さんごー日記。

映画や本やゲームの感想をゆるく記録したり、プログラミングの勉強をゆるく記録するゆるい日記です。

FF14セリフ集。パッチ5.1「漆黒のヴィランズ」メインクエスト10「白き誓約、黒き密約」

ファイナルファンタジーXIV コンプリートパック|ダウンロード版

ファイナルファンタジーXIV コンプリートパック|ダウンロード版

 

 

FF14のパッチ5.1「漆黒のヴィランズ」メインクエスト10「白き誓約、黒き密約」のセリフ集です。

 

↓前のクエスト

FF14セリフ集。パッチ5.1「漆黒のヴィランズ」メインクエスト9「ユールモアの新たな誓い」

 

 

クエスト受注

f:id:thirtyfive:20191116140002p:plain

アルフィノ :

カイ・シルも、新しい一歩を踏み出したようだね。

私たちとともに行動したことがキッカケになったのなら、それは嬉しいことだよ。

アルフィノ :

さて、私たちも自身の問題に立ち返るとしよう。

クリスタリウムの「星見の間」へと戻ろうか。

ベーク=ラグ殿の研究の進捗も気になるしね。

 

星見の間の水晶公と話す

アルフィノ :

アリゼーは、まだ旅立ちの宿にいるようだ。

彼女は、治療に目処がつくまでは、あそこを離れるつもりはないだろうね。

ヤ・シュトラ :

白聖石の生成方法を、イチから見直してみてね。

結果、最初に考えていたのとは違う、新たな結論に行き着いたの。

あなたたちが帰還するまでに、方針をまとめられてよかったわ。

ウリエンジェ :

ユールモアの街で、新たな未来への誓いが宣言されたと……。

こうした吉報も、サンクレッドとリーンに、しかと伝えておきましょう。

ベーク=ラグ :

ふむ、そちらの問題は解決したのか?

水晶公 :

おかえり。

ユールモアに、新たな元首が誕生したそうだな。

クリスタリウムにも一報が届けられたよ。

アルフィノ :

ああ、チャイ・ヌズ殿が、元首代行を務めることになったんだ。

アルフィノ :

民に示した彼の意志はすばらしいものだった……。

今後は、クリスタリウムとの交流も深まっていくことだろう。

そのときは、どうか隣人として手を差し伸べてあげてほしい。

アルフィノ :

それで……帰還方法の研究については?

白聖石の生成は順調なのかい?

ヤ・シュトラ :

……順を追って話しましょう。

ヤ・シュトラ :

私たちの帰還に用いる道具は、従来の白聖石をベースにしつつも、新たに設計した魔具にすることになったの。

アルフィノ :

新たに……?

これまでの白聖石では駄目だったのかい……?

ウリエンジェ :

ベーク=ラグ殿の叡智を賜ったことで、魂を不活性化し、安定した状態で白聖石の中に収めるまでは、成功しようという目途が立ちました……。

ウリエンジェ :

ですが、不活性な魂は、ほかの要素との結びつきが弱い……本来ならば付随するはずの「記憶」が、このままでは欠落してしまうのです……。

ベーク=ラグ :

うむ……。

「魂」だけの移送では、いわゆる記憶喪失で目覚めるだけ。

「記憶」だけの移送では、目覚めることなく衰弱死するだけ。

ベーク=ラグ :

この両方を安全に保持し、肉体へと注ぎ込むことのできる新たなる魔具を、我々は生み出さねばならぬのだ。

アルフィノ :

なるほど……。

その上で、魂の方は目途が立っているとなれば、あとは記憶を収め、肉体に還す部分の研究ですね。

ベーク=ラグ :

そのとおり。

簡単なことではないが、五里霧中というわけでもないぞ。

実は、水晶公より、よい提案をもらえてな……。

水晶公 :

「記憶」の保持と転写という話を聞いて、ひとつ、役立てそうなことがあると思ってね。

水晶公 :

[プレイヤー名]、あなたは覚えているかな?

私が持っている「紅血の魔眼」のことを……。

水晶公 :

私の一族には、ある秘術がかけられていた。

アラグ皇族より託された「血」と「記憶」を、後世に継承していくという……。

ベーク=ラグ :

はるか古の昔より、血と記憶を受け継いでいく秘術。

その術式を解析できれば、魔具に記憶を収める方法も、確立できるかもしれん。

ウリエンジェ :

これに成功すれば、古の戦技を継承するソウルクリスタルとは、段違いの情報量を収めることが叶いましょう。

もちろん、他者に移すことはできないなど制約もありますが。

水晶公 :

……というわけだ。

以後は、ベーク=ラグ殿を中心に、皆の知識も合わせて、「記憶」の継承に向けた研究に、全力で取り組んでいこう。

ヤ・シュトラ :

方針も見えたところで、一度、原初世界側に報告しておいた方がいいのではなくて?

アルフィノ :

そうだね、今頃、我々の帰還に関して、不安な気持ちを抱えているだろうからね。

ウリエンジェ :

ならば、私も一度サンクレッドとリーンのもとへ戻り、進捗を共有しておきましょう。

あちらの調査状況も気にかかりますし……。

水晶公 :

ああ、頼んだ……。

君の知識や彼らの力が必要なときは、また連絡しよう。

アルフィノ :

では、原初世界側……「タタル」に、こちらの計画を伝えておいてくれるかい?

その間、私たちの肉体を何とか維持してほしいとも……。

 

ヤ・シュトラ :

さて、オカワリ亭でコーヒークッキーでも買ってきて、ティーブレイクを楽しみましょうか……。

気分転換をしないと、研究も行き詰まってしまうもの。

アルフィノ :

「暁」が誇るエーテル学の権威と、アラグの知識を持つ水晶公、そして、長年に亘り魂を研究してきたン・モゥの隠者殿。

その知慧が合わされば、この難題にも……。

水晶公 :

皆が無事に記憶を持ち帰れるよう、この身に掛けられた術を紐解いて、己のものにしてみせよう。

水晶公 :

……それにしても、まさかあの術がこんな風に役立つとは。

幼いころには呪いのように思ったこともあったが、今では……希望であり、祝福であったと思えているよ。

ベーク=ラグ :

研究している間に、肉体との結びつきが切れてしまっては、すべてが水の泡となる……。

向こう側にいる者たちにも、尽力してもらわねばならんな。

 

石の家のタタルと話す

アリアヌ :

無事で何よりだわ。

アレンヴァルドたちが頑張ってくれたおかげで、既知の蛮神への対応も、しっかりできていたわよ。

イジルドール :

おお、[プレイヤー名]殿!

異世界のことなど、わしには想像もつかんが、無事に帰ってきてくれたようで、何よりじゃよ……。

エフェミ :

賢人の皆に、そんな危機が迫っていたとはね……。

私たちも、クルルの助けになれるよう、しっかり看病していくよ。

タタル :

[プレイヤー名]さん、お戻りを心よりお待ちしておりまっした!

タタル :

クルルさんは、今も皆さんの身体を診察中でっす。

第一世界でのお話は、それが終わってから、一緒にお聞かせくださいでっす!

クルル :

おまたせしちゃったわね。

クルル :

マトーヤ様からの助言を受けて、みんなの体に、ひとまずの処置をしたところよ。

これで今しばらくは、生命力の揺らぎも安定してくれるはず。

クルル :

それで……第一世界での、みんなの様子はどうだったの?

タタル :

なるほど……そのベーク=ラグさんという方の協力で、少しずつ帰る方法の研究が始まっているのでっすね。

クルル :

確かに「白聖石」を使って魂を運ぶというのは、いいアイディアだと思うわ。

クルル :

なら私たちは、研究の進展を信じて、肉体の維持に全力を尽くさなくっちゃね……。

????:

折よく、来てくれていたか。

話が早くて助かる。

エスティニアン :

よう……。

無事に旅先から戻ったようじゃないか。

タタル :

エスティニアンさん……!

連絡が取れなくなって、心配していまっした!

エスティニアン :

動乱の帝都から脱出して、帰還しようとしていた道中で、リオルとかいう「暁」の密偵と出会ってな……。

ひとまず、ここに立ち寄らせてもらった。

タタル :

帝都で動乱って……いったい何があったのでっすか?

エスティニアン :

さて、どこから話したものか……。

エスティニアン :

お前たちから帝国の秘密兵器の調査と始末を依頼され、ラザハン経由で、帝国領に潜入したんだが……

エスティニアン :

ある属州の魔導工場で、漆黒の王狼……いや、今は影の狩人と名乗っているんだったか。

とにかく、ガイウス・バエサルと出会ってな。

エスティニアン :

共闘を打診され、帝都まで同行することになったんだ。

エスティニアン :

そして、その中枢……魔導城にて、俺たちは驚くべき人物と出会うことになる。

エスティニアン :

アシエンから肉体を奪い返した、あの男……

エスティニアン :

ゼノス・イェー・ガルヴァスだ……!

エスティニアン :

しかも、奴は俺たちの目の前で、父親でもある皇帝ヴァリスを殺害……。

激昂したガイウスが、ゼノスに斬りかかり……エスティニアン :

どうにもやっかいそうな相手じゃないか。

手を貸してもいいんだぜ……?

ガイウス :

あれは、もはや人にあらず。

……助太刀願おう。

f:id:thirtyfive:20191116144706p:plain

エスティニアン :

だ、そうだ……。

二対一だが、悪く思うなよ……?

ゼノス・イェー・ガルヴァス :

漆黒の王狼と蒼の竜騎士か……目覚めの獲物としては、悪くない……。

ゼノス・イェー・ガルヴァス :

……来いッ!

ゼノス・イェー・ガルヴァス :

生前は、思いもしなかったことだが、やはり身体は、己のものに限るな……。

ガイウス :

バケモノめ……。

エスティニアン :

さすがに我らが英雄殿を手こずらせた相手だけはある……。

どうする、あまり時間をかけると…………

????:

陛下、いかがなされましたかッ……!

エスティニアン :

チッ……言わんこっちゃない……!

ユリア :

なッ……ヴァリス陛下ッ……!?

ゼノス・イェー・ガルヴァス :

やれやれ……邪魔が入っては、興も削がれるというもの。

ゼノス・イェー・ガルヴァス :

俺は、このあたりで消えさせてもらおう。

目的も果たし終えたのでな……。

ガイウス :

待て、ゼノスッ……!

エスティニアン :

さて……このままじゃ、きりがなさそうだぜ?

ガイウス :

ならば、一気に片をつけ、この場を突破する!

ユリア :

ぐああぁっ!!

アンニア :

くっ、陛下ッ!!

ユリア :

侵入者どもを、決して逃がすな!

動かせる魔導アーマーは、すべて起動させよ!

ユリアの声 :

緊急事態発生……現在、侵入者が逃亡中!

総員、警戒にあたられたし……!

ガイウス・バエサル :

引き返すことができぬ以上、正面突破しかあるまい!

センチュリオ・プラエトリアヌス :

相手は、元軍団長との情報だ……!

動かせる魔導兵器は、すべて投入しろ……!

ホプロマクス・プラエトリアヌス :

見つけたぞ、侵入者を捕縛せよ!

ガイウス・バエサル :

よし、障害を排除した……このまま駆け抜けろ!

屠龍のエスティニアン :

次から次へと、よくもまぁ……!

背後からも、追手の気配が迫ってきているぞ!

ユリア・クォ・ソラノス :

逃しはしないぞ、ガイウス・バエサル!

アンニア・クォ・ソラノス :

皇帝陛下を裏切るなど、決して許せはしないッ!

ガイウス・バエサル :

近衛の連中ともなれば、さすがに腕は立つか……。

まずは魔導兵器から片付けるぞ……!

ユリア・クォ・ソラノス :

アンニア、連携をッ……!

ガイウス・バエサル :

させるものかッ……!

アンニア・クォ・ソラノス :

し、しまった……!?

ガイウス・バエサル :

今が好機……先へ進むぞ!

ガイウス・バエサル :

このまま固まって動けば、敵の包囲網が厚くなるばかりだ。

的を散らすためにも、別行動とすべきであろう……。

屠龍のエスティニアン :

了解だ……。

ならば、俺はこちらに進むとしよう。

ガイウス・バエサル :

外で落ち合うとしよう。

……無事を祈る!

エスティニアン :

やれやれ、まるで魔導兵器の見本市じゃないか……。

エスティニアン :

進むには倒すしかない、か……。

仕方あるまい……。

エスティニアン :

咆えろ、魔槍ニーズヘッグッ!

シグニフェル・プラエトリアヌス :

アーチアルテマ、緊急起動!

想定外の実戦だが、こいつの実力を試すいい機会だぞ!

疑似聖石システム :

疑似聖石システム起動……戦闘データのロードを実行してください。

シグニフェル・プラエトリアヌス :

急ぎ試験用の戦闘データを準備しろ……!

疑似聖石システム :

戦闘データXIVをロード……。

シグニフェル・プラエトリアヌス :

次の戦闘データを準備してくれ!

カストルム・アバニアから送られてきたデータだ!

疑似聖石システム :

戦闘データXIIをロード……。

シグニフェル・プラエトリアヌス :

疑似聖石ジェネレーター、最大出力。

魔導フィールドをフル稼働させろ!

シグニフェル・プラエトリアヌス :

素晴らしい、設計通りの性能だ!

今や、アーチアルテマは無敵の存在ぞ……!

竜血のエスティニアン :

煩わしいヤツめ……!

こうなったら、後ろの機械ごと破壊してやるッ……!

竜血のエスティニアン :

魔槍ニーズヘッグに貫けぬものなし!

エスティニアン :

さて、これ以上の新手はごめんだ……。

さっさとここを脱出し、ガイウスの奴と合流せねばな。

タタル :

大丈夫でっすか、冒険者さん、クルルさん!

エスティニアン :

俺の過去を視た、といったところか?

クルル :

私が視た光景も同じよ。

さすがに、追体験するほどの強烈な幻視じゃなかったけれど。

エスティニアン :

やれやれ、その異能を直に見たのは久しぶりだが、なんとも奇妙なものだな。

エスティニアン :

ともかく、肉体を取り戻したゼノスは、近衛兵が来ると、興ざめしただのとぬかして消えやがった。

その後の行方はようとして知れず、だ。

クルル :

……まさか、あのときのアラミゴでの「超える力」の研究が、こんな大事を引き起こすだなんて。

クルル :

死を超越して、他者に憑依してたばかりじゃなく、自身の体を取り戻したなんて……信じられる?

まるで、不滅なるアシエンだわ!

エスティニアン :

常識外という点では、次元の狭間を超えて、異界を旅してきた、どこぞの英雄殿も大概だとは思うがな。

エスティニアン :

ともかく、皇帝を失った上に、皇太子だったゼノスも消えたとあって、帝国は大荒れだ。

エスティニアン :

しばらくは、侵略戦争どころじゃあるまい。

「黒薔薇」に関しても、理由はどうあれゼノスが使用を阻止した。

エスティニアン :

これらの情報は、今頃、リオルとやらが、エオルゼア同盟軍に伝えているはずだからな。

あとはアイメリクたち、お偉方に任せていいだろう。

クルル :

確かにギムリトの戦場も落ち着きそうね。

内乱となれば帝国の属州の今後が心配だけれど……

クルル :

ところで、ガイウスはどうしているの?

途中までは、いっしょだったのでしょう?

エスティニアン :

ああ、奴とは帝国本土を脱した後で別れた。

なんでも「新たな脅威」を察知したとかでな……。

エスティニアン :

詳しいことはわからんが、奴と過去に因縁のある存在が、皇帝不在の状況で、動き出した気配があるそうだ。

エスティニアン :

いっときとはいえ、ともに行動して感じたが、もはやガイウスはエオルゼア侵略を企むような男じゃない。

自由にやらせておけばいいさ。

タタル :

そうでっすね。

でも、「新たな脅威」と言われると、なんだか漠然とした不安を感じてしまいまっす。

タタル :

リオルさんや東方の忍びさんたちに情報を共有して、警戒を強めた方がいいかもしれまっせんね。

エスティニアン :

さて、俺からの報告は以上だ。

対応を依頼された「黒薔薇」の脅威も去った今、契約は終了ってことでいいんだろう……?

タタル :

は、はい……それはそうなのでっすが……。

賢人のみなさんも、まだお目覚めになっていない状況でっす。

よければ、もう少しここで一緒に……!

エスティニアン :

悪いが、約束は約束だ。

……ガイウスがそうしているように、俺も好きにやらせてもらう。

クルル :

突然の協力要請に応えてくれて感謝しているわ。

アルフィノくんが慕うだけのことはあるわね。

エスティニアン :

それじゃあな、相棒。

今度は戦場で倒れるような、危なっかしいことはしてくれるなよ。

クルル :

さあ、私たちも解散しましょう。

賢人たちの肉体についてはこっちに任せて、あなたは、ゆっくり身体を休めておいてね。

 

タタルと話す

タタル :

ふたつの世界を行き来して、今回もお疲れでっしょう!

今は、ベーク=ラグさんたちの研究の進展を、信じて待ちまっしょう!

 

一方 原初世界 帝都ガレマルド―

 

第III軍団の百人隊長 :

賊軍の進撃を許すな!

帝位に相応しきは、ネルウァ様のみぞ!

第III軍団の百人隊長 :

ぐあっ……!

第I軍団の百人隊長 :

ネルウァ派の豚どもめ……!

ここでヤツらを狩り尽くせば、我らの勝利だ!

進め、進めッ!

ゼノス・イェー・ガルヴァス :

ハッ……くだらん。

????:

飼い犬が豚を追い立て、狩りを語る。

なるほど、滑稽ですねぇ……。

ゼノス・イェー・ガルヴァス :

その魂の色……何者だ……?

白いローブの男 :

私は、新たな主を探す者……。

ご命じいただければ、犬は犬でも、狩人に相応しき猟犬を用意しましょう。

白いローブの男 :

未だ眠れども、いささか獰猛な存在ですから。

白いローブの男 :

ゾディアークという名の獲物は……。

 

一方 第一世界 ユールモア廃船街―

 

汚れた身なりの男 :

聞いたか、新しい元首のチャイ・ヌズが、「ダイダロス社」の工場を再興するんだとか……。

近く働き手を募集するって話だぞ。

みすぼらしい女 :

廃れた集落を再建するために、入植希望者を募る予定があるとも聞いたよ。

なんでも、無償でタロースを貸してくれるみたいね。

汚れた身なりの男 :

ほう、そっちの話も美味そうだな。

どっちに応募しようか、迷っちまうぜ……。

みすぼらしい女 :

働き口さえあれば、子どもたちを食べさせることもできるものね。

ちょっとだけ、希望が出てきたんじゃない?

????:

希望、か……。

戦士風の男 :

ならば、遺された最後のひとりとして、我らが悲願のため、希望の光を灯してみせよう……。

戦士風の男 :

それを成し得るのは、選ばれし英雄だけなのだから……。

 

記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。

Copyright (C) 2010 - 2017 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.