さんごー日記。

映画や本やゲームの感想をゆるく記録したり、プログラミングの勉強をゆるく記録するゆるい日記です。

FF14セリフ集。パッチ5.1「漆黒のヴィランズ」メインクエスト1「生命力の揺らぎ」

ファイナルファンタジーXIV コンプリートパック|ダウンロード版

ファイナルファンタジーXIV コンプリートパック|ダウンロード版

 

 

FF14のパッチ5.1「漆黒のヴィランズ」メインクエスト1「生命力の揺らぎ」のセリフ集です。

 

↓前のクエスト

FF14セリフ集。パッチ5.0「漆黒のヴィランズ」メインクエスト104「漆黒のヴィランズ」

 

 

クエスト受注

 

f:id:thirtyfive:20191103162233p:plain

リオル :

帝国属州での諜報戦を展開しているんだが……。

アルフィノやサンクレッドの存在の大きさを、 実感させられることも多くてな。

リオル :

彼らには、早いところ、 戻ってきてほしいもんだぜ……。

イジルドール :

おお、[プレイヤー名]殿!

異世界のことなど、わしには想像もつかんが、無事に帰ってきてくれたようで、何よりじゃよ……。

アリアヌ :

無事で何よりだわ。

アレンヴァルドたちが頑張ってくれたおかげで、既知の蛮神への対応も、しっかりできていたわよ。

エフェミ :

おかえり、[プレイヤー名]!

賢人たちの肉体だが、今の所は異常なしだよ。

向こうにいる「魂」の方は元気だったかい?

 

タタル :

[プレイヤー名]さん、いいところに、お越しくださいまっした!

あれから少しは身体を休めることはできまっしたか?

何と言う?

  • バッチリ休めた!
  • ほかの冒険で忙しくて……

「バッチリ休めた!」

 

タタル :

おお、それは何よりでっす!

タタル :

一方、私の方はと言えば、日常業務を続けつつ、「助っ人」と連絡を取ろうと試みているのでっすが……今のところ、なしのつぶてでっす。

タタル :

ただ、エオルゼア同盟軍から報告をもらうことはできまっした。

ギムリトの前線においても、帝国の動きは見られないと……。

ひとまずは、静観といったところでしょうか。

タタル :

ですので、静かなうちに例の約束……第一世界から帰ってきたときにお願いしていた、あちらでの冒険について、詳しく聞かせてくださいまっせんか?

タタル :

ありがとうございまっす!

そうだ、せっかくでっすから、ロウェナ記念会館のテラスでお話しするでっす!

タタル :

そこにいるはずの「フ・ラミン」さんも、とくにミンフィリアさんのこと、知りたがってまっしたから……一緒にお話を聞かせていただくでっす!

 

レヴナンツトールのフ・ラミンと話す

フ・ラミン :

あら、もしかして……例の、第一世界での冒険について話をしてくれるの?

フ・ラミン :

忙しいのに、私のためにありがとう……。

タタルさんが来たら、ぜひお話を聞かせて。

フ・ラミン :

護りたい……救いたいと、あの子が願った世界、そこでの、長い長い冒険のお話を……。

タタル :

ミンフィリアさんが遺した、希望の灯火は、そのリーンという子に託されたのでっすね……。

フ・ラミン :

リーン……過酷な運命を背負って生まれながら、それでもなお、ミンフィリアの想いを継いで歩んでくれた子……。

フ・ラミン :

きっと、あの子も嬉しかったと思う。

だからこそ……安心して、力を託すことができたんだわ。

フ・ラミン :

私がリーンに会うことは、とても叶わないでしょうから、あなたから伝えてあげて……

f:id:thirtyfive:20191103165943p:plain

フ・ラミン :

ただ一言、「ありがとう」と……。

フ・ラミン :

もちろん、あなたにも感謝を……。

ミンフィリアがどんな想いを伝え、どんな希望を遺したのか、あなたから、直接聞かせてもらえてよかったわ。

????:

お、ちょうど、話も終わったところか?

邪魔しちゃ悪いとも思ったんだが…………タタル :

リオルさん!

わざわざいらしたということは、連絡をお願いしていた「助っ人」の件でなにか……?

リオル :

ああ、いっこうに通信が繋がらないんで、さすがに不安になってきてな……。

リオル :

そこで、こちらから帝国属州に潜入して、距離的に近い場所から、通信を試みようと思うんだ。

サンクレッドがいない今、潜入任務は俺の役目だろう?

タタル :

で、でもでも、危険ではないでっすか?

リオル :

なぁに、隠れて進むぶんには、やりようはあるさ。

それにここ最近は、不気味なくらい帝国軍に動きがない。

今なら、ギムリト経由での潜入も容易だろう。

リオル :

ただ座して待つより己にできることを、ってな。

なんとか朗報を持ち帰れるよう、試してみるさ。

リオル :

……おっと、忘れるところだった。

クルル嬢が訪ねてきて、お前さんたちを探していたぜ。

リオル :

賢人たちについて、相談したいことがあるとか……。

いま石の家で、彼らの診察中だ。

話が終わったんなら、戻ってやんな。

タタル :

相談って何なんでっすかね……?

ともかく、「石の家」に戻るでっす!

 

 

石の家のタタルと話す

タタル :

クルルさんはまだ診察中のようでっす。

ここは焦らず、診察が終わるのを待ちまっしょう!

クルル :

あら、来てくれていたのね。

タタル :

それで……みなさんの様子はどうでっすか?

クルル :

相変わらず、昏睡状態が続いているわ。

まるで眠っているように、体に異常は見られない……クルル :

と、言いたいところなのだけれど、実は変化の兆しが見られるのよ。

タタル :

変化……でっすか?

タタル :

ハッ……?

もしかして、相談したかったことって……!

クルル :

ええ、そうよ。

クルル :

微かにだけれど……みんなの肉体に残るエーテル、つまり、魂以外の生命力とでも言い換えればいいかしら。

そこに揺らぎが見られるの。

クルル :

今すぐに、どうにかなるというほどの変化ではないけれど、その揺らぎに個人差があるのが気になるのよ。

クルル :

いちばん、揺らぎが大きいのはサンクレッドさん。

次いで、ヤ・シュトラとウリエンジェさん……。

一方、アルフィノくんとアリゼーには、ほとんど変化はなし。

タタル :

それって……倒れた順でっすよね!

クルル :

そのとおりよ。

つまり、魂が分離してから時間が経過している人ほど、生命力の揺らぎが大きくなっているってことね。

クルル :

これは推論に過ぎないけれど、魂と肉体の結びつきが、弱まりつつあるのかもしれないわ。

タタル :

たたたたた、大変でっす!

その結びつきが完全に断たれてしまったら、どうなるでっすか!

クルル :

こんな症状はじめてだから、確かなことは何も言えないわ。

でも、決していい結果になるとは思えない。

クルル :

先程も言ったけれど、まだ揺らぎはとても小さいわ。

それに、私もマトーヤ様と連携して、肉体を保つための努力はしてみるつもり。

クルル :

だから、その間……あなたには彼らの魂を帰還させる方法を探してほしいの。

何と言う?

  • 任せておけ!
  • もう慣れている

「任せておけ!」

 

クルル :

ありがとう、頼りにさせてもらうわ。

タタル :

でもでも、探すと言ってもどうやって!

これまでも専門家さんたちに力を借りて調べてきたのに、まだ何も……手がかりすらつかめていないんでっすよ?

クルル :

確か……あなたの報告によれば、水晶公は、召喚者である自らの死を以て、賢人たちの魂を原初世界に返すつもりだったのよね?

クルル :

シャーレアンにいたころのラハくんを知る身としては、その決断に思うところもあるけれど……。

クルル :

何にせよ、幸いにして彼の命は救われ、結果的に、賢人たちも第一世界に留まることになった。

クルル :

そうなるとやっぱり、魂の帰還を実現するには、召喚術の要となっている、水晶公の協力が不可欠よ。

クルル :

だから、この肉体の変化に関する情報を携えて、もう一度、第一世界に渡り、水晶公たちと協議してもらいたいの。

クルル :

もちろん、原初世界側からのフォローは徹底させてもらうわ。

だから……よろしくね!

 

星見の間の水晶公と話す

水晶公 :

やあ、原初世界での報告は無事に……水晶公 :

……いや。

その顔を見るに、何か深刻な事態があったのか。

詳しく聞いても……?

水晶公 :

なっ、賢人たちの肉体に変化が……!?

水晶公 :

まさか、彼らの肉体にそんな危険が迫っているとは。

クルルがあちらで、かのマトーヤ様の助けを借りて、対処に動いてくれているというのは心強いが……。

水晶公 :

私の方といえば、過去の研究成果を洗い直していた。

最初にサンクレッドを喚び出してからしばらくは、原初世界への帰還方法を、最優先で探していたのでね。

水晶公 :

そもそも、私の召喚術の原理は……いや、ここは状況報告も兼ねて、皆を招集して話した方がいいか。

急いで、使いを出そう……。

ウリエンジェ :

失礼……遅くなりました……。

ヤ・シュトラ :

あら、サンクレッドとリーンも、一緒だったのではなくて?

ウリエンジェ :

彼らは「無の大地」に関する調査に注力したいと……。

急ぎ、手が必要なときには呼ぶよう、言付かっております。

水晶公 :

確かに、彼らが担う調査も重大事だ。

今は、ここに集った者で問題を検討しよう。

水晶公 :

さて、皆にはすでに概要を伝えてあるが……あなたが原初世界で聞いたことを、改めて報告してもらっても?

アルフィノ :

生命力に揺らぎ、か……。

ヤ・シュトラ :

魂であるこちらの私たちには、今のところ、異常は視られないわね……。

ヤ・シュトラ :

さりとて、この状態を維持し続けられる確証もない……いずれにせよ、帰還方法を真剣に探すべきでしょうね。

水晶公 :

あなたにも、私の用いた召喚術について、一度、きちんと説明しておこう。

水晶公 :

……そもそも、私は優秀な魔法使いなどではなくてね。

大がかりな術を扱うときには、この塔の機能と、そこに蓄えられたエネルギーを用いているのだ。

水晶公 :

皆や、あなたを喚んだ術も、例外ではない。

遠い未来で確立され、私を第一世界へと送った機能……それを四苦八苦しながら転用した。

水晶公 :

乱暴な言い方をしてしまえば、世界の壁に、対象者だけが通れる穴をあけて、この塔のもとへと引っ張ってくる、といったものなのだが……。

水晶公 :

あなた以外の皆は、想定外の召喚だったため、その穴が完璧には開けられなかった……という具合だ。

水晶公 :

……私はもう、どんな役目を背負っていても、生きることを投げ出さない。

水晶公 :

あの海の底まで救いにきてくれた、あなたに誓って……今回の件だって、何が何でも解決法を探してみせる。

f:id:thirtyfive:20191103165859p:plain

水晶公 :

だが……もしそれが間に合わず、皆の身に危機が迫るようなことがあれば……当初の方法を選ぶことも、ためらわないでくれ。

水晶公 :

いでっ!?

水晶公 :

いきなり、何を……!

アリゼー :

「もし」の話でも、気に食わなかっただけよ。

それで生き延びたって、あの人が悲しい顔するなら、最低最悪のやり方だわ!

ヤ・シュトラ :

ほうぼうから愛されて大変ね、英雄さん?

ヤ・シュトラ :

さ、そろそろ議論に戻りましょうか。

ヤ・シュトラ :

まず検討すべきは、私たちのような不完全な転移の事例ではないと思うの。

完全な成功例が、この場にいるんだから……。

ヤ・シュトラ :

ここで注目すべきは、魂と肉体の転移のみならず、装備や持ち物を含む物質を伴い、次元の狭間を超えている点よ。

ヤ・シュトラ :

テレポに代表される転移魔法では、自己の延長線上に物質を置くことで転移を実現しているの。

その際、鍵となるのが「これは自分の物である」という認識よ。

アルフィノ :

なるほど。

つまり私たちの魂を、彼が「自分の物」だと認識すれば、原初世界に持ち帰ることができる、と?

アリゼー :

それで済むなら話がはやいわね。

アリゼー :

でも、そんな簡単に他人を物だなんて思える?

少しでも疑念を抱いた瞬間、次元の狭間に放り出される……なんてことだったら、さすがに危険すぎよ。

ウリエンジェ :

アリゼー様の懸念は、ごもっともでしょう。

ウリエンジェ :

ですが、魂を何らかの物質に収めてしまえば話は別……我らが魔女は、そう言いたいのではありませんか?

ウリエンジェ :

ならば、「白聖石」が役立つはず……。

あの魔器は、元々、アシエンの魂を捕らえるため創られた物。

より魂の質量が小さい我々であれば、収められて当然です。

ウリエンジェ :

「白聖石」に収められた魂を、安全に維持する方法、そして肉体に移し替える方法。

このふたつを確立できれば、原初世界への帰還も叶いましょう。

水晶公 :

魂の維持と、移し替えか……。

であれば、私からも提案できることがありそうだ。

水晶公 :

レイクランドの「始まりの湖」、その対岸に、かつてエルフたちが築いた宮殿があってね。

水晶公 :

「光の氾濫」の折、放棄されたようなのだが、そんな場所を根城とする風変わりなン・モゥの隠者がいるんだ。

水晶公 :

かつてフッブート王国の王宮にも出入りしていた魔道士で、特に「魂」に関する研究で知られていたと聞く。

ここは隠者殿に、知恵を借りてみてはどうだろう?

アリゼー :

もちろん、反対する気はないけれど……そんなに名高い魔道士が、廃墟で隠れて暮らしてるなんて、よほどの事情がありそうじゃない?

水晶公 :

おそらく、そのとおりだ。

私も数十年前に、罪喰いの対策に関して協力を仰ごうと、接触を試みたことがあったのだが……

水晶公 :

使い魔をけしかけられて、まともに交渉すらできなかったよ。

どうやら、相当な人嫌いらしい……。

水晶公 :

だが、気難しいイル・メグの妖精たちとも、縁を結んだあなた方であれば、あるいはと思ってね。

水晶公 :

場合によっては、荒事になるだろうが……ここはひとつ、隠者殿を訪ねてみようじゃないか。

もちろん、あなた方さえよければ、だがね。

 

 

 

記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。

Copyright (C) 2010 - 2017 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.