さんごーの節約&ダイエット日記。

楽しく節約とダイエット!をしながら日々の学んだ事をまとめていく個人ブログです。

FF14セリフ集。パッチ4.1「英雄の帰還」メインクエストその5「超越者の影」

FF14のパッチ4.1「英雄の帰還」メインクエスト「超越者の影」のセリフ集です。

捕虜となったフォルドラの扱いをめぐって騒ぎが起きましたが、ラウバーンの言葉でひとまず場が収まりました。

フォルドラもこの後どうなっていくのやら…

 

↓前のクエスト

FF14セリフ集。パッチ4.1「英雄の帰還」メインクエストその4「復讐と正義」

↓次のクエスト

FF14セリフ集。パッチ4.1「英雄の帰還」メインクエストその6「ナナモの決意」

 

:contents]

 

クエスト受注

f:id:thirtyfive:20171014164148p:plain

アラミガン・クォーターのリセは、考え込んでいる。

 

アレンヴァルド :

すまない、感情的になりすぎちまった。

ただ、同じアラミゴで生まれた同世代のひとりとして、他人事とは思えなかったんだ。

アルフィノ :

過去に起こった出来事を垣間見ることができる力……。

便利なものだと、軽く考えすぎていた気がするよ。

 

リセ :

何か答えが出たわけではないけど、フォルドラと話したことは、無駄じゃなかったと思う。

少なくとも、彼女自身が考える切っ掛けになったはずだから。

アレンヴァルド :

そうだな……。

だけど、俺としては新しい疑問が生まれちまった。

アレンヴァルド :

過去視ってのは、そう何度も起こるわけじゃないんだ。

ところが彼女の苦しみようからは、どうもかなり頻繁に、他者の過去を視ているように感じられた……。

アルフィノ :

ふむ……。

漠然と超越者とは、人工的な「超える力」保持者だと考えていたが、何か違いでもあるのだろうか?

リセ :

なら、ラウバーンに話を聞きにいかない?

不滅隊が「超越技術研究所」を調査しているんだ。

何かわかったことがあるかもしれない。

リセ :

例の施設は、ここから北の方にあるから、入口を警備している「研究所の衛兵」に声をかけてみよう。

 

研究所の衛兵と話す

研究所の衛兵 :

ラウバーン殿でしたら、建物内で調査を指揮しておられます。

「超越技術研究所」に入りますか?

 

ラウバーンと話す

f:id:thirtyfive:20171014165318p:plain

 

リセ :

さあ、ラウバーンに話を聞こう。

アレンヴァルド :

なんとも不気味な場所だな……。

アルフィノ :

ここに来ると、クルルさんが受けた仕打ちを思い起こして、フツフツと怒りが湧いてくるよ……。

ガーロンド社の技術者 :

同盟軍からの依頼で、魔導装置の解析をしています。

不滅隊の調査員 :

なんて数なんだ……。

この袋は……。

f:id:thirtyfive:20171014165548p:plain

 

f:id:thirtyfive:20171014165616p:plain

ラウバーン :

どうした、フォルドラとの面会は終わったのか?

リセ :

ええ、相変わらずの様子だったけれど、どうも彼女が、頻繁に過去視を経験しているようなの。

それで超越者について、新しい情報が見つかってないかって……。

ラウバーン :

まだ資料やデータを集めている段階に過ぎん。

よければ、貴様たちも協力してくれると助かるのだが……。

 

超越技術研究所で情報を集める

f:id:thirtyfive:20171014165740p:plain

クルルが拘束されていた魔道装置がある。

周囲のポッドには、「供給個体」と記されているが、

このポッドだけ「基準個体」というプレートが掲げられている。

 

ガーロンド社の技術者 :

いつも、シド会長がお世話になっております。

同盟軍からの依頼で、魔導装置の解析をしているのですが、貴方も気になりますか、そのプレートに書かれた言葉が……。

ガーロンド社の技術者 :

周囲にある同型のポッドには、すべてエーテルを吸収する機能が付いていました。

ところが、そのポッドだけは例外なんですよ。

ガーロンド社の技術者 :

代わりに、ポッドの内側にはエーテル波形を調べるための、センサーらしき装置が、異様な密度で実装されていました。

いったい、何のためなんでしょうね?

 

f:id:thirtyfive:20171014165944p:plain

不滅隊の調査員 :

見てください、この袋の数々を……。

これはすべて実験の犠牲者たちです。

どうやら彼らは「供給個体」と呼ばれていたようですね。

不滅隊の調査員 :

共通しているのは、目立った外傷がほとんどなく、ただエーテルを奪い尽くされて、衰弱死している点……。

まったく、正気の沙汰とは思えませんよ。

 

ラウバーンに報告

ラウバーン :

皆、ご苦労だった。

さっそくだが、判明した情報を共有してくれ。

アルフィノ :

……今回の調査で判明した情報と、クルルさんやサンクレッドの証言を照らし合わせると、フォルドラが受けた処置について、概要が見えてきそうだ……。

アルフィノ :

ポッドに納めた「供給個体」と呼ばれた人々から、魔導装置を介して強制的に魔力、すなわちエーテルを吸い上げ、ひとりの強化対象者に注ぎ込む……。

アルフィノ :

その際に「基準個体」……つまり、クルルさんのエーテル波形を調べて摸倣することで、強化対象者を調整していったようだ。

リセ :

それって、クルルが持っている魔法的な力……「超える力」をマネしようとしたってこと?

アルフィノ :

おそらくね……。

意志を感じ取る力が強いクルルさんを摸倣したがゆえに、フォルドラもまた、他者の意志や記憶に敏感なのかもしれない。

リセ :

捕虜のフォルドラが会うのは、見張り役の闘士たちくらいのもの……。

髑髏連隊に肉親や仲間を殺された人も多いはずだよね。

リセ :

そんな人たちの意志を感じて、過去を見続けているのだとしたら……。

アレンヴァルド :

過去視ってのはさ、他人の人生の一部を追体験するようなものなんだ。

大きな影響を受けることも少なくない。

アルフィノ :

かつてイゼルは、聖竜の過去を視ることで、その後の生き方を一変させた……。

アルフィノ :

きっとフォルドラは今、自分たちが危害を加えてきた者たちと接することで、知りたくもなかった人生を知り、罪悪感に苦しんでいるのだろう。

リセ :

処刑を望んだのも、やっぱり……。

ラウバーン :

だが、その心の苦しみは、フォルドラ自身が向き合うべきものだろう。

目下、我らが心配せねばならんことは、ほかにある。

ラウバーン :

超越技術研究所のデータが、帝国本国に送られていた場合、大量の超越者が造られ、敵として現れる可能性があるということ。

ラウバーン :

対策を立てるためにも、超越者の調査は続行せねばならん。

非情なようだが、フォルドラは貴重なサンプルだ。

ますます簡単には殺せんぞ。

リセ :

そうだね……。

ラウバーン :

迷うなリセよ、描く理想があるのなら、誰よりも己がそれを信じ、真摯に人々に語りかけるのだ。

対話こそが人心を変える最良の方法であり、近道はないのだから。

リセ :

…………そうだね。

ありがとう、ラウバーン。

リセ :

それじゃ、みんな、後の詳しい調査は不滅隊に任せて、外に出ようか。

 

リセと話す

アルフィノ :

エーテルを強制的に吸い上げられれば、おそらくかなり高い確率で、対象者は命を失うだろう。

フォルドラの強化のため、いったい何人が犠牲になったんだ……。

アレンヴァルド :

俺たちは、偶然に「超える力」を手に入れた。

その意味を、考えさせられるよ。

 

リセ :

超越者について聞きにきたのに、いつの間にか、ラウバーンに背中を叩かれちゃった。

理想を信じて対話を重ねる、か……。

アルフィノ :

ラウバーン局長は、踏んできた場数が違う。

円熟した指導者と比べて、自分を卑下する必要はないよ、リセ。

リセ :

でもさ、フォルドラの処刑を求める人たちを、落ち着かせて解散させたのも、ラウバーンだったでしょ?

やっぱり、頼りになると思うし、自分の未熟さを痛感するよ。

アレンヴァルド :

そういえば、ラウバーン局長は、アラミゴの情勢が落ち着いたらどうするつもりなんだ?

不滅隊の局長ではあるが、彼はアラミゴ出身だろう?

アルフィノ :

確かに、気になるところではあるな。

ウルダハに戻るのか、アラミゴに帰るのか……。

多くの亡命アラミゴ人が迫られている選択でもある。

ピピン :

[プレイヤー名]、ここにいたか!

ピピン :

支援物資を受け取るため、一時的にウルダハに帰国していたのだが、その際、ナナモ女王陛下から、君への伝言を頼まれてね。

ピピン :

折り入って相談したいことがあるそうだ。

近衛騎士バーソロミューに言えば、取り次いでくれる。

ウルダハを訪れることがあれば、ぜひ立ち寄っていただきたい。

ピピン :

確かに伝えたぞ。

それでは、失礼するよ。

アルフィノ :

これは良い機会じゃないか!

どんな相談事かはわからないが、ラウバーン局長の去就について、聞くことができるかもしれないぞ?

リセ :

まぁまぁ、確かに気にはなるけど、無理にナナモ様から聞きだそうとは、しなくていいからね。

 

 

「超越者の影」は以上です。

 

↓前のクエスト

FF14セリフ集。パッチ4.1「英雄の帰還」メインクエストその4「復讐と正義」

↓次のクエスト

FF14セリフ集。パッチ4.1「英雄の帰還」メインクエストその6「ナナモの決意」

 

記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。

Copyright (C) 2010 - 2017 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.