さんごーの節約&ダイエット日記。

楽しく節約とダイエット!をしながら日々の学んだ事をまとめていく個人ブログです。

FF14セリフ集。パッチ4.0メインクエスト「紅蓮のリベレーター」ラスボス戦

FF14のパッチ4.0メインクエスト「紅蓮のリベレーター」のセリフ集です。

ラスボス戦イベントのセリフをまとめます。 

 

↓前のクエスト

FF14セリフ集。パッチ4.0メインクエスト「????(メインクエスト最後のインスタンスダンジョン」

 

 

蛮神「神龍」を討滅

 

ゼノス・イェー・ガルヴァス :

あまねく神を統べる力を見るがいい!

ゼノス・イェー・ガルヴァス :

この空は、神なる龍には狭すぎる……!

はるかなる天の高みへと、猟場を移そうぞッ!

ゼノス・イェー・ガルヴァス :

いいぞ、いいぞ……これこそ、俺が求めていた戦いだ!

友よ、この戦いを新たな神話と成すぞッ!

 

 

討滅完了。

 

リセ :

大丈夫!?

リセ :

ゼノス!!

ゼノス・イェー・ガルヴァス :

ハァ……ハァ……ハァ……よもや、俺が狩られるとは…………。

ゼノス・イェー・ガルヴァス :

だが……愉しかった……最高の戦だったぞ……。

これほど、清々しい気分は……初めてだ……。

リセ :

清々しいですって!?

これだけの犠牲を出しておきながら!

ゼノス・イェー・ガルヴァス :

犠牲……?

馬鹿馬鹿しい……人は命を犠牲にせねば、生きてはいけぬ存在……生きているだけで、つねに何かに犠牲を強いる存在なのだ……。

ゼノス・イェー・ガルヴァス :

だが、どうでもいい……これほどの戦を演じることができたのだ……。

ひとつきりの命を懸けたからこそ……至上の時であった……。

ゼノス・イェー・ガルヴァス :

ああ……ここだ……今、このときだ……。

俺の心臓は、永く、このときのために鼓動してきたのだ……。

先など、決して在るべきものか。

アルフィノ :

自刃するつもりか!

リセ :

逃げさせないッ……!

ゼノス・イェー・ガルヴァス :

さらばだ……俺の最初で最後の友よ……。

ラウバーン :

ゼノスは……?

アルフィノ :

死にました……。

彼との戦いに敗れ、自らの手で……。

ラウバーン :

そうか……終わったのだな……。

リセ :

いや、逃げられた……のかな……。

アタシには、最期までただの獣にしか見えなかったよ。

ただ、戦いを愉しむだけの哀れな男……。

アルフィノ :

そんな男の狂った思想のために、どれほど多くの人が、自由か死かを選ばされてきたか。

やりきれない気持ちになるよ……。

ラウバーン :

だが、それでも我らは勝ったのだ。

今は死んだ敵将のことよりも、生きている者たちのことを考えよう。

ヒエン :

リセよ、胸を張れ……。

祖国を取り戻すため命がけで戦った者のために勝利を祝え!

死んでいった者たちにも聞こえるように、天まで届くほどに!

リセ :

そっか……そうだよね。

リセ :

ありがとう……。

あなたがいなかったら、ゼノスは倒せなかったし、この勝利はなかった……。

リセ :

だから、いっしょに祝おう……。

アラミゴの解放を!

エスティニアン :

やれやれ、手間をかけさせやがって……。

エスティニアン :

蛮神の核に使われたことで、エーテルの残滓すら失われたか……。

どうりで、まったく感じ取れないわけだ……。

エスティニアン :

とはいえ、このままにもしておけん。

エスティニアン :

本当にさよならだ、ニーズヘッグ。

ヴァリス・ゾス・ガルヴァス :

ゼノスは散ったか……。

????:

皇帝陛下も、息子の死には感傷的になるといったところか……。

ヴァリス・ゾス・ガルヴァス :

フン、くだらん。

アシエン・エリディブス :

ほぅ……非情な方だ。

世界を制覇せんとする強国の皇帝ともなれば、実の息子を贄とし実験台に乗せることすら、造作もないと?

ヴァリス・ゾス・ガルヴァス :

どの道、奴は皇帝の器ではなかった。

あれは己の快楽を求めすぎる……。

ヴァリス・ゾス・ガルヴァス :

我が望みは、星を蝕む存在を排し、世に安寧をもたらすこと……。

そのためには、蛮族どもに甘言を囁きかけ、蛮神を呼ばせるうぬらアシエンも排除対象に過ぎん。

アシエン・エリディブス :

黒法衣どもとやり合おうというのなら、止めはせんさ。

私の望みは救済であり、この星に真の姿を取り戻させることだけ。

その点で、目的は一致していると思うのだが……。

ヴァリス・ゾス・ガルヴァス :

世界の統合によるゾディアークの完全覚醒、そして、ハイデリンとふたたびひとつに……か。

果たして真の姿を取り戻した世界に、人の棲まう場所があるのか?

アシエン・エリディブス :

もちろんだ……。

こちらとて、すぐに信頼してもらえるとも思ってもいない。

なれば…………。

ヴァリス・ゾス・ガルヴァス :

貴様、その顔は…………!

 

 リセと話す

リセ :

ついに……ついに、アタシたちはアラミゴを奪還したんだね。

この気持ちを、何て言えば伝えられるのか、アタシには、わからないよ……。

リセ :

でも、これでようやく、父さんやイダ姉さん、それからパパリモやコンラッド、メッフリッド……ここにはいないミンフィリアにも、いい報告ができそう……。

リセ :

あなたにも、いっぱいお礼を言いたいんだけど……ううん、今はあなたを独り占めにしてちゃ、ダメだよね。

ほら、みんなが待ってるよ……。

リセ :

ゼノスを倒した英雄なんだから、胸を張って、みんなから祝福を受けてきて!

 

アルフィノと話す

サンクレッド :

これで、アシリア……ミンフィリアの故郷も取り戻せたんだ。

俺の至らなさで救えなかった彼女の父、ウォーバートンさんも、喜んでくれているといいんだがな……。

 

アルフィノ :

君の勝利を信じていたが、それでも、屋上庭園で無事な姿を見たときは安心したよ。

アルフィノ :

そう呼ばれることに、抵抗があるかもしれないが、やはり君は、私にとって掛け替えのない「英雄」だ。

あこがれの存在であり、目標となる人物なんだ。

アルフィノ :

単純な強さではなく、人と人とを結びつけて、強大な困難を撃ち砕いてゆく、その不思議な才に敬意を抱くよ。

サンクレッド :

確かに、[プレイヤー名]の周りには、自然と人が集まり、大きなうねりが創り出されていく。

この勝利も、その結果と言えるかもしれないな。

アルフィノ :

だからこそ、私はこの勝利を大切にしたいと思うんだ。

パパリモをはじめ、多くの犠牲があったことも忘れてはならない。

この勝利の重さを胸に刻み込んでおこう。

 

アルフィノ :

アリゼーは、この場に立ち会えなかったことを、いつまでも後悔することになりそうだ。

 

 

メ・ナーゴと話す

ウィスカー :

へへっ……やったぜ!

アラガーナのみんなにも、この喜びを早く伝えてやらなくちゃな!

 

メ・ナーゴ :

やった、やった、やりました!

[プレイヤー名]さん、ついに私たちは、やったんですね!

メ・ナーゴ :

はぁ、はぁ、はぁ……す、すみません、つい興奮して……。

でも、私……とてつもなく嬉しいんです。

メ・ナーゴ :

パパリモさんやメッフリッド、コンラッド隊長……ここに至るまでに、本当に数多くの仲間が散っていきました。

だからこそ、私はめいっぱい喜ぶんです。

メ・ナーゴ :

死んでいった仲間たちの……ぶんまで……私は……よろこんで…………うっ、うっ……うぅぅぅ!

やっぱ、ダメです、涙が止まりません!

メ・ナーゴ :

嬉しいけど……嬉じいけど……すびばぜん、涙が止まらないんですぅ……!

 

メ・ナーゴ :

うわあぁぁん……!

すびばぜん、嬉じいのにぃ……。

 

ラウバーンと話す

アレンヴァルド :

アバ……オリ……俺は……俺は……!

ジャ・モルバ :

これで散っていった同胞たちにも、ようやく顔向けができるというものでございやす。

ヴァ・マハ・ティア :

アレンヴァルドのヤツ、感極まってやがるぜ!

気持ちはわからんでもないがな……!

 

ウリエンジェ :

アリゼー様やクルル、ヤ・シュトラたちには、リンクパール通信で速報を伝えました。

皆一様に喜んでおりましたよ。

双蛇党の将校 :

ご無事の帰還を心より嬉しく思います。

しかし戦いが終わったとはいえ、負傷者の救出と治療、捕虜の処遇と、気を抜けない状況ですよ。

ピピン :

厳しい戦いだったが、ティソーナが私を支えてくれた。

この剣を貸し与えてくれた義父上に、感謝しているよ。

黒渦団の将校 :

よくぞ、よくぞやってくれた!

あのゼノスを討ち取った上に、神龍までをも討滅するとは……!

これを英雄と呼ばずして、何と呼ぼう!

 

ラウバーン :

おぉ、[プレイヤー名]!

我らが英雄……いや、我らが「解放者」よ!

ラウバーン :

ゼノスを討ったことで、第XII軍団の残余も抵抗を止めた。

ここに20年の長きに渡った帝国によるアラミゴ支配は、終わりを告げたのだ!

ラウバーン :

もちろん、この戦いがすべての終わりではない。

王政に戻すわけにはいかない以上、暫定政権を発足させ、一から新たな国造りを始めなければならないからな。

ピピン :

確かに、これは始まりに過ぎないでしょうね、義父上……。

それも限りなく、険しい道のりへの第一歩だと感じます。

ラウバーン :

あぁ……だが、この苦難の20年を耐え抜いた人々ならば、良き国造りを、成し遂げることができると吾輩は信じている。

その機会を作ってくれたことに感謝するぞ!

 

 

ユウギリと話す

ヒエン :

ドマの民も、アラミゴの民も、あまりにも長く帝国の支配に苦しんできた。

それゆえの喜びであろうな。

ハクロウ :

お主のおかげで、ヒエン様と再会できた。

予想だにしていなかったことだ。

 

ユウギリ :

あのゼノスを倒すとは、さすがだな……。

どうやら貴殿は、また一段と鋭さを増したらしい。

ヒエン :

ユウギリよ、獲物を取られて拗ねておるわけではあるまいな?

ユウギリ :

ご冗談を……。

悔しいですが、私の腕では差し違えてでも討ち取れぬでしょう。

純粋に[プレイヤー名]の武を称えているのです。

ヒエン :

ふむ、確かに称えるべきであろうな!

わしにとっても、奴は父の仇であった……。

まこと、よくぞ討ち果たしてくれた。

ヒエン :

そして、ハクロウたち人狼族を救ってくれたことにも、感謝せねばならん。

アルフィノにも、あとで礼をいっておくとしよう。

ハクロウ :

……まさか、ギラバニアの地でヒエン様と再会できるとは、どうやらお主には、人を結ぶ縁の力があるらしい。

感謝するぞ、誇り高き武人よ。

ユウギリ :

まったく、驚くべきことだな。

貴殿とともに戦えたこと、我が誇りとしよう。

その未来に幸あらんことを!

 

そのほかの人たちのセリフ。

メルウィブ :

よくやってくれた、[プレイヤー名]。

エオルゼア同盟の一翼を担う国の代表として、その活躍に、心より感謝させてもらおう。

エインザル :

はぁ、はぁ、はぁ……いやはや、久方ぶりに本気で暴れたら、息が上がってしまってな……。

歳は取りたくないものだ、まったく……。

カヌ・エ・センナ :

ご無事で何よりです。

犠牲を伴う戦いでしたが、多くの想いが、こうしてアラミゴの解放を実現させたのですね……。

白蛇の守人 :

これがエオルゼアの底力……!

この勝利は、すべての属州にとっての希望だ!

 

リセと話す

リセ :

……みんなへの挨拶は終わった?

だったらさ、ちょっと付き合ってくれない?

リセ :

仲間たちといっしょに、ラールガーズリーチに行きたいんだ。

この長い戦いが始まった場所で、伝えたいことがあるから……。

 

ラールガーズリーチのリセと話す

リセ :

[プレイヤー名]、あなたがいなかったら、今日この日は迎えられなかったと思う。

ここまで、いっしょに歩んでくれてありがとう。

リセ :

いろいろあったけど、本当にありがとね。

何度、お礼を言っても足りないくらいだけどさ……。

リセ :

そうだ、「暁」のみんなといっしょに、聞いてもらいたいことがあるんだ。

だから、ちょっと待ってて?

リセ :

みんな、集まってくれて、ありがと。

リセ :

……ありがとなんて言葉だけじゃ、言い尽くせないくらい、心の底から感謝してるんだ。

リセ :

でも、みんなが感謝されたいからって、必死に戦ってくれたわけじゃないことも知ってる。

だから、アラミゴをしっかり支えることで応えさせてほしいんだ。

リセ :

コンラッドの跡を継いで、解放軍の先頭に立った以上、こんなアタシにも、これからのアラミゴに責任があるしね……。

リセ :

でも……そう思ったときに気付いちゃったんだ。

アタシはもう中立じゃいられないんだって……。

リセ :

だから、ケジメを付けるべきだって考えたんだ。

アラミゴのために働く以上、中立の「暁」にはいられない……。

わがままだって、わかってるけど、それがアタシの決意なんだ。

ヤ・シュトラ :

怪我の痛みも残る状態で来てみれば、そんな話とはね……。

今まで、散々かけられてきた迷惑のおかえしは、どうしてくれるのかしら?

リセ :

うぐっ……そ、それは……。

ヤ・シュトラ :

ふふ……冗談よ。

しっかりやりなさい。

ヤ・シュトラ :

でも、これだけは忘れないで……。

「暁」を抜けたとしても、あなたは私たちの仲間よ。

それはずっと変わらない。

ヤ・シュトラ :

そうよね?

ヤ・シュトラ :

そういうことだから、困ったことがあったら、絶対に遠慮なんかしないで、すぐに私たちを呼びなさい。

きっと、約束よ。

リセ :

シュトラ……みんな……ずるいよ、もう……泣けてきちゃうじゃないのさ……。

????:

む、外れてしまったか。

まったく、糧を得るのも楽ではござらんなぁ……。

????:

ここがあの世かとも思ったが、どうやら拙者、生きておる。

その証拠に、腹がすく……。

????:

やっと悟った死場まで、気合で乗り越えんでもよかろうに。

天はまだ、拙者に成すべきことがあるとでも申すか?

ゴウセツ :

まっこと、ままならぬ!

しかも、よりにもよって、こやつも一緒とは…………。

シド :

現地の住民の証言によると、この大穴が開いたのは、神龍とオメガが戦った際……。

シド :

神龍は皇太子ゼノスによって捕獲されたが、オメガは以後も行方知れずのまま。

そして、大穴からは巨大なエネルギー反応があるときた。

シド :

オメガ再起動の一端を担った身として、調査を請け負ったが……今回も、楽な案件じゃなさそうだ。

ジェシー :

……とかなんとか言って、会長はいつも社の仕事を後回し。

あげくこうして社員を駆り出すものだから、我が社は今期もピンチ確定ですよ?

シド :

い、いや……それはだな……この調査が、社員たちに良い刺激を与える可能性も……。

ジェシー :

手に余る技術だったら、すぐ封印しちゃうくせに?

わかってますよ、来期の業績を上げたかったら、一刻も早く、この調査を完了させるしかないってこと!

ジェシー :

……というわけで、会長代理の権限で、超ハイスペックな大型新人、採用しちゃいました♪

シド :

………………は?

????:

おいおい……はじめる前から、ハードルをあげてくれンなよ。

まあ、どうやっても期待以上だろうがよぉ!

シド :

ま、待て待て!

お前、何してるんだ…………ネロッ!

ネロ :

本日づけで、配属になったぜ。

さあ、オメガの調査といこうか……ガーロンドォ……!

 

 

「紅蓮のリベレーター」は以上です。

 

↓前のクエスト

FF14セリフ集。パッチ4.0メインクエスト「????(メインクエスト最後のインスタンスダンジョン」 

 

記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。

Copyright (C) 2010 - 2017 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.