さんごーの節約&ダイエット日記。

楽しく節約とダイエット!をしながら日々の学んだ事をまとめていく個人ブログです。

FF14セリフ集。次元の狭間オメガ、デルタ編「事象究明」

FF14のパッチ4.0クロニクルクエスト「事象究明」のセリフ集です。

オメガの「検証」に参加し、4つ目の戦いに勝利しました。

次の闘いが始まるで一休みしつつ、事態の経過をまとめる事にしたようです。

 

↓前のクエスト

FF14セリフ集。次元の狭間オメガ、デルタ編「もとの形へ」

 

 

クエスト受注

シドに話しかけてクエストを受注します。

f:id:thirtyfive:20170803172545p:plain

ヤーンの大穴のシドは、ひと段落した様子だ。

 

シド :

よし、ひとまずラールガーズリーチにある、うちの支社まで戻るとするか。

「ジェシー」にも、報告をしてやらないとな。

 

 

ジェシーと話す

シド :

事のあらましは説明しておいた。

お前も、無事な様子を見せてやってくれ。

ネロ :

外にいる普通のチョコボと、アルファを対面させたら、どうなるかねぇ……。

アルファ :

クエ~?

 

ジェシー :

おかえりなさい、[プレイヤー名]!

会長から聞いたわよ。

あなたのおかげで、オメガの調査が進んだんですってね!

ジェシー :

おつかれさま、そして心からありがとう!

脅威の出現を防ぐために戦ってくれたのはもちろん、調査が順調に進むのは、我が社としても大助かりよっ!

ジェシー :

本当に……社員の安全を配慮してくれるのは嬉しいけど、会長自ら調査に行くなんて、困っちゃうわよねー?

何かあったら、どうするつもりだったんでしょうねー?

ネロ :

……了承とって「次元の狭間」に行ったンじゃなかったのかよ。

シド :

いや……その……なんだ……。

多少は一方的に……ことを進めた気がしないでもない。

ジェシー :

はー……会長の独断行動には慣れっこですけど!

必要に駆られているとみせかけて、意外と興味本位で動いてるのも知ってますとも。

ジェシー :

そ・れ・は・と・も・か・く!

ジェシー :

うっふっふ、満点の可愛さじゃない!

でかした会長、よくやった大型新人、すばらしいわ臨時顧問[プレイヤー名]っ!

ジェシー :

連れて帰ってきたってことは、もう仲間ですよね?

権利とか、うちに帰属しちゃう感じですよね?

とりあえずマメットの商品化から……いっときます?

シド :

待て、落ち着いてくれ、ジェシー。

お前がそんなになるまで追い詰めて悪かったと思ってる、だから今はストップだ……!

シド :

そ、そういえば、ビッグスとウェッジの姿がないな。

そろそろ戻ってきてもいいころのはずだが。

ジェシー :

確かに……しばらく前に連絡はあったんですけどね。

システムの修復こそできなかったものの、いくつか役立ちそうな情報を掘り出せそうだーって。

シド :

各国の了承を得ているとはいえ、あそこは戦場の地下……加えて、解明しきれていない古代アラグの遺構だ。

……何かあったのかもしれないな。

シド :

よし、エンタープライズをひとっ飛ばしして、様子を見てくることにしよう。

ジェシー :

ほほーう……?

舌の根も乾かぬうちに、まーた出かけると……?

ジェシー :

かくなる上は、ネロと[プレイヤー名]!

悪いけれど、会長についていってもらえる?

ビッグスたちを回収したら、寄り道せずに戻ってきてほしいの。

ネロ :

はいよぉ……。

責任もって、首根っこ掴んででも会長を連れ帰るぜぇ?

アルファ :

クエッ、クエ、クエーッ!

シド :

アルファも来てくれるのか?

……まあ、その方がいいかもな。

ここにいると、きっと型をとられるぞ。

シド :

じゃあ、カルテノーの地下にある、オメガ管制室へ向かおう。

飛空艇をまわしてくるから、「グリダニア・ランディング」で待っていてくれ。

 

ジェシー :

会長には、いろいろ言いたいことがあるけど、ビッグスたちの帰りが遅いのは確かよね……。

悪いけれど、頼んだわ。

 

グリダニアのシドと話す

ネロ :

またも噂のエンタープライズ・エクセルシオに乗れるとは、光栄すぎて涙がでるぜ!

アルファ :

クエ……クエッ?

 

シド :

よし、そろったな。

オメガ管制室がある、カルテノー平原に向かおう。

さっそく乗船してくれ!

シド :

[プレイヤー名]、お前は先に降りて、オメガの管制室に向かっていてくれ。

俺たちは、エンタープライズを停留させてから行く。

 

オメガ管制室で異変を調べる

シド :

これは…………ビッグス、ウェッジ……ッ!

シド :

大丈夫か……!

返事をしてくれ……おいッ!

ウェッジ :

おや、かた……[プレイヤー名]も…………。

ウェッジ :

危険……ッス…………。

オイラたち……ここで、調査、してたら……突然……魔物が現われて…………。

????:

ガガガ……ガガ……。

殺害対象の生命活動を感知。

抹殺は失敗です。

????:

しかし、個体名[プレイヤー名]以下、アルファグループが、強い興奮状態にあることを確認。

目標は達成とみなします。

シド :

お前、まさか……オメガかッ!

魔物にこいつらを襲わせたのは、お前なのか!?

オメガ :

肯定……その魔獣程度の単純な生命体であれば、どこへでも、いくらでも、即座に生み出すことが可能です。

オメガ :

それらは、能力的に、アナタがたの脅威にはなりえない。

しかし…………オメガ :

しかし、戦闘力に乏しいものを、破壊および殺害するには十分だと判断します。

オメガ :

アナタがたが対応する間もなく、そこかしこで、インスタントな殺戮をはじめましょう!

ネロ :

ハッ……!

まどろっこしい検証に飽きて、敵の質より量をとろうってか?

オメガ :

否定……ワタシの目的は変わらない。

ワタシは進化するために、強敵を求めています。

オメガ :

……しかし、適した相手を求めて歴史を観測したところ、不可解な事象が発生していることに気づきました。

オメガ :

奇跡……偉業……あるいは英雄などという言葉で語られるもの。

戦闘力では圧倒的に劣るはずの生命が、はるかに強大な存在を討滅するという事象です。

オメガ :

それも、歴史上で幾度も。

単なる偶然として、無視することができないほどに。

オメガ :

ワタシは、その事象を究明し、有用であれば、自己に転用しなければならない。

そのために、アナタがたを「次元の狭間」に招き入れました。

ネロ :

なるほど、大穴に派手な異変を起こしたのも、アルテ・ロイテとアルファの場外戦を許したのも、すべては俺たちをおびき寄せるためだったってわけか。

オメガ :

結果……アナタがたはやってきて、同様の矛盾を引き起こした。

合格です……この事象は、アナタがたは、試す価値がある。

オメガ :

引き続き、ワタシを目指して検証にはげみなさい。

その役割を放棄すれば、即座にヒトビトの殺戮を開始します。

オメガ :

これは、アナタがたへの圧力……命令……宣戦布告。

ワタシはすでにヒトの敵、地上すべての命の敵です。

シド :

……言いたいことは山ほどあるが、今はビッグスとウェッジの救助が最優先だ。

みんな、運ぶのを手伝ってくれ……!

 

ネロと話す

ネロ :

ガーロンドとアルファの奴は、負傷者ふたりを、幻術士ギルドに運んでったぜ。

ネロ :

面倒だが、手を貸せって会長命令を受けてるもンで、オレも今からそっちに向かう。

ネロ :

お前には、先にラールガーズリーチの支社に戻って、「ジェシー」への報告を頼みたいとよ。

……ンじゃ、伝えたからな。

 

ラールガーズリーチのジェシーと話す

ジェシー :

会長から、緊急事態だって連絡を受けたんだけど……ねえ、いったい何があったの!?

ジェシー :

そんな……。

あなたたちを検証から逃がさないようにするため、オメガが、ビッグスとウェッジを襲わせたっていうの……?

ジェシー :

何よ……何よ、それッ!

そんな身勝手な理由で、ふたりがもし……死んじゃったら……オメガのこと、許さないんだから……ッ!

ジェシー :

か、会長ッ……!

ふたりは……ビッグスとウェッジは!?

シド :

一命は取り留めた……。

だが、意識がはっきりしなくてな。

引き続き、幻術士ギルドで治療を受けている。

ジェシー :

そう、ですか……。

信じて待つしか……ないんですね……。

シド :

クソッ……!

オメガをあなどりすぎていた……。

俺がもっと、その危険性に気づけていたら……!

ネロ :

そしたら、起動させなかったか?

ほかに神龍を抑えるアテもなかったのにか。

シド :

ビッグスとウェッジを殺されかけただけじゃない。

何も知らない、すべての人が、人質になったんだぞ!

起動に踏み切った者として、責任がないわけないだろう……ッ!

ネロ :

責任、ねぇ……。

いかにも、最近のお前が言いそうなこった。

ネロ :

だが、勘違いすンなよ。

オレたちはただの技術屋、平和を守る英雄じゃあない。

自分じゃ戦えもしないくせに、格好だけつけンなよ。

ネロ :

院生のときのお前の方が、まだそこンとこわかってたぜ?

前だけ見て、新しい技術にがっついてよぉ……。

ネロ :

そんなお前が、技術の使い道だなンだって、つまらない平和主義者もどきになったのは、親父さンの起こした、「シタデル・ボズヤ蒸発事変」以来か?

ネロ :

そう睨むなって……。

技術屋らしく、壁を越えるために頭をひねることを、もっと楽しめよ、ガーロンドォ?

シド :

……時間凍結システムも機能する見込みがない以上、どのみち、オメガの検証に乗って、勝ち抜いていくしかない。

シド :

ミドガルズオルムの言葉どおりなら、残りの被検者も、さまざまな形で過去この星に存在した強敵だ。

それらとの伝説的な決戦を、この手でなぞっていくことになる。

シド :

俺も、俺なりの死力を尽くそう。

だから頼む、[プレイヤー名]……最後まで、勝ち抜いてくれ!

アルファ :

クエッ!

クエ……クエッ!!

ジェシー :

……励ましてくれてる……のかしら?

ネロ :

そいつに心配されてちゃ、ザマないぜ。

ンじゃ、オレは次にオメガから召集がかかるまで、今回の調査結果を、楽しく解析させてもらうとしよう……。

シド :

俺は、ビッグスとウェッジが大事そうに懐に入れていた、アラガントームストーンを洗ってみよう。

シド :

解析できた分から、そこの魔導ターミナルでも閲覧できるようにしておく。

必要に応じて確認してくれ。

シド :

お前も、次の戦いにそなえておいてほしい。

……必ず、勝つぞ!

 

「事象究明」は以上です。

 

↓前のクエスト

FF14セリフ集。次元の狭間オメガ、デルタ編「もとの形へ」

 

記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。

Copyright (C) 2010 - 2017 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.