さんごーの節約&ダイエット日記。

楽しく節約とダイエット!をしながら日々の学んだ事をまとめていく個人ブログです。

FF14セリフ集。次元の狭間オメガ、デルタ編「鳴き叫べ!」

FF14のパッチ4.0クロニクルクエスト「鳴き叫べ!」のセリフ集です。

オメガの「検証」に参加し、2つ目の戦いに勝利しました。

 

↓前のクエスト

FF14セリフ集。次元の狭間オメガ、デルタ編「牢獄より睨みて」

↓次のクエスト

FF14セリフ集。次元の狭間オメガ、デルタ編「もとの形へ」

 

 

クエスト受注

シドに話しかけてクエストを受注します。

 

f:id:thirtyfive:20170803162830p:plain

 次元の狭間のシドは、相談したいことがあるようだ。

 

ネロ :

さて、お前も無事だったことだし、ちゃっちゃと次に行くかねぇ……。

 

 

シド :

ビッグスとウェッジから調査結果がくるまで、もう少し時間がかかりそうだが……このまま「デルタIII」との対決に進むか?

シド :

……頼もしいな。

では、遠慮なく進めさせてもらうとしよう。

シド :

次の敵、デルタIIIについては、今しがた名前が判明したところだ。

その名も「ハリカルナッソス」というらしい。

ネロ :

ハリカルナッソス……?

あの、次元城の女王「ハリカルナッソス」か?

シド :

なんだ、知ってるのか?

ネロ :

知らないお前の方が驚きだ!

いいとこ出の秀才様は、安価な娯楽に興味がないンだな!

ネロ :

やれやれ……。

「ハリカルナッソス」ってのは、古典小説の登場人物なンだよ。

主人公である青年たちに敗れる、敵側の一角だがな。

ネロ :

その小説は、第四星暦ごろの史実に基づいた話だと、作者が自称してるが……あれは「忘れられた時代」だからな。

真偽はわからず、今じゃ創作とするのが一般的だ。

シド :

ふむ……小説の登場人物……。

オメガは、そんなものまで被検者にしているのか?

ミドガルズオルム :

……なるほど、ヒトの子には、まだ前提が足りておらぬのか。

我にはもはや、到底わからぬ機微よ……。

ミドガルズオルム :

よいか……オメガめには、心がない。

ゆえに、想像を広げることができない。

己に匹敵する新たな生命体など、自力で描けはせぬのだ。

ミドガルズオルム :

ゆえに、すでに在るものから、標的を探そうとする……。

造られた被検者たちは皆、何らかの形で、いつかどこかに在った者であろうよ。

ミドガルズオルム :

……ただし、汝らと奴とでは、視点がまるで違う。

あの性能をもってすれば、この世界の数千年におよぶ歴史も、重なりあう鏡像世界の出来事でさえ、把握できるであろう。

ミドガルズオルム :

ヒトにとっての真贋など、オメガにとっては無意味……。

すべては等しく、生命の言動が織りなす事例にすぎぬ。

奴の理屈で正当とみなされれば、なんであれ再現されよう。

ネロ :

おいおいおい!

そンなことができる兵器が実在するってか!

ネロ :

ああ、オメガ!

 まさに規格外!

最っ高に愉快じゃあないか、なあ!

ネロ :

……反応が薄いじゃないか。

さてはビビったか、ガーロンドォ?

シド :

いや、今の話……何か引っかかった気がしてな。

シド :

無論、怖気づいたわけじゃない。

[プレイヤー名]もやると言っているんだ、デルタIII「ハリカルナッソス」の攻略に進もう。

 

シド :

細かい理屈を考えるのは後回しだ。

今は「ハリカルナッソス」を倒すことに集中しないとな。

ネロ :

規格外の兵器、オメガ……。

面白い、何がなンでも辿りついてやらなきゃなぁ!

 

アルファと話す

アルファ :

クエッ?

……クエーッ!

 

アルファも、準備は万全のようだ。

被験世界「デルタ」第三層へ、ともに突入しよう!

 

「次元の狭間オメガ:デルタ編3」を攻略

デルタ編3層のボスは「ハリカルナッソス」です。FF5に出てきましたねぇ…懐かしい。

 

ハリカルナッソス :

逃げられないよ……あたしの遊技盤で、死ぬまで遊び続ける運命なのだ!

ハリカルナッソス :

舞踏もまた、高貴なる者の嗜み……魅入るがいい、あたしの舞いになっ!

ハリカルナッソス :

さて、盤面の絵柄を見るがいい……!

見覚えのあるものではないか?

ハリカルナッソス :

「守りの盾」、「攻めの剣」、「癒しの十字」……立つべき盤面がわからぬ愚者には……罰を与えようぞ。

ハリカルナッソス :

うむうむ、ルールは理解できたようだな……。

呑み込みの早い対戦相手には、褒美を授けよう!

ハリカルナッソス :

さて、盤面を入れ替えようか……!

ハリカルナッソス :

あたしの舞いは、盤面の力を求める……!

ハリカルナッソス :

さて、ここで「かけっこ」の時間といくとしよう……!

迷わず駆けるがいい、思い切りなっ!

ハリカルナッソス :

ここはひとつ、気分を変えて……死の脱出遊技でも、楽しんでみるか?

ハリカルナッソス :

さあて、あたしはティータイムとさせてもらうよ……。

ハリカルナッソス :

それから、星の贈り物だ。

グズグズしていると、押しつぶされてしまうがな?

ハリカルナッソス :

しかし、これは遊技……脱出口も用意しておこう。

早く戻った者には、褒美を授けてやらんでもないぞ?

ハリカルナッソス :

茶を飲み終える前に、戻ってきたか……。

褒めて使わす、褒美を授けようぞ!

ハリカルナッソス :

さあて、ティータイムも終いにして、気分を切り替え、遊技盤で楽しむとしようぞ!

ハリカルナッソス :

さて、盤面の絵柄を見るがいい……!

見覚えのあるものではないか?

ハリカルナッソス :

では、この絵柄を並べたら……どうする?

盤面の絵柄に従えぬ者には、罰が待っておるぞ?

ハリカルナッソス :

盤面の絵柄に従えなかった愚者には、キツイ罰を与えよう!

ハリカルナッソス :

すばらしい、カエルの大合唱よな!

うむ、褒美を授けよう!

ハリカルナッソス :

舞踏もまた、高貴なる者の嗜み……魅入るがいい、あたしの舞いになっ!

 

ネロ :

あれが、ハリカルナッソスねぇ……。

いや、小説に書かれている特徴は、実によく押さえてるぜ?

ネロ :

だが、なンだかな……この違和感は……。

あんなに敵を弄ぶだけの奴だったか……?

まあ、些細な印象の違い程度ではあるが。

アルファ :

クルルルル……クエッ?

 

シドと話す

シド :

よくぞ無事に戻ってきてくれた。

勝敗もだが、お前が人の形に戻れなくなるんじゃないかと、ハラハラしたぞ……。

シド :

体に不調はないか?

 ちゃんと声は出るか?

おかげで、次は「デルタ」での最終決戦だ……しっかりと休憩をとってから、再開するとしよう。

 

 

「鳴き叫べ!」は以上です。

 

↓前のクエスト

FF14セリフ集。次元の狭間オメガ、デルタ編「牢獄より睨みて」

↓次のクエスト

FF14セリフ集。次元の狭間オメガ、デルタ編「もとの形へ」

 

記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。

Copyright (C) 2010 - 2017 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.