さんごーの節約&ダイエット日記。

楽しく節約とダイエット!をしながら日々の学んだ事をまとめていく個人ブログです。

FF14セリフ集。パッチ4.1「英雄の帰還」メインクエストその11「????」

FF14のパッチ4.1「英雄の帰還」メインクエスト「????」のセリフ集です。

ソルトリーの塩を使った事業を進めるために、ワットに報告しにいきました。

塩湖のモンスターも討伐し、準備は順調のようですが…

 

↓前のクエスト

FF14セリフ集。パッチ4.1「英雄の帰還」メインクエストその10「波瀾の徴候」

 

 

クエスト受注

f:id:thirtyfive:20171110102440p:plain

ホワイトアイル陸橋のラウバーンは、代表者会議の波瀾を案じているようだ。

 

アレンヴァルド :

ここでカリヤナ派の出席を拒んだら、代表者会議という名は、ただの飾りになっちまう。

暫定政権としては、受け入れるしか選択肢がないよな。

 

ラウバーン :

ところで、[プレイヤー名]よ、カリヤナの族長のことだが、信用できると思うか?

 

何と答える?

  • テンパードは信用できない
  • テンパードでも和解はできる

「テンパードは信用できない」を選びます。

 

ラウバーン :

やはり、そう思うか……。

一度、虜となった者は、蛮神の忠実なる僕と化す……。

美神ラクシュミの影響が抜けたとは、到底、思えんからな。

ラウバーン :

ともかく、ここは油断せず、警備を強化するしかあるまい。

だが、相手が蛮神がらみとなると、吾輩たちだけでは……すまぬが「暁」に協力を要請したいのだが?

アレンヴァルド :

それじゃ、俺が賢人たちに事情を伝えて、「アラミガン・クォーター」に集まってもらうようにするよ。

[プレイヤー名]は、先に向かって待っていてくれ。

ラウバーン :

ありがたい。

では後ほど、代表者会議の議場となる王宮で会おう。

 

指定地点で待機

アレンヴァルド :

待たせたな、[プレイヤー名]。

アルフィノ :

事情は、アレンヴァルドから聞かせてもらったよ。

急遽、ヤ・シュトラとサンクレッドにも集まってもらった。

ヤ・シュトラ :

問題ないわ。

私たちにも協力させてちょうだい。

サンクレッド :

カリヤナ派といったか……。

アリゼーの報告書では、彼女らはアナンタ族の中でも、内向的な一派で、人との接触を嫌っているとあったが……。

アルフィノ :

私も驚いているよ。

まさか、呼びかけに応じて、代表者を派遣してくるとはね。

招集したリセたちアラミゴ暫定政権としても、予想外の展開だろう。

アレンヴァルド :

それで、俺たちはどう動く……?

ヤ・シュトラ :

代表者会議の議場は、アラミゴ王宮……。

その内側と外側の両方を、分担して警備する必要がありそうね。

サンクレッド :

それなら、俺とヤ・シュトラで外側を受け持とう。

[プレイヤー名]とアルフィノ、アレンヴァルドは、王宮内の警備を担当してくれ。

アルフィノ :

わかった。

ラウバーン局長と合流させてもらうよ。

アレンヴァルド :

[プレイヤー名]、ここ市街地の東側に、王宮の裏門に通じる階段があるから、そこに向かおう。

警備の「アラミゴ解放軍の衛兵」に伝えれば、通してくれるはずさ。

 

アラミゴ解放軍の衛兵と話す

f:id:thirtyfive:20171110103232p:plain

アルフィノ :

カリヤナ派との和解が進めば、エオルゼアの蛮神問題解決に向けて、大きな一歩となる。

何事もなければ良いのだが……。

アレンヴァルド :

アラミゴ王宮に向かうには、この階段を登るのが近道さ。

「アラミゴ解放軍の衛兵」に声をかけて、通してもらおうぜ。

ヤ・シュトラ :

ちょうど、アリゼーの経過を診るために、ラールガーズリーチを訪れていたの。

くれぐれも気を付けてというのが、彼女からの伝言よ。

サンクレッド :

アラミゴの王宮周辺は、クルル捜索の過程で訪れているからな。

少しばかり、地理には詳しいつもりだ。

 

リセ :

みんな、集まってくれて、ありがとう。

リセ :

アタシは、リセ・ヘクスト。

アラミゴ解放軍の代表をさせてもらっているわ。

リセ :

今日、この場には、各集落の長、国外に避難していた人たちの使者……リセ :

それに、アナンタ族やキキルン族……ギラバニアに生きる、すべての同胞の代表者たちが集っている。

これからのアラミゴの在り方を、決めるためにね。

リセ :

ところで、この大広間に入って、みんなは最初に何を見た?

リセ :

アタシは、あれを見たわ……。

リセ :

今、あの玉座には、帝国が送り込んできた総督も、アラミゴが生み出した暴君の姿もない。

リセ :

この中で、あの玉座に座りたい者は?

リセ :

また、誰かを座らせたいと望む者は?

リセ :

なら、皆ここに座りましょう、車座になって。

アタシたちは皆、対等な隣人であり、そして友人なのだから。

アルフィノ :

リセは覚悟を決めたようだね。

王政という選択肢を早々に除外させて、共和制や首長制への道を示してみせた。

アルフィノ :

予想以上に、話し合いはスムーズに進みそうだね。

ラガンフリッド :

……アラガーナの村長としての意見は以上だ。

リセ :

ありがとう。

次はカリヤナの族長、シャンティさんの番ね。

共和制への移行を求める意見が多いけれど、どうかな……?

族長シャンティ :

シュー……我らアナンタ族は、ヒトの子らを含めて、ギラバニアに生きるすべての者に対して求める。

族長シャンティ :

美神ラクシュミの信仰を……!

族長シャンティ :

美神ラクシュミよ、我らの元へ来たりませ!

リセ :

……どうして、クリスタルは持ち込ませなかったのに!

アルフィノ :

詮索は後だ!

皆、この場から避難するんだ、早く!

テンパードにされるぞ!

アレンヴァルド :

お、俺たちで盾になるぞッ!

ラウバーン :

斬るッ!

ラウバーン :

警備の者を、先んじてテンパードに変えていたか!

ラウバーン :

だがッ!

リセ :

させないっ!

ラウバーン :

是が非でも、代表者たちを、ラクシュミの虜としたいらしいな……。

リセ :

あの人がアレンヴァルドとふたりで、盾になってくれてるけど……!

ラウバーン :

これだけの人数を守りながらでは、思うように戦えまい……。

リセ :

ラウバーン……お願いがあるの。

ここで代表者たちを守っていて……!

すぐに援軍を連れてくるから!

ラウバーン :

ええい、任せるのみか……!

ラウバーン :

我が呪剣の炎、容易く突破できると思わぬことだ!

 

アレンヴァルドと話す

f:id:thirtyfive:20171110104316p:plain

 

ラウバーン :

こちらは吾輩が支える!

貴様は蛮神の相手をッ!

アレンヴァルド :

代表者たちを、テンパードにさせるわけには……!

だけど、あれだけの人たちを守りながら、蛮神と戦えるのか……!?

アレンヴァルド :

く、くそぉ……弱気になるな、俺ッ!

こっちには、[プレイヤー名]もいてくれるんだ!

やってやる……やってやるぞッ!

アレンヴァルド :

じ、準備、いいよな!?

 

このバトル中、コンテンツアクション「デフレク」が使用できます。

「デフレク」を利用することで、ラクシュミが放つ、

「エーテルスフィア」を破壊できます。

なお、「エーテルスフィア」が代表者たちに命中し、

テンパード化してしまった場合、バトルは失敗となります。

 

ラクシュミ :

ギラバニアに生きるヒトの頭目たちよ……。

我が愛と輝きで魂を満たし、我が信徒となれ……!

アレンヴァルド :

代表者たちを、テンパードにするつもりか!

[プレイヤー名]、俺たちでみんなを護るぞ!

アルフィノ :

クッ……こんなにも敵が入り込んでいるなんて……!

ラウバーン :

狼狽えるな!

背後は我らが英雄に任せ、正面の敵に集中するのだ!

ラクシュミ :

なぜ……なぜ、我が輝きを拒む……。

夢に生きれば、苦しみから解き放たれるというのに……。

アレンヴァルド :

俺たちは、苦しみの果てにアラミゴを解放したんだ!

ようやく掴んだ自由を、手放すものかよッ!

ラクシュミ :

無駄な抵抗を……さあ、受け入れよ、我が浄化の輝き……!

アレンヴァルド :

あ、諦めてたまるものかよ……!

ラクシュミ :

浄化の輝きを見よ!

アレンヴァルド :

な、なんて数だよ……!

このままじゃ、護りきることなんて……!

アレンヴァルド :

クッ……このままじゃ……!

アレンヴァルド :

ア、アンタは……!

フォルドラ・ルプス :

手伝ってやるから、始末するぞ……この化け物をな。

ラクシュミ :

あくまでも、我が輝きを拒むと……?

ならば、まずは抵抗せし者たちを、死へと誘おうぞ……!

フォルドラ・ルプス :

クソが……貴様が、私の過ちの結果だというのなら、誰のためでもなく、私のために消し去ってやるッ!

ラウバーン :

今だ、一気に蹴散らすぞ!!

吾輩が道を拓くッ!!

ラクシュミ :

逃がすものか……ヒトの頭目たちよ、我が信徒となれ!

アレンヴァルド :

ラクシュミを押さえ込むぞ……!

みんなは今のうちに退避を……!

アルフィノ :

みんな、今のうちに退避を……!

……リセ!?

リセ :

アタシも、残るッ!

今こそ、踏みとどまって戦う時なんだッ!

ラウバーン :

そうだな、リセよ!

ここは我らが故郷、命を賭けずして何とする……アルフィノ殿!

アルフィノ :

リセ、ラウバーン局長……!?

わかりました、避難誘導は引き受けます……ご武運を!

フォルドラ・ルプス :

集まれ……防御するッ!

フォルドラ・ルプス :

リセと言ったな……足手まといだ、去れ!

お前に蛮神と戦う力はないのだろうが……!

リセ :

蛮神相手に三人だけじゃ、手数が足りないでしょ!?

それに命を賭けるべき時があること、私は教わっているから!

ラクシュミ :

ええい、煩わしい者たちめ……今一度、我が輝きを受けるがいい!

アレンヴァルド :

か、身体が……動かないッ!

リセたちを、テンパードにするつもりか!?

ラウバーン :

恩に着るぞ、[プレイヤー名]!

この借りは、我が剣で返すッ!!

ラクシュミ :

おのれ……あくまでも抗い続けるというのか……!

ラクシュミ :

その魂を刈り取ろうぞ……!!

フォルドラ・ルプス :

大きいのが来るぞッ……!

私の周囲に集まれッ!

アレンヴァルド :

フォルドラ、恩に着る……!

だが、大丈夫なのか?

フォルドラ・ルプス :

はぁ……はぁ……はぁ……愚問だ、私のことに構うな……!

リセ :

なんて圧力なの……でも、みんなで息を合わせれば……!

ラクシュミ :

こうまでして、我が輝きを拒むと……!?

リセ :

よし、あと一息で……押し切るよッ!

ラクシュミ :

すべての……力を……輝きに変えてッ!!

フォルドラ・ルプス :

蛮神の力が暴走している……!?

護りは任せろ、だから、お前たちで……!

フォルドラ・ルプス :

い、いつまでも持ちはしないぞ……!

フォルドラ・ルプス :

グハッ……はぁ、はぁ、はぁ……げ、限界が近い……!

リセ :

フォルドラ、耐えて……この一撃で終わらせるッ!

うおおおおおおおっ!

アレンヴァルド :

や、やったか……!

フォルドラ・ルプス :

……いったい、なんのつもりだ……。

リセ :

繰り返さないから、よく聞いて。

リセ :

ついさっき、アナンタ族が王宮内で蛮神を召喚した。

それで、あの人たちが、たったふたりで戦っている。

みんなを守るために……。

リセ :

フォルドラ、あなたには蛮神と戦う力がある。

そして、悔しいけれど、その力がアタシにはない……。

リセ :

前に時間だけはあるって言ったけど、ごめん、もうその時間はなくなった。

リセ :

今すぐ決めてちょうだい。

その剣で、ゼノスのように自ら命を絶つのか、あるいはアラミゴの人たちを守るために戦うのかを……!

ラガンフリッド :

お、お前は……「髑髏の処刑人」……!

フォルドラ・ルプス :

仕事は終わった……。

牢に戻る。

ラガンフリッド :

私は……。

ラガンフリッド :

私は、お前たち髑髏連隊を許さない。

許せるわけもない……。

ラガンフリッド :

だが!

ラガンフリッド :

蛮神と戦い、我らが解放者を助けてくれたこと、それだけは礼を言わせてもらう……。

 

リセと話す

アレンヴァルド :

無我夢中で、どうやって生き残ったのか、いまひとつ覚えていないくらいだよ……。

ラウバーン :

貴様がいてくれなければ、吾輩も、あやうく蛮神の虜となっていたところだ。

感謝するぞ……。

アルフィノ :

リセは、かつての敵に助力を乞い、共闘することを選んだ。

それが彼女なりの、理想への一歩ということだろう。

ヤ・シュトラ :

私がもう少し早く、テンパードと化した闘士を、見破ることができていれば……。

サンクレッド :

王宮の外にも、かなりの数のテンパードが潜伏していてな。

どうにか排除できたが、駆けつけるのが遅くなった。

……すまない。

 

リセ :

ありがとう、[プレイヤー名]、アレンヴァルド。

おかげで、代表者たちは全員無事だったわ。

ラウバーン :

吾輩からも礼を言わせてくれ。

我らだけでは、蛮神ラクシュミに魅了されていただろう。

この勝利は、貴様たちの存在あってこそのものだ。

ラウバーン :

それにしても、予め警備の兵をテンパード化していたとは……。

リセ :

蛮神の恐ろしさを知っていたはずなのに、召喚を許すなんて、警備を担っていたアタシの責任は重いわ……本当に、ごめんなさい。

ラウバーン :

それを言うなら、吾輩も同罪だ。

この教訓を、今後の警備体制に活かすしかあるまい。

ラウバーン :

クリスタルを議場に運び込んだのはもちろん、アナンタ族の護衛たちに、武器の携帯を許すよう進言した者も、テンパードであった可能性が高い。

ヤ・シュトラ :

私なら、対象者のエーテルを念入りに視れば、テンパード化しているかどうか、見極められると思う。

兵たちの検査をするつもりなら、協力させてちょうだい。

リセ :

お願いするわ、ヤ・シュトラ。

アレンヴァルド :

しっかし、あのフォルドラが助太刀してくれるとはね。

助かったけど、いったいどうやったんだ?

リセ :

彼女のことは、アタシが呼びに行ったの……。

アレンヴァルド :

そんなことが……。

リセ :

ラガンフリッドさんが言っていたように、彼女がしてきた事は、被害者からすれば許せるものじゃない。

リセ :

フォルドラだって、許されたかったから、剣を取って、蛮神と戦ったわけじゃないと思う……。

それでも彼女は、同胞のために戦ってくれた。

リセ :

帝国人として育てられたフォルドラたちを追い込んだのが、時代と環境のせいだって言うのなら、アタシにもアラミゴ人として、その環境を作った責任がある……。

リセ :

今、アラミゴで起こりつつある復讐の連鎖を止めないと、また新しい髑髏連隊を作ってしまうことに、なるかもしれない。

リセ :

だから、どんなに青臭い理想論と言われようとも、このアラミゴから、隣人同士の対立をなくしたいんだ。

そのために、対話を重ねていくつもり。

アルフィノ :

理想へ至る道は遠くとも、踏み出さねば近づけはしない。

難しい問題だが、微力ながら、私も協力させてもらうよ。

リセ :

ありがとう。

まずは、そのためにも代表者会議を成功させないとね。

みんな動揺してるけど、会議を続けたいって言ってくれているし。

ラウバーン :

そうだな……。

では、これよりの会議の護衛は我らに任せ、[プレイヤー名]たちは、休んでいてくれ。

ラウバーン :

先客は誰かと思ったが、貴様だったか……。

ラウバーン :

代表者会議は、さきほど終わったよ。

イシュガルドの庶民院という先例に倣う形で、民衆に選ばれた代表者による議会を発足させることに決まった。

ラウバーン :

これでアラミゴにおける吾輩の役目も終わる。

ゆえにギラバニアの星々を、最後に見ておこうと思ってな。

ラウバーン :

どうした、何か忘れでも……ラウバーン :

ナナモ様、なぜこのような場所に……!

ナナモ・ウル・ナモ :

ラウバーンよ、今日この日を以て、不滅隊局長、および砂蠍衆としての任を解く!

ラウバーン :

な、なんですと……!

ナナモ・ウル・ナモ :

ラウバーン、わらわはもう大丈夫じゃ……。

ナナモ・ウル・ナモ :

だから……だから、そなたはひとりのアラミゴ人として、生まれ故郷に帰り、同胞たちのために働くのじゃ!

ラウバーン :

……また……またもすべてを、おひとりでお決めになるおつもりかッ!

ナナモ・ウル・ナモ :

ひとりで決めることの愚かしさなど、とうに悟っておるわ!

ゆえに、もっとも信頼できる者に相談し、熟考を重ねて決めたのじゃ!

ラウバーン :

もっとも信頼できる者ですと!

吾輩は、信頼に値せぬということですか!

ナナモ・ウル・ナモ :

そうじゃっ!

己の心の奥底に秘めた本心を、語ってくれぬそなたを、どうして、最も信頼できる者と胸を張って言えよう!

ナナモ・ウル・ナモ :

アラミゴの情勢が落ち着いたら、ウルダハに戻ると、そう語る、そなたの目に迷いがあること……わらわが見抜けぬとでも思ったのか、みくびるなっ!

ナナモ・ウル・ナモ :

わらわが、どれほどそなたを頼りにし、どれほど信頼してきたのか、わかっておらぬのは、ラウバーン、そなたの方じゃ!

ラウバーン :

……しかし、吾輩はあの時、誓ったではありませんか。

ナナモ様、貴女の剣となると……。

ナナモ・ウル・ナモ :

わらわは、そなたから新たな剣をもらっておるわ。

呪剣ティソーナを継いだ、ピピンという剣をな……。

ナナモ・ウル・ナモ :

わらわは、その剣を……そして、ロロリトら共和派の重鎮たちをも、使いこなす女王となってみせる、だから……!

ナナモ・ウル・ナモ :

ラウバーン……アラミゴへ帰るのじゃ!

ここが、そなたの故郷なのだから!

ラウバーン :

ナナモ様…………。

ナナモ・ウル・ナモ :

ラウバーンよ、笑え。

わらわは、笑顔で送り出したいのじゃ。

ラウバーン :

ありがたき、お言葉……これまで……貴女という女王に仕えることができて光栄でした……。

ナナモ・ウル・ナモ :

明日より、そなたはウルダハの剣ではない。

アラミゴの剣であり、より多くを守るエオルゼアの剣じゃ。

よいな、ラウバーン!

ラウバーン :

はい……ナナモ様…………。

 

リセと話す

アルフィノ :

アレンヴァルドは、フォルドラと同世代だ。

望まずガレアン族の血を引いて生まれたアラミゴ人に、望んでもガレアン族になれなかったアラミゴ人……。

アルフィノ :

似ているところもあれば、正反対のところもある。

それだけに、気になる存在なのだろうね。

アレンヴァルド :

あれから、捕虜収容所に立ち寄って、フォルドラと面会してきたんだ。

一応、助けられた者として、礼がしたかったからな。

アレンヴァルド :

とはいえ、ロクに口を利いてもらえなかったよ。

お前と話すことなどない、だとさ。

 

リセ :

ラクシュミから、みんなを守ってくれて、ありがとうね、ふたりとも……。

おかげで無事に代表者会議を終えることができたよ。

アレンヴァルド :

よしてくれよ。

俺は、食らい付いていくのに必死だっただけさ。

アレンヴァルド :

お前が、光の戦士と呼ばれる理由がわかったよ……。

すごかったぜ、本当にさ。

アルフィノ :

そういえば、王宮でナナモ陛下に会ったんだ。

アラミゴ難民の帰国支援計画の最終的な確認で、

ギラバニアにいらしたそうでね。

アルフィノ :

ラウバーン局長を探していたものだから、空中庭園に案内したんだが……。

ナナモ・ウル・ナモ :

なんじゃ、わらわの噂話か?

アルフィノ :

ナナモ様!?

い、いえ、そのようなことでは……。

ナナモ・ウル・ナモ :

くるしゅうない。

冗談じゃ、冗談……。

ナナモ・ウル・ナモ :

それよりも、ラウバーンよ。

ほれ、言うべきことがあろう?

ラウバーン :

昨日付で吾輩は、不滅隊局長と砂蠍衆の任を、解かれることになった……。

ピピン :

義父上の職務は、私が代行として引き継ぐ。

背負った呪剣が、さらに重みを増した気がするがね。

ラウバーン :

有り体に言えば、吾輩は職無しということだ。

アラミゴに、雇われ兵の職でもあれば、紹介願いたいのだが……。

ピピン :

幾分、歳がいっておりますが、世に名高い千勝の剣闘士ともなれば、受け入れ先も見つかりましょう。

ナナモ・ウル・ナモ :

あの「アラミゴの猛牛」が無職とは……これは傑作じゃ!

ラウバーン :

ナナモ様は、本当にお人が悪くなられた……。

ピピンもピピンだ、笑い事ではないのだぞ!?

リセ :

ラウバーン、帰ってくるのね?

ラウバーン :

ああ、どうやらウルダハに帰る家はなさそうなのでな。

よかったら、吾輩も国造りに参加させてくれぬか?

リセ :

おかえりなさい、ラウバーン。

アルフィノ :

いやはや、驚きの展開だが……その様子だと、君はこれを知っていたんだね?

アルフィノ :

やれやれ、今回は見事に出し抜かれてしまったな。

アルフィノ :

しかし、アラミゴにとっては、素晴らしい朗報じゃないか。

 

リセと再度話す

f:id:thirtyfive:20171110112723p:plain

アレンヴァルド :

リセには、誰より心強い助っ人になるはずだ。

百戦錬磨の猛将が仲間に加わったんだからな。

アルフィノ :

そうか、ラウバーン局長……いや、もう局長ではないか。

とにかく、彼が故郷に帰還するのは、喜ばしいことだろう。

リセにとっても、アラミゴの民にとってもね。

ピピン :

他国はもちろん、ウルダハ国内の共和派に対しても、義父上の帰還を隙と取られぬよう、努力するつもりだ。

背負った呪剣に恥じぬ男になってみせるさ。

ナナモ :

[プレイヤー名]よ、もはや多くは語るまい。

ただ、そなたには格別の感謝を……。

ラウバーン :

少しばかり遠回りしてしまったが、歩む道は決まった。

貴様にも、迷惑をかけてしまったな……。

 

ラールガーズリーチのリセと話す

本クエストのコンプリート後より、

この場に出現する「空中庭園の案内役」に話しかけることで、

「空中庭園」に入れるようになります。

 

リセ :

来てくれたのね、みんな。

アリゼー :

「廃王の黄金」に代表者会議の騒乱、それからラウバーンの帰還。

おおまかな事の次第は、アルフィノから聞いたけど、随分と目まぐるしい展開だったようね。

メ・ナーゴ :

私は、サンクレッドさんたちと王宮の外を警備していたんですが、蛮神が召喚されたと聞いて、パニックになりかけましたよ。

メ・ナーゴ :

[プレイヤー名]さんたちが、倒してくれたからよかったものの、カリヤナ派への対応は、今後とも注意が必要そうですね……。

リセ :

そうだね……。

今回の一件を受けて蛮神問題の難しさを、あらためて痛感したわ。

でも、誰かが先に矛を収めなければ、戦いは終わることがない。

リセ :

カリヤナ派への報復攻撃をすべきだって意見もあったけど、それをすれば、再度の蛮神召喚を招くだけだと思うんだ。

アルフィノ :

力で押さえつけるのが逆効果であることは、帝国のやり方で証明されている、ということか……。

リセ :

それに蛮神を召喚したカリヤナ派の族長は、ラウバーンに斬られて、亡くなっているから……。

次の族長の動向を、見守る必要もあると思うんだ。

リセ :

もちろん、ウィルラ派やメ族のみんなの安全を守るため、アラミゴ解放軍として、できることは最大限にやらせてもらうわ。

アタシは、この拠点からカリヤナ派の監視と対話を続けるつもり。

メ・ナーゴ :

父や母も、それを聞けば安心してくれると思います。

でも、帝国軍の襲来に備えた解放軍全体の指揮はどうするんです?

リセ :

忘れたの、ナーゴ。

アタシなんかよりも、経験豊富な優れた指揮官が、アラミゴ解放軍に加わってくれたことを。

メ・ナーゴ :

ラウバーン閣下ですか!

リセ :

アラミゴ解放軍は、元々、小さな組織の集まり。

アタシがコンラッドから引き継いだのは、ラールガーズリーチを拠点としていた部隊の指揮権だけ。

リセ :

コンラッドが各組織のまとめ役を担ってくれていたから、緊急の対応として、アタシが代表を務めることになっただけよ。

リセ :

各部隊長たちにも相談するけど、新政権の下で軍を再編するなら、ラウバーンに総指揮官の職務を任せるのがいいと思うんだ。

その下で働くことで、アタシも学ばせてもらいたい。

アルフィノ :

確かに、不滅隊を導いてきた彼の指導力は本物だ。

アラミゴは、この上なく素晴らしい剣を手に入れたものだね。

アルフィノ :

そして、ナナモ様が主導するアラミゴ難民の帰国支援計画。

アラミゴの未来へ繋がる、希望が芽生え始めたことは、素直に喜ばしいことだと思う。

リセ :

うん。

だからこの希望の芽を大切にしないとね。

 

クガネーー

 

ゴウセツ :

島にあった一本松を斬り倒し、急ごしらえしたイカダでの海越え……。

ゴウセツ :

どうにか気合いで成し遂げてみたものの、銭がなければ、装いを正すこともできんとは……。

これだから、人情のない商人の街は気に入らぬのだ。

ヨツユ :

ねぇ、ここのお団子、美味しいよ!

おじいちゃんも食べる?

ゴウセツ :

ま、まさか…………また団子を買ったのか!?

刀を質に入れてまで用立てた金子なのだとあれほど……!

ゴウセツ :

ええい、これではまるで童(わらべ)ではないか……。

ゴウセツ :

どちらの悪運かはわからぬが、生き延びたからには、主君の沙汰を仰がねばなるまい!

ゴウセツ :

ゆくぞ、ツユよ。

次は紅玉海を渡る船を探すでござる!

 

一方、ガレマール帝国・帝都魔導城ーー

 

帝国軍の千人隊長 :

聞いたか、ドマに続き、アラミゴも陥落したそうだ。

あの戦の天才、ゼノス殿下が斃れようとは、誰が予想し得ただろう?

帝国軍の幕僚 :

騙されるな、殿下は負傷されながらも帝都に帰還されたと聞く。

エオルゼアの蛮族どもは、ゼノス殿下を討ち取ったなどと、声高に叫んでいるらしいがな。

帝国軍の千人隊長 :

なんとっ!

やはり誤報であったか!

帝国軍の幕僚 :

しかし、帝都の将校までもが、流言に惑わされているとは嘆かわしい……。

帝国軍の幕僚 :

おかげで各地の属州でも、反乱の気運が高まっているというが、やはり、正しい情報の公表こそが重要なのだ。

さっそく進言せねばなるまい。

帝国軍の千人隊長 :

流言を用いるとは、忌々しい蛮族どもめ……。

やれるものなら、ゼノス殿下のご遺体を示してみせればいいのだ。

そんなこと、できようはずもないがな……!

 

「????」は以上です。

 

↓前のクエスト

FF14セリフ集。パッチ4.1「英雄の帰還」メインクエストその10「波瀾の徴候」

 

記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。

Copyright (C) 2010 - 2017 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.