さんごーの節約&ダイエット日記。

楽しく節約とダイエット!をしながら日々の学んだ事をまとめていく個人ブログです。

FF14セリフ集。パッチ4.0メインクエスト「カストルム・アバニア潜入作戦」

FF14のパッチ4.0メインクエスト「カストルム・アバニア潜入作戦」のセリフ集です。

ラジアタで潜入捜査をしていたピピンの部下と接触しました。カストルム・アバニアの見取り図を共有してもらい、潜入開始です。

 

↓前のクエスト

FF14セリフ集。パッチ4.0メインクエスト「心に勇気を」

↓次のクエスト

FF14セリフ集。パッチ4.0メインクエスト「ラウバーンの一計」

 

 

クエスト受注 

スターク・ウォード :

帝国に反撃してやるために、必死で情報を集めたんだ。

か弱いアタシは、殴り合いじゃせいぜい10人しか倒せない。

だけど基地の見取り図があれば、もっと多く倒せるだろ?

リセ :

スターク・ウォードさんみたいな人たちが、地道に諜報活動を行ってくれていたおかげだね。

アリゼー :

帝国との闘いは、水面下でずっと続いていたということね。

 

アルフィノに話しかけてクエストを受注します。

 

f:id:thirtyfive:20170703153342p:plain

マウントヨーンのアルフィノは、作戦を思案しているようだ。

 

アルフィノ :

スターク・ウォード女史のおかげで、侵入ルートと制圧すべき管制室の位置がわかった。

アルフィノ :

[プレイヤー名]は、冒険者部隊を率いて、換気ダクトから格納庫へと侵入し、兵器研究区画に向かい、ひと暴れして、敵の目を引きつけてくれ。

アルフィノ :

私とアリゼーも、別ルートで陽動を行おう。

リセが率いるアラミゴ解放軍部隊は、なるべく交戦を避け、戦力を温存しながら、管制室に向かうこと。

アルフィノ :

理想としては、両者が合流してから、管制室に突入したいところだが、そこは臨機応変に動くしかない。

管制室を押さえたら、あとは本隊に連絡し、突入を待つだけだ。

リセ :

わかった。

それじゃ、アタシはナーゴたちと合流して、作戦の内容を伝えてくる。

スターク・ウォード :

じゃあ、残りの面々は、アタシといっしょに来ておくれ。

巡回中の魔導兵器を排除して、侵入ルートを確保するんだ。

気合を入れていくよ!

 

指定地点で見渡し、敵が現れたら討伐→スターク・ウォードと話す

アルフィノ :

潜入前に手荒なマネはしたくなかったが、ここは選択の余地がないか……。

アリゼー :

兵の数は、それほど多くなさそうね。

ここは素早く倒して、先に進みましょう!

 

 

スターク・ウォード :

帝国軍の巡回部隊が、この先に向かうのが見えたよ。

奴らを倒しておかないと、侵入ルートにたどり着けない。

すまないが「見渡し」て敵を見つけ、ブチ倒してくれるかい?

スターク・ウォード :

敵の排除に成功したら、侵入ルート上で待機して、その場の安全を確保してくれ!

 

指定地点で見渡し、敵が現れたら討伐

スターク・ウォード :

あざやかな手並みだね。

魔導兵器を、いともたやすく撃破するなんてさ。

その力があれば、絶対にこの作戦は上手くいくと確信したよ。

アルフィノ :

[プレイヤー名]は、こちらの筆頭戦力だからね。

私も見習いたいところだが……。

ところで、どこから基地内に潜入すればいいんだい?

スターク・ウォード :

この先の崖ぎわを進んでいくと、排気ダクトがある。

冒険者部隊は、そいつを蹴破って基地内の倉庫に潜入してくれ。

アルフィノ :

了解だ。

アルフィノ :

それでは、[プレイヤー名]、基地内に潜入したら、予定どおり派手に暴れてくれ。

アルフィノ :

君たち冒険者部隊が警備の目を引きつけるほど、後続の解放軍部隊が、安全に管制室に接近できるからね。

スターク・ウォード :

それじゃ、アタシは解放軍の連中と合流して、別の潜入ルートの方に案内してくるよ。

クリスタルの導きあらんことを!

アルフィノ :

よし、それでは最後に装備の確認をしておこう。

準備が完了したら、カストルム・アバニア潜入作戦の開始だ!

 

「巨砲要塞 カストルム・アバニア」を攻略する

アルフィノ :

あの巨砲を、同盟軍に撃ち込ませはしない。

もう二度と……!

アリゼー :

巡回中の魔導兵器を破壊したんだから、帝国軍が、こちらの接近に気付くのは時間の問題よ。

作戦は急いで進めましょう。

 

ついにパッチ4.0最後のレベリングダンジョンです。

ダンジョン内での敵キャラクターのセリフなどをひろっておきます。

 

中ボス。FF6でも出てきたやつですね。

魔導マグナローダー :

システム起動……魔導V8エンジン点火!

魔導マグナローダー :

スーパーチャージャー展開……ニトロ投入……!

魔導マグナローダー :

ガガガガガ……走行システムニ異常ヲ検知…走行不能……走行不能……。

魔導マグナローダー :

強制焼却システム起動……総員退避……総員退避……!

 

中ボス2。これもFF6からビジュアルもそのままで懐かしい…

ナンバーXXIV :

雷属性、火属性エーテル充填……バリアチェンジ!

ナンバーXXIV :

火属性、氷属性エーテル充填……バリアチェンジ!

 

大ボス。

魔導技術者らしき男の声 :

ククク、馬鹿め、その性能試験場は袋小路よ……!

我が作品「インフェルノ」で潰してくれる!

魔導技術者らしき男の声 :

待たせたな、私の可愛い「インフェルノ」……お薬の時間だぞ……?

魔導技術者らしき男の声 :

ええい、やられたというのか……。

しかし、データは十分に記録できた……脱出する!

 

クリア後。

アリゼー :

大丈夫?

アリゼー :

どうやら激戦を制したところみたいね。

こっちも作戦は成功よ。

アルフィノ :

すでにリセが率いる解放軍の部隊が、カノン砲の管制室がある司令塔に取り付いているようだ。

私たちも、すぐに向かおう。

アルフィノ :

リセ!

無事でよかった!

リセ :

そっちこそ!

あとは、ここ……管制室を押さえれば……。

一気に制圧するよ、準備はいい?

フォルドラ :

来たか……!

リセ :

フォルドラ……お前が撃たせたのね!

フォルドラ :

……そうだ、私が命令した。

リセ :

コンラッドはね、必死に説得してたんだ!

髑髏連隊の連中に、同族同士で殺し合う必要はないんだって……!

それをお前は、部下なのに……仲間なのに……!

フォルドラ :

……あぁ、私が殺した。

アンスフリッド、フルドルフ、エメリン……ともに学び、訓練を受け、戦い続けてきた誇り高き仲間たち……。

フォルドラ :

皆が、私の下した命令で死んでいった。

その最期……手に取るように感じられる……。

リセ :

なんで……なんで、そんな命令を下せるんだよ!

フォルドラ :

アラミゴ人の自由のため、必要な犠牲だ。

奴らとて、本望だったことだろう。

フォルドラ :

私たち髑髏連隊の仲間は誓い合っていた。

アラミゴに生まれた若者たちが、生粋のガレアン族に、蔑まれることなく生きていけるだけの力を手に入れようとな。

フォルドラ :

何かを欲するのであれば、対価が必要だ。

支払えるものがないのであれば、血であがなうしか道はない。

フォルドラ :

市民権を持たぬ属州民は、それを得るために兵役に就く。

市民権を持ってなお、ガレアン族から差別されるのであれば、何も言えぬほどの戦果を挙げ、権力を手にするほかない。

フォルドラ :

アラミゴに……帝国に支配された属州に生まれてしまったのなら、そうやって、自由を勝ち取るしかないのだ!

リセ :

ふざけるな!

信じ合い誓い合った仲間を殺しておいて、何が自由だ!

 何が犠牲だ!

リセ :

なんで、そんなに簡単に仲間を見捨てられるんだッ!

フォルドラ :

その程度の技を見切ることなど、今の私には、造作もないこと……。

アルフィノ :

アリゼー!!

フォルドラ :

だが、さすがに分が悪いか……。

リセ :

クッ!

また逃げるのか、卑怯者ッ!

フォルドラ :

蛮族の英雄よ、ゼノス様からの伝言だ……。

皇族主催の狩猟祭に招待すると……獲物の群れを率いて、アラミゴ王宮に迫るがいい!

アルフィノ :

応急処置はしたが、ひとまずアリゼーを運び出したい。

手伝ってくれるか?

アルフィノ :

ありがとう。

リセ、君はこの場の確保を……。

リセ :

う、うん……。

 

リセと話す

ラウバーン :

よくやってくれた。

貴様たちがカノン砲を封じてくれたおかげで、本隊は無傷で進軍することができたぞ!

双蛇党の将校 :

お仲間のひとりが負傷されたとか……。

我々にできることがあれば、何なりとおっしゃってください。

 

リセ :

負傷したアリゼーは、ナーゴたちに頼んで、ひとまず戦火が及んでいないラジアタまで、運んでもらったから。

付き添いのアルフィノからは、命に別状はないから安心してって。

リセ :

でも……。

リセ :

ふぅ……ひとまず「ラウバーン」局長と話そう。

クルルについての情報が見つかってないかも聞きたいしね。

 

 

「カストルム・アバニア潜入作戦」は以上です。

 

↓前のクエスト

 FF14セリフ集。パッチ4.0メインクエスト「心に勇気を」

↓次のクエスト

FF14セリフ集。パッチ4.0メインクエスト「ラウバーンの一計」

 

記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。

Copyright (C) 2010 - 2017 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.