さんごーの節約&ダイエット日記。

楽しく節約とダイエット!をしながら日々の学んだ事をまとめていく個人ブログです。

FF14セリフ集。2017年守護天節(1)「守護天節と一匹狼」

FF14のシーズナルイベント、2017年の「守護天節」の記録です。

 

 

2017年守護天節概要

イベント概要は下記のページから。クエストの受注場所と、クエスト報酬に関する情報が掲載されています。

守護天節 2017 | FINAL FANTASY XIV, The Lodestone

 

イメージイラストはこちら。

https://img.finalfantasyxiv.com/lds/h/E/uktQibcsiOMl41xkqOzr72bYLw.jpg

 

狼コスチュームがもらえるようです!これは嬉しい。

 

f:id:thirtyfive:20171021104002p:plain

 

クエスト受注

グリダニアのミィ・ケット野外音楽堂の近くにいる「冒険者ギルドの調査員」に話しかけてクエストを受注します。

f:id:thirtyfive:20171021104147p:plain

 

f:id:thirtyfive:20171021104230p:plain

グリダニアの冒険者ギルドの調査員は、冒険者に相談したいことがあるようだ。

 

冒険者ギルドの調査員 :

あなたは、以前ご協力いただいた……!

今回も、とても困ったことが起きているんですが、相談に乗っていただけますか?

冒険者ギルドの調査員 :

実は……ドマからやってきた「人狼族」が、エオルゼアの人と仲良くなることを目的に、「コンチネンタル・サーカス」へ入団したいと言っているのです!

冒険者ギルドの調査員 :

確かに、あのサーカスは「守護天節」を盛り上げるため、エオルゼア三都市で出し物を行い、人を楽しませています。

……ですが、入団を勧められるような一座ではありません。

冒険者ギルドの調査員 :

それというのも……彼らは「人」ではないのです!

魔物が跋扈する恐怖の現象、「魔人の夜」を再現するため、人の姿に化けている魔物たちなのですよ。

冒険者ギルドの調査員 :

とはいえ、大きな悪さをするわけでもないので、事を荒立てないよう、陰から監視するだけに留めているのです。

冒険者ギルドの調査員 :

もちろん、件の人狼族にも、この事実は伝えたのですが、冗談と思われたのか、信じてもらえませんでした。

このままでは、遠方からの客人が魔物の仲間になってしまいます!

冒険者ギルドの調査員 :

……そうだ、サーカスは人手不足で、体験入団者を募集しているとか。

あなたも彼に同行して、本入団を決める前に、森都の民と仲良くなれるよう、手伝っていただけませんか!

冒険者ギルドの調査員 :

彼も、民と仲良くなれれば、入団のことは考えなくなるでしょう。

件の人狼族「ソウガ」は、口笛粉屋の前で待たせていますので、協力していただけるようでしたら、話してきてもらえますか?

 

ソウガと話す

f:id:thirtyfive:20171021104652p:plain

ソウガ :

アンタ……オレの姿が、怖くねぇのか?

 

何と答える?

  • 獣人は見慣れている
  • 実は怖い

「獣人は見慣れている」を選びます。

 

ソウガ :

獣人を見慣れてんなんて、珍しいヒトもいるんだな!

アンタと話すことができて、すごく嬉しいぜ。

こっちに来てから、ヒトには怯えられてばかりだったから……。

ソウガ :

ドマが解放されて自由になったもんで、旅をしに来たが、エオルゼアのヒトは、人狼族に慣れてねぇらしいな……。

それで、オレになんの用だ?

ソウガ :

アンタも一緒に、サーカスに入団してくれるって!

妙な冒険者に引きとめられて、ここで待てと言われてたが、ほかの入団希望者を紹介するってことだったんだな!

ソウガ :

オレは見ての通り、狼のような姿をしてっだろ?

そのせいで、ヒトを怖がらせちまうんだが、あのサーカスは、怖がらせることで、ヒトを楽しませてんだ!

ソウガ :

だから、サーカスに入れば、オレも役に立てて、エオルゼアのヒトとも仲良くなれっかと思ってさ。

どうしても入団したかったから、よかったぜ。

ソウガ :

それに……アンタも一緒に入団するってことは、オレにとって、「仲間」だって思っていいんだよな?

ソウガ :

ありがとう……!

こっちに来て、やっと新しい友達ができたぜ!

ソウガ :

アンタの名前は……[プレイヤー名]か!

それじゃあ、さっそく「ダンチョー」さんのとこへ行こうぜ!

ミィ・ケット野外音楽堂にいるらしいからよ!

 

ダンチョーと話す

f:id:thirtyfive:20171021105147p:plain

ソウガ :

ここに来る前に、入団希望の手紙を送ってたんだ。

[プレイヤー名]のことも軽く話しておいたから、「ダンチョー」さんに挨拶してくれ!

 

ダンチョー :

あなたが、入団したいという冒険者ですか……。

以前、見たことがある気がしますが……記憶違いだと思うことにしましょう。

ダンチョー :

わがサーカスは「フシギな舞踏会」の準備に忙しく、猫の手、狼の手も借りたい状態なのです。

手伝ってくれるのならば、誰でも歓迎しますヨ!

ソウガ :

それじゃあ、サーカスに入団させてくれんだな!

オレは何をしたらいいんだ!?

ダンチョー :

まあまあ、まずは体験入団、お手伝いからですヨ。

何人かのヒトを驚かせて、少しでも恐怖の力を集め……いえ、楽しませることが任務です。

ダンチョー :

しかし、人狼クンはいいですが……あなたは、そのままの姿では驚かれにくいですネ。

ダンチョー :

ですが、こういうときのために、わがサーカスでは、ウルフの仮装衣装を用意してあるのです!

これを一式、あなたにあげましょう!

 

「守護天節と一匹狼」は以上です。

クエストコンプリートで狼の衣装一式がもらえます。

 

今回は以上です。

またよろしくお願いいたします。