さんごー日記。

映画や本やゲームの感想をゆるく記録したり、プログラミングの勉強をゆるく記録するゆるい日記です。

FF14セリフ集。パッチ5.1「漆黒のヴィランズ」メインクエスト2「宮殿に住まいし隠者」

ファイナルファンタジーXIV コンプリートパック|ダウンロード版

ファイナルファンタジーXIV コンプリートパック|ダウンロード版

 

 

FF14のパッチ5.1「漆黒のヴィランズ」メインクエスト2「宮殿に住まいし隠者」のセリフ集です。

 

↓前のクエスト

FF14セリフ集。パッチ5.1「漆黒のヴィランズ」メインクエスト1「生命力の揺らぎ」

 

 

クエスト受注

f:id:thirtyfive:20191104121646p:plain

ヤ・シュトラ :

人里離れて暮らす、風変わりな魔道士……。

洞窟でホウキと隠居生活をしている誰かさんを思い出すわね。

あの人ほど、毒舌じゃないといいのだけれど。

ウリエンジェ :

フッブート王国は、精強なる騎士の国であると同時に、魔法の研究にも力を入れていたと、記録されています……。

ウリエンジェ :

そのような国で名を成した魔道士ともなれば、かなりの知恵者でありましょう。

アルフィノ :

ン・モゥ族といえば「対価の収集家」……。

人との取引を望みこそすれ、接触すら拒むとは考えにくい。

いったい、どんな事情があるのだろう?

アリゼー :

水晶公ったら、今度また後ろ向きな発言なんてしたら、この細剣で、小突き回してやるんだから!

……だいたい、ひとりで背負い込みすぎなのよ。

水晶公 :

隠者殿が棲まう宮殿、その名も「グラン・コスモス」。

その所在は、始まりの湖の対岸……衛兵団に小舟を用意させよう。

ウリエンジェ :

なれば、私には別行動の許可を……。

皆の魂を収めるに足る白聖石を生成するには、それなりに、準備が必要となりますので。

水晶公 :

では、白聖石については、ウリエンジェに任せよう。

それ以外の者は、レイクランドの「サレン郷」へ。

戦いの準備も忘れずにね。

 

サレン郷の水晶公と話す

ウリエンジェ :

白聖石の生成は私に任せ、どうぞ「サレン郷」へ。

サンクレッドやリーンには、私から状況を伝えておくといたしましょう。

アリゼー :

戦いの準備を……ってことは、水晶公は、穏便に済まない場合も想定しているってことよね。

ヤ・シュトラ :

対岸といっても、ここからは宮殿は見えないのね。

アルフィノ :

衛兵団には手間をかけたが、舟を用意してもらってよかったよ。

この湖を縦断するような遠泳は、まだ難しいからね……。

水晶公 :

以前に、私が隠者殿に接触を試みた際には、宮殿に立ち入るやいなや、使い魔が攻撃を仕掛けてきた……。

ここは、それを承知で正面突破といこう。

アリゼー :

あら、ずいぶんと荒っぽい手段を取るのね。

自慢の使い魔を台無しにされたら、余計に怒って、話を聞いてもらえないんじゃない?

ヤ・シュトラ :

……いえ、私は、水晶公の作戦を推すわ。

ヤ・シュトラ :

己の魔力を注いだ「作品」であればこそ、その使い魔を上回る者が現れれば、興味を抱く。

それが、魔法の道を歩む者……魔道士という人種だもの。

水晶公 :

私も、そう思う。

それに、相手の性格や、隠遁の理由もわからない以上、対面できたとて、交渉は出たとこ勝負にならざるを得ないのだ。

水晶公 :

ならば、少しでも我々に興味を持ってもらえるよう、襲いくる使い魔を、徹底的に打ち倒してやろうじゃないか。

アリゼー :

そういうことなら、腕が鳴るというものだけど。

なんだか……。

アリゼー :

水晶公……あなた、ずいぶんと楽しそうね?

水晶公 :

そ、そうか?

久方ぶりの戦いを前に、高揚しているのかもしれないが……。

アルフィノ :

ふむ、アリゼーも[プレイヤー名]と共闘できるときは、気合の入り方が段違いだ。

水晶公も同じように、また彼と冒険できることが嬉しいのだね。

アリゼー :

なっ……私は、いつだって真剣に……!

水晶公 :

わっ、私も……!

 世界を脅かす敵との戦いではないのだから、多少は、心にゆとりがあるつもりではあったが……。

ヤ・シュトラ :

はいはい……いつまでも英雄さんを取り合わないの。

ここで時間を浪費するより、さっさと宮殿へ向かいましょう。

お望みの冒険が、たっぷり待ち構えているわよ?

水晶公 :

あ、ああ、そうだな……!

それでは、隠者殿の根城「グラン・コスモス」へ出発しよう!

 

水晶公 :

確かにこれも、冒険と言えば冒険か……。

ともかく、宮殿に突入してからの指示は任せよう。

あなたが望むなら、大抵の役割はこなしてみせるさ。

アルフィノ :

大きな戦いの後の、小さな冒険……ふと、以前に君やアレンヴァルドと共に探検した、スカラの水没遺構のことを思い出したよ。

ヤ・シュトラ :

使い魔といえど、腕の立つ魔道士が命を吹き込んだ存在なら、へたな魔物を凌ぐ力を有していてもおかしくない。

じっくり観察したいけど……その余裕はないかしらね。

アリゼー :

ほ、ほら、お喋りはおしまい!

さっさと宮殿に向かうわよ。

使い魔だろうが何だろうが、みんな蹴散らしてやるわ!

 

「魔法宮殿 グラン・コスモス」を攻略

宮殿の隠者 :

去れ……!

命惜しくば、ただちに立ち去るがいい……!

水晶公 :

前回の訪問と同じ展開になりそうだ…

ヤ・シュトラ :

障害は排除するのみよ!

宮殿の隠者 :

出合え……宮殿の守り手たち……!

宮殿の隠者 :

動き出せ、不在の騎士よ……!

宮殿の隠者 :

ホウキたちよ、掃除だけは続けるようにな……!

ヤ・シュトラ :

なんだかデジャヴュを感じるわ…

宮殿の隠者 :

冷たき鉄に、仮初の魂を吹き込もう……!

宮殿の隠者 :

動き出せ、気高き騎士甲冑よ……!

宮殿の隠者 :

力づくというのは不本意ではあるが……仕方あるまい……。

水晶公 :

やれやれ、荒っぽい交渉が始まりそうだ…

アリゼー :

そういうの得意だから任せてちょうだい

宮殿の隠者 :

さあ、ホウキたち……掃除の時間だ……!

マジックブルーム :

汚れを発見、サッサカサー!

宮殿の隠者 :

なかなか、やりおるが……次の一手はどうかな?

マジックブルーム :

またまた汚れて、サッサカサー!

宮殿の隠者 :

やはり、久々の運動は身体に堪えるの……。

ここは一旦、退かせてもらおう。

水晶公 :

まだ先方には手札があるらしい…

アリゼー :

あっちがその気ならやってやるだけよ…!

宮殿の隠者 :

こうなったら、庭園で迎え撃たねば……。

水晶公 :

エルフ文化が誇る迷宮庭園だ…

ヤ・シュトラ :

通路が魔法学的な配置になっているわね

宮殿の隠者 :

我が使い魔よ、無作法な連中の相手を……!

宮殿の隠者 :

木々よ、立ち上がれ……!

宮殿の隠者 :

美しき花たち、庭園を守るのだ……!

宮殿の隠者 :

ええい、しつこい連中だ……!

宮殿の隠者 :

リャナンシーよ……!

この者らを排除するのだ……!

ヤ・シュトラ :

擬態型移動性植物を使い魔にしているのね?

リャナンシー :

あらあら、この庭園に客人だなんて、いったい、いつぶりかしら……?

リャナンシー :

可愛らしい小さな命……私の歌で育ちなさい♪

リャナンシー :

働き者の下僕たち……私の子らを守りなさい!

リャナンシー :

嗚呼……なんてこと……庭園の花が散っていく……。

水晶公 :

このまま勝ち続ければ隠者殿の態度も変わるだろう

宮殿の隠者 :

なんと、手づからに魂を鍛え上げた、リャナンシーまで、倒されてしまうとは……!

宮殿の隠者 :

エルフの傑作美術も、こうすれば……!

宮殿の隠者 :

使い魔たち、晩餐の準備はいい……侵入者の迎撃だ……!

宮殿の隠者 :

晩餐の相手は、幻影たちだけで十分だというに……。

ヤ・シュトラ :

幻の同居人だなんて寂しがり屋なのね?

宮殿の隠者 :

絵に描かれし、勇猛なる騎士たちよ……!

宮殿の隠者 :

古のエルフ王と、その守護騎士たち……宮殿を侵す者たちが現れたぞ!

宮殿の隠者 :

偉大なるレイクランドの初代王よ……!

ふたたび目覚め、侵入者を斬り伏せるのだ……!

宮殿の隠者 :

どうせなら、この幻影たちにも、戦う力を与えておくべきだったか……?

水晶公 :

まるで在りし日の宮廷を切り取ったかのようだ…

水晶公 :

隠者殿の特製品か…ならば、これを倒して…!

ヤ・シュトラ :

ええ、是が非でも話を聞いてもらいましょう

宮殿の隠者 :

行け、ルゴス!

汚らわしい侵入者を、灰にしてしまうのだ!

宮殿の隠者 :

ルゴスが燃やすは必滅の炎……!

宿主を灰にするまで、決して消えることはない……!

 

 

宮殿の隠者 :

なんともはや、自慢の使い魔までもが倒されるとは……。

水晶公 :

宮殿に住まいし隠者……「ベーク=ラグ」殿とお見受けする。

水晶公 :

あなたにとって、我々は招かれざる客なのだろう。

少々、手荒な歓迎を受けたもので、無礼を承知ながら、全力で応じさせていただいた。

水晶公 :

だが、戦いは本意ではない。

私たちは、助力を「お願い」すべく訪ねてきたのだから。

 

f:id:thirtyfive:20191104135122p:plain

ベーク=ラグ :

……お願い……だと?

水晶公 :

そう、私の仲間たちの命を救うため、長年に亘り魂の研究をしてきた、あなたの知恵をお借りしたい。

その「お願い」に来たのだ。

ベーク=ラグ :

ぐぬぅ……「お願い」……な、なんとも抗いがたき甘美な響き……!

ベーク=ラグ :

その言葉を投げかけられたくないがゆえに、こうして人里離れた廃墟に移り住んだというに……!

ベーク=ラグ :

いいや、ダメだ、ダメだ……!

ワシはヒトの悪意に絶望し、生涯、お願いなど聞かぬと、心に誓ったのだッ……!

アルフィノ :

対価の収集家たるン・モゥ族が、取引を拒むからには、相応の理由がおありなのでしょう。

アルフィノ :

ですが、重ねて「お願い」させていただきたい。

私を含めて、幾人もの命が関わる事案なのです……。

どうか、話だけでも聞いてはいただけないでしょうか?

ベーク=ラグ :

話だけ……?

 本当に話を聞くだけ……?

それくらいなら……

ベーク=ラグ :

いいや、やっぱりダメだ、誓いを立てたのだ!

ベーク=ラグ :

よりにもよって、お前たちはワシの知恵を求めているのだろう?

かつてワシが裏切り者の宮廷魔道士に知恵を貸したばかりに、多くの犠牲が出たのだ……!

ベーク=ラグ :

お前たちは、あの恐ろしい事件を知らないから、安々と知恵を借りたいなどと言えるのだ!

 何と答える?

  • それでも「お願い」したい!
  • 決して知恵を悪用しないと誓う!
  • フッブート王国の魔物化事件のことか?

「それでも「お願い」したい!」

 

ベーク=ラグ :

し、辛抱たまらん……!

こう何度も「お願い」されては……どうにかなりそうだ!

ベーク=ラグ :

よ、よかろう……。

ベーク=ラグ :

いいか、ちょ~っと、話を聞くだけだぞ……?

相応の「対価」を必ず支払うのだぞ……?

水晶公 :

釣り合いの取れた対価を支払うと、約束しよう。

水晶公 :

それでは是非、私たちと共にクリスタリウムへ。

少々、込み入った事情となるが話を聞いていただきたい。

 

 

アルフィノと話す

アルフィノ :

やあ、おつかれさま!

ほかの皆は、ベーク=ラグ殿を連れて、一足先にクリスタリウムへと向かったよ。

アルフィノ :

それにしても、ン・モゥ族の性質について、ウリエンジェから学んでおいてよかった。

イル・メグの冒険では、妖精たちに翻弄されたからね……。

アルフィノ :

さあ、ベーク=ラグ殿から魂についての知恵を借りられるよう、交渉の続きといこう!

 

 

記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。

Copyright (C) 2010 - 2017 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.