より強い敵と戦い、記録を蓄積することで、己を強化し続けていくよう造られた兵器よ。

ミドガルズオルム :

ひとまずの標的と設定した神龍を制圧したならば、より強力な、次の標的を定めねばならぬ。

……存在せねば、造ってでもな。

シド :

本当に、ずいぶんオメガに詳しいんだな……。

己の次の標的にするために、「最高の強者」を造る……か。

それにしたって、どうしてこんな場所に引きこもって選定を?

ミドガルズオルム :

奴は生命を生み出せるが、それを主眼とした兵器ではない。

造ろうとするものが大きく複雑になるほど、物質界に生み出すのには、相当な時間がかかる……。

ミドガルズオルム :

ゆえに、このような都合のよい空間で、制作過程から候補者を争わせ、真に生みおとすべき1体を精査しているのであろう。

シド :

つまり、この検証が完了してしまえば、選び抜かれた猛者……神龍以上の強敵が、地上に生み落されるわけか……。

シド :

冗談じゃないぞ。

そんなのがオメガと地上で戦いはじめたら、今度こそ、霊災規模の大災厄になる……!

ネロ :

その仮説を信じるとすれば、オレたち以外の被検者は、すべて製造途中のはずなンだが……。

アルファは、地上でも実体があったな。

ネロ :

ま、ほかの被検者を最新鋭の魔導アーマーとしたら、こいつは、お子様用マメットくらいの制作難易度だろうしな。

うっかり造り終えちまったってこともあるか。

ウェッジ :

ア、アルファを馬鹿にするなッス!

こいつがいなかったら、オイラたちは透けて消えてたッス!

強くなくたって、勇敢で頼もしい仲間ッスー!

ビッグス :

なんであれ、親方たちはオメガを再起動させたあとに、カルテノーの地下の管制室で、「時間凍結システム」のスイッチを入れたんですよね?

ビッグス :

あれが動作してりゃ、奴は無力化されてるはず……。

だが、こうして稼働している以上、システムに不備があった可能性がある。

ビッグス :

設営も終わったことだし、よければオレとウェッジで、カルテノーにある管制室を見てきますが……。

シド :

ああ、そうしてもらえると助かる。

こっちの解析は、ひとまず俺とネロで進めておこう。

ビッグス :

それじゃ、オレたちは一旦ここを離れるが、くれぐれも気をつけて調査を続けてくれよ。

ウェッジ :

アルファも、みんなのいうことをよく聞いて、ちゃーんと[プレイヤー名]を助けるッス!

 

ネロ :

さぁて、次といこうじゃあないか。

 

「虚像の正体」は以上です。

  

↓前のクエスト

FF14セリフ集。次元の狭間オメガ、デルタ編「オメガの消息」

↓次のクエスト

FF14セリフ集。次元の狭間オメガ、デルタ編「牢獄より睨みて」

 

記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。

Copyright (C) 2010 - 2017 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.