さんごー日記。

映画や本やゲームの感想をゆるく記録したり、プログラミングの勉強をゆるく記録するゆるい日記です。

FF14セリフ集。パッチ5.1「漆黒のヴィランズ」メインクエスト4「大切なもの」

ファイナルファンタジーXIV コンプリートパック|ダウンロード版

ファイナルファンタジーXIV コンプリートパック|ダウンロード版

 

 

FF14のパッチ5.1「漆黒のヴィランズ」メインクエスト4「大切なもの」のセリフ集です。

 

↓前のクエスト

FF14セリフ集。パッチ5.1「漆黒のヴィランズ」メインクエスト3「ベーク=ラグの見立て」

 

 

クエスト受注

 

f:id:thirtyfive:20191104182822p:plain

ベーク=ラグ :

少し、昔話をしよう……。

かつてフッブート王国に仕えていたワシは、強化魔法の一種として、体内エーテルの活性化を研究しておった。

ベーク=ラグ :

先ほどの「生命力を活性化」する秘薬も、その産物よ。

まぁ、これを悪辣なる宮廷魔道士に悪用されたというのは、先ほど話したとおり……。

ベーク=ラグ :

……いかん。

何度も当時のことを思い出していたら、胸がズキズキしてきた。

王国に起きた未曾有の悲劇、その光景までが鮮明に……。

ベーク=ラグ :

あああ……騙された怒り、気づけなかった後悔……。

ううむ、急激に気分が落ち込んできたぞ……。

何と言う?

  • 過去ではなく未来に目を向けよう
  • 落ち着いて、本題に入ろう
  • 悪しき魔道士は、「光の戦士たち」が倒した

「過去ではなく未来に目を向けよう」

 

ベーク=ラグ :

おお、すまん、おぬしの言うとおりだ。

どうしても自分の研究内容を人に伝えようとすると、つらい記憶が蘇り、動悸が止まらなくなってな……。

ベーク=ラグ :

ともかく、ワシが言いたいのは、体内エーテルの活性化に関する研究成果の中には、「魂を活性化」する術も、含まれていたということだ。

アルフィノ :

では、その術なら、ハルリクたちも回復できると?

ベーク=ラグ :

世界が「光」に覆われていた頃なら、焼け石に水で、罪喰い化を止めることはできなんだろう。

だが、今ならば、回復の可能性は大いにある。

ベーク=ラグ :

とはいえ、少々特殊な魔法なのでな。

仲介役を用意し、そこに魔力を注ぎ込んで活性化魔法へと変換、効力増強をする必要がある……。

アリゼー :

具体的に何をすればいいか教えてちょうだい。

今は小難しい理論を聞くより、はやく実践をしたいの……!

アリゼー :

魔具や触媒が必要なら、何でも取ってくる。

特殊な作法があるなら、何でもやってみせるわ。

それで、彼らを救えるのなら……!

ベーク=ラグ :

ふむ、それは頼もしい……。

ベーク=ラグ :

ン・モゥの魔法の仲介役には、我々が丹精込めて創りあげる魔法生物……すなわち「ポークシー」が一番の適任である。

ベーク=ラグ :

これを創るには、良質な「水」と「粘土」。

それと、ピクシーの魔力が込められた火種、通称「妖精のランプ」が必要だ……。

アリゼー :

それらの材料が集まれば、「魂の活性化」ができるのね?

アリゼー :

なら……アルフィノ!

今の材料の中に、私とあなた……私たちふたりが揃うことで入手できそうなものがあるわ。

アルフィノ :

そ、それは、まさか「妖精のランプ」のことかい……?

アリゼー :

ええ、ピクシーは私たち双子をとても気に入っていたわ。

いっとき、彼らの「おもちゃ」になることを了承すれば、大抵の物は譲ってくれるはず……!

アルフィノ :

…………。

アルフィノ :

わかった、ふたりでイル・メグに向かおう。

妖精たちの相手を、あれほど嫌がっていた君が、そこまでの覚悟を示したのであれば、断る理由はないよ。

ベーク=ラグ :

ふむ、よくわからぬが、ピクシーたちと面識があるとは心強い。

ベーク=ラグ :

イル・メグに向かうのであれば、粘土に混ぜ込む水となる「甘き霊水」の調達も頼めるかね。

プラ・エンニ茸窟のン・モゥと取引すれば、仕入れられるだろう。

アリゼー :

わかったわ。

「妖精のランプ」と「甘き霊水」……どんな目に遭おうとも、必ず、調達してきてみせるわ!

ベーク=ラグ :

残る材料はひとつ、良質な「粘土」だ。

この場に残る、おぬしに調達を頼めるかね?

 

ベーク=ラグと話す

ベーク=ラグ :

さて、肝心の粘土を採る場所についてだが……おぬしには、アム・アレーン一帯の地質に詳しい、地元民の知り合いなど、おらんか?

何と言う?

  • トゥワインに鉱山労働者がいる
  • モルド・スークにスカベンジャーがいる

「トゥワインに鉱山労働者がいる」

 

ベーク=ラグ :

ふむ、それは好都合だ!

その者たちに粘土層がある場所を尋ね、「良質の粘土」を調達してきてくれたまえ。

ベーク=ラグ :

その間、ワシは患者たちの診察をしておこう。

「魂の不活性化」に繋がる情報を、少しでも得ておきたいでな。

それでは、よろしく頼むぞ。

 

 

 

トゥワインのマグヌスと話す

マグヌス :

おお、[プレイヤー名]じゃねえか!

こいつは、嬉しい来客だな!

サーフ :

元気そうでよかったよ。

俺たちの方も、ユールモア軍に壊された、トロッコとタロースの修復が、ようやく終わったところさ。

マグヌス :

トロッコの方は、技師たちで修復の目処もたてられたんだが、タロースの修復まで、こんなに早く行えたのは、協力者が名乗り出てくれたおかげなんだ。

マグヌス :

巨大タロース建造のときに、話を聞いたチャイ・ヌズ殿が、残っていたダイダロス社の資材を分けてくれたんだ。

修復に役立つアドバイスも一緒にな。

ジェリック :

チャイ・ヌズさん、いい人だよねー!

俺、あの巨大タロースを有効活用する計画があるんだけど、その話も、最後まで聞いてくれてさ!

ジェリック :

そうだ、[プレイヤー名]も聞いてよ!

グルグ火山の巨大タロースで超巨大トロッコを牽引できたら、きっと役立つと思うんだけど、親方が反対してて……。

サーフ :

ジェリック、いつ実現するかもわからない話に、[プレイヤー名]まで、巻き込むものじゃないぜ。

チャイ・ヌズさんも、お前の勢いに押されてただけだからな……?

マグヌス :

サーフの言うとおりだな。

近況報告も、ここらへんにしておこう。

ここを訪ねてくれたのも、きっと何か用事があるんだろう?

マグヌス :

なるほど、良質な粘土が採れる場所か……。

ジェリック :

そういうことなら、サーフが詳しいよ!

今でも、小銭稼ぎに採掘に行ってるわけだしね!

サーフ :

そうだな……需要がないもんで俺たちは掘らないが、この辺りでは、確かに粘土が採れるはずだ。

マグヌス :

ナバスアレンが栄えていた当時は、北のビラン大鉱山の周辺で採取した粘土で、アドベレンガっていう建材を作っていたと聞いたことがある。

マグヌス :

「良質の粘土」を求めているなら、その辺りの地面を、掘り返してみることだな……。

ただし、魔物も多いから、気を抜くんじゃねえぞ?

 

ベーク=ラグに良質の粘土を渡す

ベーク=ラグ :

この双子……。

ピクシーたちを相手取って、こうも順調に戻ってくるとはな。

さすが、世界に闇夜を取り戻した「闇の戦士」の一味よ。

ベーク=ラグ :

さて、おぬしも「良質の粘土」は入手できたかね?

ベーク=ラグ :

見事、見事!

さて、あとはこの「良質の粘土」を「甘き霊水」で練って、「妖精のランプ」から火種を移せば……フフフ……。

アリゼー :

……ねえ、ベーク=ラグ。

その活性化魔法って、行うのは誰でもいいの?

ベーク=ラグ :

それなりの魔力が必要だが、ワシである必要もない。

……術者に、立候補したいのか?

アリゼー :

私は、ハルリクやみんなを罪喰い化の苦しみから解き放つと、そう心に誓って、この世界で冒険をしてきたわ。

この手で、彼らを救えるのなら……。

ベーク=ラグ :

……活性化魔法は、術者の対象への理解が肝心だ。

対象の症状・状態をよく観察し、細かな変化にも気づけるほど、相手をよく知っていれば、それだけ成功率も上がる。

ベーク=ラグ :

なれば……彼らを救いたいと強く願い、己が時間の多くを、彼らのために割いてきた、おぬしこそ、適任と言えるかもしれんな。

アルフィノ :

私も同意するよ。

[プレイヤー名]、君はどうだい?

何と言う?

  • 頼んだよ、アリゼー
  • 上手くいかなければ、次は自分の番だ

「頼んだよ、アリゼー」

 

アリゼー :

ええ、私が望んだもの……テスリーンが望んだもの……その成功のため、この想い全部を振り絞って挑戦するわ……!

ベーク=ラグ :

決まったようだな。

それではアリゼーよ、手順と術式を授けよう……。

ベーク=ラグ :

それでは始めるぞ。

ベーク=ラグ :

これまで集めてきた素材を、すべて砕いて混ぜ込んだ粘土は用意できておるな?

ベーク=ラグ :

ふむ、よかろう。

では、それを豚の形にコネてみせよ。

ベーク=ラグ :

とびきり、かわいく……な。

f:id:thirtyfive:20191104190736p:plain

アリゼー :

わかったわ……。

アリゼー :

で、できたわよ……!

アルフィノ :

アリゼー、君の作品は……昔から、独創的……フフ……。

アリゼー :

ちょっとそこ、笑うんじゃないわよッ!

ベーク=ラグ :

よいよい、デキの良し悪しは関係ない。

この潰れたプリンのようなシロモノを術者であるおぬしが、「とびきりかわいい豚」であると認識できておればいいのだ。

アリゼー :

まったくフォローになってないんだけど……。

ベーク=ラグ :

よいかね……。

魔法とは、空想を現実へと変換する術のことだ。

ベーク=ラグ :

それゆえ、術者の認識が重要となる。

イメージさえ強固であれば、見た目に惑わされる必要はない。

よくよく覚えておくのだぞ?

ベーク=ラグ :

さあ、教えたとおりの術式で、粘土の豚に魔力を注ぐのだ。

アリゼー :

豚は飛ばず、土は起きず、命分かたれぬのが理なれど、我が生命の力よ、今ひととき理より離れ、空飛ぶ豚とならん……。

ベーク=ラグ :

ふむ、なかなかのデキではないか。

ベーク=ラグ :

では、この使い魔を用いて、ハルリクとやらの「魂の活性化」を執り行うぞ。

さあ、患者をここへ……。

ベーク=ラグ :

さて、アリゼーよ。

おぬしが創った使い魔には、すでに魂を活性化させる、一種の強化魔法が備わっている。

ベーク=ラグ :

あとは、自身の魔力を注ぎ込みながら、心に決めた使い魔の名を呼んでやるだけだ。

アリゼー :

この子の名前…………。

アリゼー :

うん、決めたわ……やってみる!

アリゼー :

いきなさい、アンジェロ!

ハルリク :

オ母サン……ボク、ハ…

 

アリゼーと話す

ベーク=ラグ :

空想を現実に変える。

その強き想いは、彼女だけのものではあるまい。

ここにはおらぬ誰かから、アリゼーが継いだものに違いない。

アルフィノ :

い、今……ハルリクが言葉を……君も聞いただろう……?

ハルリク :

…………オ母ァ……アリ、ア…………。

アリゼー :

ねえ、ベーク=ラグ、どう……!?

活性化魔法は、成功したのよね?

ベーク=ラグ :

うむ、おぬしとアンジェロは、見事にやってのけた……。

かすかではあるが、ハルリクの魂から温かな力を感じるぞ。

ベーク=ラグ :

……成功と言ってよかろう。

よくやった、アリゼーよ。

アリゼー :

……よかった。

ありったけの魔力を振り絞ったから、もうフラフラよ。

でも…………アリゼー :

ハルリク、あなたの声……その想い……たしかに聞こえたわ。

ベーク=ラグ :

患者に負担がかからぬよう、慎重に治療を進める必要はあるが、このまま、活性化魔法を行いつづければ、いずれ、完全に快復しよう。

ベーク=ラグ :

そして、停滞した魂が活性化する過程を確認したことで、真逆の現象についても、見えてきたことがある。

「魂の不活性化」の理論構築に繋げることができそうだ。

アルフィノ :

白聖石による原初世界への帰還にも、希望が見えてきたということですね……!

アリゼー :

……ねえ、ちょっと思いついたことがあるんだけど。

アリゼー :

魂が、不活性な状態となることで、体が意のままに動かなくなったり、心身から活力がなくなる。

これが罪喰い化に似ているという着想から、私たちはここにきた。

アリゼー :

でも、そうした魂が不活性な状態って……蛮神のテンパード化とも似ていると思わない?

アルフィノ :

アリゼー、君はテンパード化が、魂を強制的に不活性にして心を封じ込めるような技だと、そう推察したというのかい……?

アリゼー :

それでね……もし、この考えが正しければ、今の活性化魔法を用いて、テンパード化を解けるかもしれない。

そう、あの子を……救えるかもしれないと思うの……!

何と言う?

  • 誰のこと……?
  • ガ・ブのことも救えるかもしれない
  • ガ・ブを救うのは難しいだろう

「誰のこと……?」

 

アリゼー :

タイタンを召喚してしまったコボルド族の子、ガ・ブのことよ!

テンパード化という現象が、莫大なエーテル放射を浴びて、魂が不活性化することだとしたら……可能性はあるでしょ?

ベーク=ラグ :

はてさて……いったい、何の話をしておるのだ?

ベーク=ラグ :

……ふむ、可能性がないではないな。

とはいえ、魂とは繊細で未知の部分も大きい。

安全性を確認しながら、慎重に研究を進める必要があろう。

アリゼー :

もちろんよ……!

今は、可能性が芽生えたってだけでも十分だわ。

アリゼー :

そうと決まれば、行動あるのみよ。

悪いけど、私はアンジェロと一緒にここに残って、できるかぎり患者たちの治療を続けさせてもらいたいの。

アリゼー :

あなたたちは、クリスタリウムに戻って、白聖石の方を手伝ってもらえるかしら。

出番になったら、ちゃんとすぐに駆け付けるから……!

ベーク=ラグ :

やれやれ、あれだけ魔力を使っておきながら、元気な娘だ。

これが若さというものかの……。

アルフィノ :

それでは、アリゼー以外はクリスタリウムへ……

????:

アルフィノさん、[プレイヤー名]さん!

よかった、ここまで探しに来た甲斐があった……!

アルフィノ :

カイ・シルじゃないか!

どうして君がこの場所に……?

まさか、ユールモアで緊急事態でも!?

カイ・シル :

あっ、いえ、街に何かが起きたわけじゃ……ただ、ちょっとやっかいな問題が起きているんです。

それでドゥリア夫人に頼まれて、ふたりを探していたんですよ。

アルフィノ :

ドゥリア夫人が……?

……どうやら急ぎの案件のようだね。

ベーク=ラグ :

……クリスタリウムなら、ワシひとりで戻れる。

どうせ研究の間、おぬしたちに頼むことなど大してないのだ。

ならば、そちらの案件とやらを片付けてやるがいい。

アルフィノ :

ベーク=ラグ殿……ありがとうございます。

カイ・シル :

付き合わせて、すみません。

でも、俺もおふたりが来てくれると助かります……。

ひょっとすると、ユールモアの未来に関わるかもしれないので。

 

 

 

記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。

Copyright (C) 2010 - 2017 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.