さんごーの節約&ダイエット日記。

楽しく節約とダイエット!をしながら日々の学んだ事をまとめていく個人ブログです。

FF14セリフ集。パッチ4.1「英雄の帰還」メインクエストその2「伝説を追って」

FF14のパッチ4.1「英雄の帰還」メインクエスト「伝説を追って」のセリフ集です。

アレンヴァルドから冒険の話を持ち掛けられました。

アレンヴァルド、アルフィノ、冒険者の3人で廃王テオドリックの隠し財宝を探す冒険に出発するようです。

 

↓前のクエスト

FF14セリフ集。パッチ4.1「英雄の帰還」メインクエストその1「新たなる冒険」

↓次のクエスト

FF14セリフ集。パッチ4.1「英雄の帰還」メインクエストその3「??????」

 

 

クエスト受注

 

f:id:thirtyfive:20171012114019p:plain

ラールガーズリーチのアルフィノは、考え込んでいる。

 

アレンヴァルド :

お宝が見つかれば万々歳。

たとえ見つからなかったとしても、息抜きの冒険と思えば、問題はないだろう?

 

アルフィノ :

ドマとアラミゴの解放が伝わったことで、帝国の各属州では、独立の気運が高まっているようでね。

属州のひとつ、ダルマスカでは大規模な反乱が起きたとも聞く。

アルフィノ :

そうとなれば、帝国も今すぐには動けまい。

確かに気分を変えて冒険するというなら、今が好機だろう。

だが、どこから手を付けるか、アテはあるのかい?

アレンヴァルド :

先行組の例を見る限り、ガムシャラに王宮を探しても、効果は薄いはずだ。

やっぱり、地道な聞き込みで情報を集めるしかないだろう。

アルフィノ :

つまり、アテはなしということか。

アレンヴァルド :

ハハハ、そうともいうな!

アルフィノ :

やれやれ、ではこうしよう。

私はこれからエオルゼア同盟軍の情報部門と接触し、彼らが押収した帝国軍の記録を洗ってみる。

アルフィノ :

仮に帝国軍が侵略直後に財宝を発見していれば、功績として記録を残すはずだからね。

アルフィノ :

その間、君たちふたりは、王政時代に、王宮で働いていた使用人や官吏たちを探してくれ。

アルフィノ :

20年前に成人していた、40代以上の人に話しかけ、廃王テオドリックによる王族殺しの生き証人を見つけ出すんだ。

そして、どんな些細な話でもいいから、情報を集めてもらいたい。

アルフィノ :

そうだな……アレンヴァルドは辺境地帯や山岳地帯の集落で、[プレイヤー名]は、アラミガン・クォーターで、それぞれ聞き込みをしてくれ。

アレンヴァルド :

へへっ、やっぱり、アルフィノを誘って正解だったぜ!

それじゃあ、情報収集が終わったらアラミガン・クォーターの門、「ギルバルド門」の辺りに集合ってことで……行動開始だ!

 

アラミガン・クォーターで情報を集める0/3

f:id:thirtyfive:20171012114424p:plain

ハイランダー族の中年男性 :

……王宮で働いていたことはあるかって?

いや、そんな経験はないね。

ハイランダー族の中年男性 :

何せ、当時の王様は、残虐なことで知られていたからな。

聖なる礼拝台って場所で、よく公開処刑が行われたものさ。

自分に逆らった連中を、台のテッペンから突き落とすんだよ。

ハイランダー族の中年男性 :

そんな恐ろしい王様が暮らす王宮で、働きたいだなんて、思うわけがないだろう?

 

f:id:thirtyfive:20171012114542p:plain

ローエンガルデ族の中年女性 :

あらあら、オバちゃんの昔話が聞きたいのかい?

帝国軍が来る前は、テオドリックって名前の王様が、アラミゴを治めていたんだけどねぇ……。

ローエンガルデ族の中年女性 :

でも、肝心の王様を見る機会と言えば、公開処刑のために出てくるときくらいのもの……。

それも、最後の方は、姿を現さなくなったっけ。

ローエンガルデ族の中年女性 :

噂じゃ、暗殺を怖れて王宮から出るのを止めたんだとか。

一度、私も使用人として、王宮で働かないかと誘われたんだけど、もちろん怖くなって、引き受けなかったわ。

 

f:id:thirtyfive:20171012114804p:plain

ローエンガルデ族の中年男性 :

……王政時代に、王宮に出入りしていた者を探している、と。

なら、俺に声をかけたのは正解だったな。

若い頃、俺は衛兵として、王宮の警備を担当していたんだ。

ローエンガルデ族の中年男性 :

正直言って、生きた心地はしなかったよ。

毎晩のように、王宮の中からは、恐ろしい叫声が響くんだからな。

といっても中で何が行われていたのか、俺は知らんぞ。

ローエンガルデ族の中年男性 :

衛兵として、門の前で立ち続けていただけだからな。

王宮内での出来事を知りたいのなら、この先に住む、元書記官の「エルノルド」さんを尋ねるこった。

 

エルノルドと話す

f:id:thirtyfive:20171012114932p:plain

エルノルド :

確かに、ワシがエルノルドじゃが……何用かな?

エルノルド :

ふむん、テオドリック王の時代、王宮で何が起きていたのか、知りたいと……。

確かに今は未来を考えるため、過去を思い起こすときやもしれん。

エルノルド :

よかろう、少しばかり昔話をするとしよう。

王位を狙われていると思い込んだテオドリック王が、王族の処刑を繰り返したことは、お前も聞いておるだろう?

エルノルド :

じゃが、しばらくして王は、公開処刑よりも、さらにむごたらしい処刑の仕方を思いついてな……。

エルノルド :

お抱えの宮廷呪術士に命じて、捕らえた王族たちに呪いをかけ、怪物のような姿へと変えてしまったのじゃ!

そして、変異を遂げた者たちを地下に落として……。

エルノルド :

嗚呼、思い出すだけでも恐ろしい!

あのような凶事が、二度と起こらぬようにするためにも、やはり、王政に戻してはならぬ……ワシは、そう思うのじゃよ。

 

アレンヴァルドに報告

アレンヴァルド :

さて、さっそくだが、集めてきた情報を共有しようぜ。

アルフィノ :

では、私から……。

帝国軍の記録を洗ってみたが、「廃王の黄金」に繋がるような、財宝の類いが発見されたという記録は見当たらなかった。

アルフィノ :

もちろん、正式な記録を残さなかっただけかもしれないが、帝国軍による略奪の可能性は、低まったと考えていいだろう。

アルフィノ :

それで、[プレイヤー名]の方はどうだった?

アルフィノ :

テオドリックがお抱えの宮廷呪術士に命じて、王族を怪物に変異させ、地下に落としていただって!?

アレンヴァルド :

そういえば、俺がアラギリで話した爺さんも、王宮の地下に、罪人を収容するための監獄があったと言ってたな。

でも、怪物の話なんて聞かなかったぞ?

アルフィノ :

帝国軍の記録にも、王宮内に怪物がいたとは記されていなかったが……。

アレンヴァルド :

[プレイヤー名]が聞き込みをした、エルノルドって人が、ホラ話をしたってことか?

 

何と答える?

  • 嘘だとは思えない
  • 嘘かもしれない

 

「嘘だとは思えない」を選びます。

 

アレンヴァルド :

……証言者の怯えようからすると、嘘だとは思えないって?

だが、この情報は、参考になりそうにもないぞ……。

アルフィノ :

いや、待ってくれ……。

「廃王の黄金」の在処が、わかったかもしれないぞ。

だが、その仮説を語る前に確認したいことがある。

アルフィノ :

アレンヴァルド、君はなぜ「廃王の黄金」を欲しているんだ?

この冒険に挑む本当の理由を、教えてくれ。

アレンヴァルド :

……興味本位の質問ってワケじゃなさそうだな。

アレンヴァルド :

俺の父親は、帝国軍に所属していたガレアン人だ。

アラミゴ人の母にとって、望まぬ子だったと言えば、細かい事情までは話さなくてもわかるだろ?

アレンヴァルド :

そして、成長するにつれ、ガレアン族の特徴である、第三の眼の徴候が出てきた俺を見て、母はナイフを手にした……。

俺の顔の戦化粧は、その時の傷を隠すためのものでもあるのさ。

アレンヴァルド :

結局、母に棄てられた俺は、アラミゴ市街地の裏通りで、孤児として育った。

物乞い、盗み、そして強盗……生きるためには何でもしたよ……。

アレンヴァルド :

だが、そんな生活に嫌気が差して、故郷を出たんだ。

亡命希望者の一団に紛れて長城を越え、冒険者になって……流れ流れて「暁」に身を寄せることになった。

アレンヴァルド :

ともかく俺は、誰よりも、貧しさが人を変えちまうってことを知ってるつもりだ。

アレンヴァルド :

飯のために、罪のない人を襲うなんて、情けなく恐ろしい行為に手を染めた俺だからこそ……貧しい同胞のために、財宝を手に入れたいんだよ!

アルフィノ :

話しにくいことを聞かせてくれて、ありがとう。

おかげで君の想いが、よくわかったよ。

アルフィノ :

ならば、[プレイヤー名]、我々もアレンヴァルドの熱い想いに応えようじゃないか。

報酬はスリルと冒険……見つけた財宝は義援金にするんだ!

アルフィノ :

これで決まりだな!

では、教えよう……「廃王の黄金」の在処をね!

 

 

「伝説を追って」は以上です。

 

↓前のクエスト

FF14セリフ集。パッチ4.1「英雄の帰還」メインクエストその1「新たなる冒険」

↓次のクエスト

FF14セリフ集。パッチ4.1「英雄の帰還」メインクエストその3「??????」

 

記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。

Copyright (C) 2010 - 2017 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.