さんごーの節約&ダイエット日記。

楽しく節約とダイエット!をしながら日々の学んだ事をまとめていく個人ブログです。

FF14セリフ集。パッチ4.0メインクエスト「混乱のスペキュラ」

FF14のパッチ4.0メインクエスト「混乱のスペキュラ」のセリフ集です。

スペキュラ・インペラトリスが帝国軍の砲撃によって攻撃されまた。現地の様子を確認しに行きます。

 

↓前のクエスト

FF14セリフ集。パッチ4.0メインクエスト「与えられた支援任務」

↓次のクエスト

FF14セリフ集。パッチ4.0メインクエスト「悲しみの退路」

 

 

クエスト受注

アリゼーに話しかけてクエストを受注します。

 

f:id:thirtyfive:20170701124150p:plain

 ワイトロックのアリゼーは、仲間たちの状況を案じているようだ。

 

アリゼー :

準備はいい、[プレイヤー名]。

東に見える「スペキュラ・インペラトリス」に向かうわよ!

 

アリゼーと話す

アリゼー :

どうやら、この隔壁から中に入れそうね。

アリゼー :

まずは、状況を確かめないと……。

本隊の指揮権を持つ「ラウバーン」局長をはじめ、誰か事情がわかりそうな人を探しましょう。

 

 ラウバーンと話す

アリゼー :

アルフィノやリセたちの姿が見えないわ。

ラウバーン局長から、状況を聞いてみましょう。

ピピン :

了解であります。

輸送部隊のキャリッジを回すよう、直ちに手配します!

 

ラウバーン :

[プレイヤー名]、来てくれたか……。

帝国軍が、カストルム・アバニアのカノン砲を使って、スペキュラのメインタワーを攻撃してきたのだ。

ラウバーン :

まだ戦っている帝国兵も大勢いたというのに、味方もろとも、見境なしでな……!

アリゼー :

アルフィノやリセ……それからアラミゴ解放軍のみんなの姿が見えないけど、無事なの?

ピピン :

彼らは、メインタワーを攻略中だった。

負傷者たちが、続々と塔内から退避しているところだが……いかんせん混乱していて、被害の全容が把握できていないのだ。

ラウバーン :

貴様たちも負傷者の救助に協力してくれ。

その内に、仲間たちの姿が見つかるやもしれん。

アリゼー :

了解よ。

[プレイヤー名]、あなたは東側へ向かって。

私は、北側の方を見てみるわ。

 

イベント後のラウバーンのセリフ。ピピンに指令を出しています。

ラウバーン :

双蛇党の幻術士を中心として、救護班をアラギリに待機させろ! 自力で歩けない負傷者を優先しつつ、後方へと移送するぞ!

 

同盟軍の負傷兵を救助

双蛇党の負傷兵 :

痛っ……。

だ、大丈夫……応急処置をすればどうにか……。

ありがとうございます。

不滅隊の負傷兵 :

た、助かりました……。

あやうくザル神の御許にたどり着くところでしたよ……。

息を落ち着かせてから、退却します!

黒渦団の負傷兵 :

まだ少し、頭がクラクラしますが……。

撤退すりゃあいいんですね、了解です。

 

神殿騎士団の負傷兵を救助

神殿騎士団の負傷兵 :

う、うぅ……。

私は……いったい……。

そうか、上から落ちてきたガレキに当たって……。

神殿騎士団の負傷兵 :

あ、貴方は、[プレイヤー名]様!?

神殿騎士団の負傷兵 :

実は、イシュガルド防衛戦でも、貴方に助けていただいたのです。

一度ならず、二度までも救われるとは……!

神殿騎士団の負傷兵 :

私の方は、もう大丈夫ですので、どうかほかの負傷者のところへ……!

リセ :

コンラッドの意識が……!

ナーゴ、コンラッドをそこに降ろして……!

 

リセと話す

 

アルフィノ :

[プレイヤー名]、助けに来てくれたのか!

メ・ナーゴ :

コンラッド隊長!

目を覚ましてください……お願いですッ!!

 

リセ :

コンラッド、しっかりして!

アルフィノ :

……突然の出来事だった。

最後まで抵抗していた髑髏連隊の若者をコンラッド隊長が説得し、投降させた直後に、帝国軍の砲撃を受けたんだ……。

アルフィノ :

どうにか生存者を助け出したが、コンラッド隊長は……。

治癒魔法で処置はした……あとは祈るほかない……。

コンラッド :

う、うぅ……。

リセ :

コンラッド!

コンラッド :

……リセ……なのか……?

すまぬ、目が……見えておらんでな……。

コンラッド :

はぁ……はぁ……ワシの命も、ここまでのようじゃ……。

リセ :

大丈夫、すぐによくなるって!

コンラッド :

ふふ……運命は変えられんよ……。

良いか、よく聞け……リセよ、お主にアラミゴ解放軍を託す……。

リセ :

コンラッド!

 弱気にならないで!

みんなで力を合わせて、アラミゴを解放するんでしょ!

こんなところで、立ち止まってどうするの!

コンラッド :

はぁ……はぁ……そう……立ち止まってはならん……。

ようやく……まとまりかけた解放軍を……このまま、崩壊させるわけには……いかんのじゃ……。

コンラッド :

リセよ……お主なら……できる……。

革命の英雄の子でも……イダの妹でもなく……おぬしにこそ……ワシの跡を託したいのじゃ……。

リセ :

コンラッド……。

コンラッド :

仲間とともに……進め……。

そして、自由を……………………

リセ :

わかった……約束するよ。

必ず、やりとげてみせる……。

だから……安心して……。

 

一方 カストルム・アバニア――

 

帝国軍の幕僚 :

次弾装填……液体炸薬注入作業、急げ!

エスティニアン :

ニーズヘッグ……貴様の力を借りるぞ……。

帝国軍の選抜兵 :

……炸薬パイプラインが!

帝国軍の幕僚 :

馬鹿な……!

人の力で破壊できるものでは!?

化け物め……撃て……撃てェー!

エスティニアン :

フン、魔槍ニーズヘッグに貫けぬものなし!

エスティニアン :

借りは返したぜ……。

坊ちゃんよ。

帝国軍の幕僚 :

ええい、取り逃がしたか……。

防衛隊は賊を追え、整備隊は被害状況を確認し、ただちにカノン砲の修復作業に移れ!

帝国軍の幕僚 :

蛮族どもが、押し寄せてくるぞ……。

 

アルフィノと話す

メ・ナーゴ :

隊長が……隊長が……!

うわああああ……!

リセ :

コンラッド……アタシは…………。

 

アルフィノ :

なんてことだ……。

コンラッド隊長は、敵である髑髏連隊の若者たちを、救おうとしていたのに……。

アルフィノ :

彼らとて、同じアラミゴの若者なのだと、何度も……その必死の説得がようやく通じて……それなのにッ……!

アルフィノ :

コンラッド隊長は、敵の砲撃で亡くなった。

だが、髑髏連隊の若者たちは、味方の砲撃で殺されたんだッ!

アルフィノ :

戦争にだって、守るべき尊厳というものがあるはず……そうだと言ってくれ、[プレイヤー名]……!!

 

「混乱のスペキュラ」は以上です。

 

↓前のクエスト

FF14セリフ集。パッチ4.0メインクエスト「与えられた支援任務」

↓次のクエスト

FF14セリフ集。パッチ4.0メインクエスト「悲しみの退路」

 

記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。

Copyright (C) 2010 - 2017 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.