さんごーの節約&ダイエット日記。

楽しく節約とダイエット!をしながら日々の学んだ事をまとめていく個人ブログです。

FF14セリフ集。次元の狭間オメガ、デルタ編「もとの形へ」

FF14のパッチ4.0クロニクルクエスト「もとの形へ」のセリフ集です。

オメガの「検証」に参加し、3つ目の戦いに勝利しました。

 

↓前のクエスト

FF14セリフ集。次元の狭間オメガ、デルタ編「鳴き叫べ!」

 

 

クエスト受注

シドに話しかけてクエストを受注します。

 

f:id:thirtyfive:20170803165659p:plain

次元の狭間のシドは、デルタⅣについて話したいようだ。

 

シド :

[プレイヤー名]……。

次はデルタ世界で最後の敵、「デルタIV」との戦いだ。

ネロ :

基本情報は、解析できてるぜ?

「デルタIV」とは、邪悪なる意志を宿した大樹……その化身たる暗黒魔導士……。

ネロ :

その名を「エクスデス」。

件の小説においても、主人公が最後に戦うこととなる相手だな。

ネロ :

詳細な能力までは解析できていないが、小説の記述と照らし合わせてみても、「無」という正体不明の力を活用している可能性が高い。

ネロ :

単なる読者だったときは、概念的なもンだろうと思ったが……オメガに再現されているとすれば、何らかの具体的な力として解釈されてンだろう。

ネロ :

「エクスデス」が「無」の力を引き出しはじめたら、オレたちの法則では予期できない事態が起きるかもな。

……ま、ちょっと注意して見とけって話だ。

シド :

……ところで、ネロ。

小説における「エクスデス」は、最終的に主人公に勝つのか?

ネロ :

いいや……邪悪なる者は、挫かれるのが定番だろ。

勝ったのは、今でいう「光の戦士」である主人公たちだな。

シド :

やはりか……俺が引っかかっていたのはそこなんだ。

勝ったのが主人公なら、強者を求めているはずのオメガは、なぜそちらを被検者にしない?

シド :

「最高の強者」を選出するための検証なら、敗北を経験した者は不要なはずだ……!

シド :

……っと、ビッグスか。

管制室についたのか?

 様子は?

シド :

……ああ……そうか。

わかった、[プレイヤー名]たちにも伝えておく。

そっちも気をつけるんだぞ。

シド :

話の途中で悪いな。

ビッグスとウェッジから、時間凍結システムの調査報告だ。

シド :

こうしてオメガが活動を続けているのに対し、管制室の方では、今現在でも、問題なく時間凍結中ということになっているらしい。

シド :

現状とかみ合っていない……つまりは、故障している。

俺たちが一度システムを解除したのが、引き金になってしまったのかもしれないな……。

ネロ :

第七霊災の折に、設備が破損でもしてたかねぇ……。

修復の見込みは?

シド :

アラグの遺産の中でも、特殊なものだからな……。

絶対にできないとはいわないが、何年かかるかもわからない。

ネロ :

やったな、冒険者。

このまま戦いを続けるしかなくなったってことだ。

お前もオレも、武器は違えど存分に腕を振るえそうだなぁ?

シド :

確かに、ここであれこれ推測していても解決はしないか……。

今は「エクスデス」との戦いに集中しよう。

ネロ :

アルファも、問題なさそうだな。

ンじゃ、はるかなる伝説の戦いを、当代の「光の戦士」になぞってもらうとしますかね!

 

シド :

「無」か……。

クリスタルタワーに眠っていた、アラグ帝国の始皇帝ザンデも、確かそれを求めていたんだったな。

シド :

あらゆる生命は、種の存続と繁栄を求めるもの……ならば「無」を渇望することは、命の否定と同じことだ。

小説であれ、史実であれ、人は抗い続けるさ。

ネロ :

「無」の力が真に放たれたとき、あらゆる法則が乱れる……なんて小説には書かれていたが、さてねぇ。

 

アルファと話す

アルファ :

クエッ、クエッ! クエーッ!

 

アルファも、強く意気込んでいるようだ。

被験世界「デルタ」第四層へ、ともに突入しよう!

 

「次元の狭間オメガ:デルタ編4」を攻略

エクスデス :

ファファファ……お前たちも、「無」の中に消え去るがいい!

エクスデス :

「無」の力によって、強化された我が魔力……暗黒魔道士の真価を、見るがいい!

エクスデス :

食らえっ!!

エクスデス :

死線を越えよう……!

「無」の力よ、我が真の姿を解き放て!

エクスデス :

私を本気にさせたな!

死の世界へ、行くがいい!!

エクスデス :

「無」に呑まれるがいい!

 

 

 

レベルチェッカー :

デルタIVの消滅を確認……被検世界「デルタ」は完全敗北しました。

これより、当世界のシャットダウンを開始します。

シド :

[プレイヤー名]、無事か……!?

突然、卵の外郭が消滅しはじめたもんで、様子を見に来たんだが……。

ネロ :

こうして全員普通に存在できてンなら、ここはすでにロビーの一角と化してるってことか。

つまり、被検世界「デルタ」は…………

オメガ :

被検世界「デルタ」のシャットダウン完了。

勝者……アルファグループです。

オメガ :

大変おつかれさまでした。

今回の戦闘記録は保存され、次回マッチングに反映されます。

オメガ :

ほかのグループの戦闘結果が出次第、改めてアナタがたを召集しましょう。

それまで、破損個所の修復にあたりなさい……ガガ……。

シド :

やったな……!

予断を許さない状況とはいえ、オメガに向けて、大きな一歩を踏み出したことは間違いない!

シド :

本当におつかれさまだ、[プレイヤー名]。

一度地上に戻って、連戦の傷と疲れを癒すとしよう。

ネロ :

なンだかンだで順調だが、いいのかねぇ……。

相手は、あのオメガだってのによぉ……。

ミドガルズオルム :

……ヒトの子よ。

疑念を抱くべきは、そこではないのだ。

綻びの発端は、より手前にあろう……。

ミドガルズオルム :

あのオメガであれば、地上の誰にも気づかせることなく、検証を最後まで終えることもできたはず。

ミドガルズオルム :

しかし、ヒトの子らは事態に気づき、ましてやここまで踏み込めている。

……それこそが、すでに異常なのだ。

ミドガルズオルム :

アルファ……ヒトの子らが掴みし、オメガ打倒の契機か……。

それは同時に、深淵への誘い手とも呼べような。

ミドガルズオルム :

……汝、真なるところは、何者か?

ミドガルズオルム :

ふむ、自身でもわからぬか。

ならばこの先、ともに見定めてゆくしかなかろう……。

オメガ :

ガガガ……予定外の結果です。

計測した戦闘力の数値では、デルタの個体の方が、わずかに勝っていたのですが。

オメガ :

しかし、この矛盾こそ、待ち望んでいた事象。

過去の類似例を参照すると、対象にストレスを与えることで、未確認の力を向上させられる可能性があります。

オメガ :

実験……今後の検証に向け、アルファグループに、強いストレスを付与しましょう。

具体的な方法は……検索中……検索中…………

オメガ :

……ヒット。

イベント「仲間の死」が、彼らの力を向上させるための、最適解とみなされました!

 

アルファ :

……クエッ!

ネロ :

終わってみれば、イイコに協力してただろ?

ククク、次も是非頼むぜぇ?

 

シドと話す

シド :

ふぅ……久々の地上だな。

こうして無事に戻ってこられたのも、お前が勝ってくれたからだ……ありがとうな。

シド :

アルファも、よく怖気づかずに何度も飛び込んでくれた。

一緒にこっちへ戻ってきたが、大丈夫なのか?

シド :

……平気そうだな。

なら、オメガの命令に従うわけじゃないが、一度休息をとろう。

今回の調査結果をまとめる必要もありそうだしな。

 

 

「もとの形へ」は以上です。

 

↓前のクエスト

FF14セリフ集。次元の狭間オメガ、デルタ編「鳴き叫べ!」

 

記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。

Copyright (C) 2010 - 2017 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.