さんごーの節約&ダイエット日記。

楽しく節約とダイエット!をしながら日々の学んだ事をまとめていく個人ブログです。

FF14セリフ集。パッチ4.0メインクエスト「ラウバーンの決断」

今度こそお手伝いクエストが終わり、ラウバーンも何か決断したらしい。

ストーリーを進めていきます。

 

↓前のクエスト

FF14セリフ集。パッチ4.0メインクエスト「ラールガーの神符」

 

 

クエスト受注

f:id:thirtyfive:20170619145754p:plain

ラールガーズリーチのアルフィノは、状況を確認したいようだ。

 

アルフィノ :

ふぅ、これで依頼は完了だな……っと。

君も一区切りついたところかい?

メ・ナーゴ :

おつかれさまです、[プレイヤー名]さん。

ちょうど、呼びに行こうとしていたんですよ。

コンラッド :

予定されていた解放軍系の部隊と、新兵たちの合流が完了し、準備が整ったところでな。

いよいよ、打って出る頃合いということじゃ。

コンラッド :

メ・ナーゴよ、同盟軍へ共同での反攻作戦の開始を打診するぞい。

親書を託すゆえ、これをカストルム・オリエンスの、ラウバーン殿に届けるのじゃ!

メ・ナーゴ :

了解です!

メ・ナーゴ :

それでは、私は使者として出立しますが……「暁」の皆さんは、どうされますか?

アルフィノ :

エオルゼア同盟軍から依頼されていた、解放軍との橋渡し役は、ひとまず完了したことになる。

今後については、一度、皆と相談すべきだろうな……。

メ・ナーゴ :

わかりました。

それでは、私は辺境地帯側の出入口で出発準備を整えておきます。

もし、同盟軍の本陣に向かう方がいましたら、来てくださいね。

アルフィノ :

では、リセとアリゼーは私が呼んでこよう。

君は野戦病院に赴き、ヤ・シュトラやクルルさんのところで、待っていてくれ!

 

 ヤ・シュトラと話す

f:id:thirtyfive:20170619150223p:plain

 クルル :

戻ったのね。

そちらの任務も大変だったのでしょう? お疲れ様……。

 

ヤ・シュトラに話しかけてストーリーを進めます。

 

クルル :

戻ったのね。

そちらの任務も大変だったのでしょう?

お疲れ様……。

ヤ・シュトラ :

あら、私たちに何か伝えたいことでも?

ヤ・シュトラ :

なるほど、すべての任務が完了したのね。

それで、ついに同盟軍と共同で反攻作戦を始めると……。

f:id:thirtyfive:20170619151326p:plain

アルフィノ :

「暁」がエオルゼアの救済を掲げる組織である以上、アラミゴ奪還に向けた動きは、当然支援すべきだと考える。

だが、これ以上の関与は、本格的な戦争協力になるはずだ。

アルフィノ :

組織としての「暁」が、協力の姿勢を示すとしても、それぞれが実際に参加するかは、今一度、考えておくべきだろう。

リセ :

もちろん、アタシは戦うよ。

祖国アラミゴの奪還は、父さんとイダ姉さんの想いでもあるし、何よりアタシが願っていることだから……。

アリゼー :

……私もやるわ。

蛮神討滅の理念はともかく、自分たちの意見を武力で押しつける、帝国のやり口が気にくわないのよ。

アリゼー :

第七霊災を引き起こしたのも彼らだし、その後に再侵攻してきたガイウスの裏にはアシエンがいた。

どう考えたって、放置できないわ。

アルフィノ :

リセはともかく、アリゼーは、もう少し躊躇すると思っていたが、ともかく君たちの意見については、了解した。

アルフィノ :

そして、私自身も同じ意見だ。

イルベルドという復讐鬼を生んでしまった一端が、私にもあるし、なればこそアラミゴのために働きたい。

f:id:thirtyfive:20170619151350p:plain

ヤ・シュトラ :

私も参加するわ……。

戦争を嫌うあまり、本国に逃げたシャーレアンに反発して、私はルイゾワ様の「救世詩盟」に参加した。

ヤ・シュトラ :

その心は変わっていないし、目の前には、癒し手を待っている人がいるもの。

しばらく、この野戦病院に残って働くつもり。

クルル :

私は、ちょっと違う理由だけど、ここで働かせてもらうわ。

ミンフィリアも、故郷アラミゴの奪還には力を尽くしたかったはず……。

その親友の想いを、代わりに果たしたいと思うのよ。

アルフィノ :

[プレイヤー名]、君はどうする?

ガイウス・ヴァン・バエサルを倒した君の力は、帝国打倒を目指す人にとっては、非常に心強いものだろう。

アルフィノ :

だが、「英雄」という偶像に押し込められ、都合のいい武力として利用されるのも、本意ではあるまい?

 

ここで選択肢が4つも出てきます。

  • 帝国を野放しにはできない!
  • ここにいない者のために協力する!
  • そこに戦いがある限り進む!
  • 正直に言って、協力したくない……

 

ここはストレートに「帝国を野放しにはできない!」を選んでおくとします。

 

アルフィノ :

確かに、ガレマール帝国の覇権主義は危険だ。

実力主義と言えば聞こえはいいが、彼らの階級社会では、大多数の罪なき民が搾取され、奴隷同然の暮らしを強いられている。

アリゼー :

それじゃ、ヤ・シュトラとクルルは、このまま野戦病院に残って、怪我人の治療ね。

リセは、アラミゴ解放軍との連絡役を頼めるかしら?

アリゼー :

残りの面子は、メ・ナーゴといっしょに、エオルゼア同盟軍の本陣に向かいましょう。

アルフィノ :

[プレイヤー名]、引き返すなら、ここが最後のチャンスだ。

よくよく考えたうえで、もし協力してくれるのなら、表にいる私のところまで来てほしい。

 

 

イベント後のヤ・シュトラたちのセリフ。

ヤ・シュトラ :

それぞれが、それぞれの理由と考えで動く。

今の「暁」らしくていいんじゃないかしら?

 

クルル :

しばらく、忙しくなりそうだわ。

ヤ・シュトラに負けないくらい、頑張らなくっちゃ!

 

アルフィノと話す

f:id:thirtyfive:20170619151632p:plain

 アリゼー :

ルイゾワお祖父様は、エオルゼア同盟軍の軍師として、

カルテノーの戦いに従軍したわ。

ルヴェユール家は、帝国と戦う運命なのよ、きっとね……。

 

メ・ナーゴ :

買い忘れた物があったら、 酒保商人たちのところに行くといいですよ!

 

 アルフィノに話しかけてストーリーを進めます。

 

アルフィノ :

来てくれたか、[プレイヤー名]。

いろいろと思うところはあっただろうが、よく決心してくれた。

あらためて、よろしく頼むよ。

メ・ナーゴ :

みなさん、それでは出発準備はよろしいですか?

では、カストルム・オリエンスの「ラウバーン」局長のところへ、親書を届けに行きましょう……出発ッ!

 

カストルム・オリエンスのラウバーンと話す

f:id:thirtyfive:20170619152134p:plain

ラウバーンの周りのNPCのセリフ。

双蛇党の将校 :

さっそくですが、森での行動に長けたレンジャーを、 神勇隊や鬼哭隊から選抜して、混交林の偵察を厚くしました。

帝国軍の動向を見逃したくはないですからね。

 

ピピン :

先の勝利で、アラミゴ解放軍との共同作戦も、 問題なく可能であることが証明された。

これは、大きな収穫と言えるだろう。

 

ラウバーンに話しかけてクエストを進めます。

 

ラウバーン :

おぉ、貴様たちか……。

アラミゴ解放軍から伝えたいことでも?

f:id:thirtyfive:20170619152747p:plain

メ・ナーゴ :

はい、コンラッド隊長の使者として来ました。

ひとつの提案があるのですが、その前にまずは私たちの……アラミゴ解放軍の現状をお伝えします。

メ・ナーゴ :

まず、隊長が進めていた連帯関係にある別部隊の勧誘ですが、こちらは順調に進展しており、すでに成果も出ています。

いくつかの部隊が、同盟軍との共闘に同意しました。

メ・ナーゴ :

さらに「暁の血盟」のみなさんの協力もあり、新たな協力者の獲得も、少しずつ進みつつある状況です。

ラウバーン :

うむ、朗報だな。

組織の立て直しに、ある程度の目処がついたと考えても?

メ・ナーゴ :

はい、コンラッド隊長も、そう考えています。

そこでアラミゴ解放軍として、エオルゼア同盟軍に対して、カステッルム・ベロジナ攻略作戦の発動を提案します!

f:id:thirtyfive:20170619152849p:plain

ピピン :

ベロジナ大橋は、交通の要衝……。

アラミゴ解放のためには、いずれ攻略する必要があります。

解放軍の準備が整ったのであれば……。

ラウバーン :

うむ、ためらう理由はないな。

時間をかけるほど、帝国本国からの増援というリスクが高まる。

ラウバーン :

よかろう……アラミゴ解放軍からの提案を了承する。

メ・ナーゴ殿は、急ぎラールガーズリーチに戻り、出撃準備を進めるよう伝えてくれ。

ラウバーン :

ピピンよ、貴様は直ちに偵察に向かい、カステッルム・ベロジナの防衛戦力を確認するのだ。

その上で、攻略作戦の詳細を決定する!

アリゼー :

なら、私たちもピピン少闘将の偵察に同行するわ。

いいでしょ、[プレイヤー名]?

f:id:thirtyfive:20170619153142p:plain

ラウバーン :

協力に感謝する。

それでは、行動開始だ!

 

 

周りのNPCに再度話しかけておきます。

 

ラウバーン :

カステッルム・ベロジナを陥落させれば、アラミゴ攻略の足掛かりとして、利用することができる。

この作戦の意義は大きいということだ。

ピピン :

作戦の成功には、正確な情報が欠かせない。

偵察を地味な任務と侮ってはいけないぞ?

双蛇党の将校 :

いよいよ、カステッルム・ベロジナの攻略ですか……。

大きな戦いになるでしょうから、幻術士を中心とした、救護班を編成しなければなりませんね。

アルフィノ :

「カステッルム」とは、帝国軍における物資中継拠点を意味する。

ここバエサルの長城とアラミゴ方面とを繋ぐ、補給基地といったところかな。

 

アリゼーと話す

f:id:thirtyfive:20170619153330p:plain

 

アリゼー :

ラウバーン局長も、乗り気だったみたいね。

前回の共同作戦の成功が、功を奏した……といったところかしら。

今回も上手くいくように、私たちも協力していきましょう。

アリゼー :

偵察隊を率いるピピン少闘将に、どこに向かうべきか、話を聞いてみなくちゃ……。

f:id:thirtyfive:20170619153400p:plain

 

「ラウバーンの決断」は以上です。

 

↓前のクエスト

FF14セリフ集。パッチ4.0メインクエスト「ラールガーの神符」