さんごーの節約&ダイエット日記。

楽しく節約とダイエット!をしながら日々の学んだ事をまとめていく個人ブログです。

FF14セリフ集。パッチ4.0メインクエスト「ああ美しき玉水」

FF14のパッチ4.0メインクエスト「ああ美しき玉水」のセリフ集です。

海賊衆との協力関係を築こうとするアリゼーたち。

コウジン族が海賊衆のドマ出身の者をさらおうとしている事が明らかになるも、海賊衆はまだ動かない。

そこでアリゼーからの提案で、紅玉海の悪いコウジン族を一手に引き受けるとの提案が。

事が荒立ってきました。

 

↓前のクエスト

FF14セリフ集。パッチ4.0メインクエスト「打ち寄せる波瀾」

 

 

クエスト受注

f:id:thirtyfive:20170622104517p:plain

ラショウに話しかけてクエストを受注します。

 

タンスイ :

口の立つ嬢ちゃんたちだぜ、まったく……。

お前も、よっぽど信頼に足る活躍をしてきたんだな。

アリゼー :

任せてくれて、ありがとう。

啖呵を切ったんだから、あとは実行あるのみ……よね。

f:id:thirtyfive:20170622104534p:plain

 筋違砦のラショウは、話を続ける気があるようだ。

 

ラショウ :

お前たちだけで、コウジン族を引き受ける……そちらがそう提示したからには、海賊衆は観客に徹するぞ。

ラショウ :

ただ、うちの者を世話してくれた礼はしておくべきだろう。

……コウジン族について、ひとつだけ教えておく。

ラショウ :

帝国の軍門に降っているのは、コウジン族の中でも「紅甲羅」と呼ばれる一派だ。

ラショウ :

それに反発し、帝国以外のヒトと交易を続けている、「碧甲羅」という一派を訪ねれば、策のひとつも得られるかもしれない。

ラショウ :

「碧甲羅」の集落へは、南東の「ベッコウ島」にある洞窟から行くことができる。

……あとは、お前たちの出方次第だ。

アリゼー :

ご丁寧に、どうも。

私たちの活躍を見逃さないよう、あなたたちも、コウジン族の動向に注目しておいてよ?

アリゼー :

じゃあ、さっそく「ベッコウ島」に向かいましょう。

……って、いつのまにかリセがいないわね。

探して声をかけないと……。

 

リセを探す

 

f:id:thirtyfive:20170622105715p:plain

リセ :

あれ……[プレイヤー名]……?

どうしてこんなところに……。

リセ :

……って、ほっつき歩いてたのはアタシの方か。

考えごとしてたら、ここまで来ちゃったみたい。

慣れないことは、するものじゃないね……。

アリゼー :

もしかして、私が勝手に大見得きったから、不安にさせちゃったかしら。

リセ :

ち、ちがうよ……!

むしろね、咄嗟にあんなこと言えてすごいなって。

それで……アタシ、もっと頑張らなくちゃって……。

リセ :

交渉ひとつ、自分じゃできない……。

姉さんの真似をしてたけど、中身は全然だ……。

リセ :

ホント、こんなので……みんなを助けられるのかな……。

こんなに遠くまで、来た……けど…………。

f:id:thirtyfive:20170622110109p:plain

アリゼー :

リセ、あなた…………。

リセ :

って、ちがうちがう!

そういうの、ナシって決めてるんだから!

リセ :

次いこう、次ッ!

コウジン族を大人しくさせて、海賊衆のみんなを仲間にする!

それで、どこに行くんだったっけ!

リセ :

…………あの、アリゼ-?

アリゼー :

……最初にギラバニアへ入る前にね。

黒渦団に引き取られてるコボルド族の友人に面会したくって、私、リムサ・ロミンサに行ってきたのよ。

アリゼー :

って、それ自体は、今関係ないんだけど……。

ともかく、その帰りに、タルトのおいしそうな店があって……。

まあ、私はタルトよりクッキー派なんだけど……。

アリゼー :

………………全部おわって落ち着いたら、そこへ行きましょう。

[プレイヤー名]も、もちろん強制連行だから。

リセ :

ヤ・シュトラも誘っていい?

元気になったら、快気祝いをしなくちゃだし!

アリゼー :

……そうと決まれば、進みましょうか。

目指すは「ベッコウ島」、碧甲羅の集落よ!

 

ベッコウ島でアリゼーと合流

f:id:thirtyfive:20170622110443p:plain

リセ :

碧甲羅と、紅甲羅か……。

そういえば、ソロバンもそんな話をしていたような……?

 

アリゼー :

ここが、ベッコウ島でいいのよね。

同じような島が多くて、わかりにくいったら……。

アリゼー :

碧甲羅の集落へは、洞窟で繋がっていると言われたけど……もう少し内側を探してみましょうか。

 

蒼甲羅の集落を探す

f:id:thirtyfive:20170622110723p:plain

リセ :

ずいぶん深い場所に繋がってるみたいだけど…… これが探してた洞窟でいいのかな?

 

洞窟の奥に進みます。

 

f:id:thirtyfive:20170622111443p:plain

アリゼー :

何かしら、妙に明るい気が……。

アリゼー :

すごい……!

これは……大きな水泡の中……?

私たち、海底にいるんだわ!

f:id:thirtyfive:20170622111540p:plain

????:

あれぇ~?

聞いたことある声だなぁって思ったけど、アンタたちだったかぁ~。

リセ :

ソ、ソロバン!?

 

なんで、こんなところに?

ソロバン :

うん~?

なんでもなにも、自分の拠点だしなぁ~。

リセ :

ええっ!?

じゃあ、もしかしてここが、碧甲羅の……!?

ソロバン :

そうだよぉ~。

オイラたちの「碧のタマミズ」へ、ようこそぉ~!

 

アリゼーと話す

f:id:thirtyfive:20170622111118p:plain

 

リセ :

思い出した……!

出会ったときに、ソロバンは碧甲羅だって名乗ってたよね。

ソロバン :

オイラ、あんたたちを向こう側に渡さなかったっけぇ~?

あれれれれぇ~?

 

アリゼー :

まさか、ここでも知人に会うなんてね。

だけど、少しホッとしたわ……。

アリゼー :

さっそくソロバンに事情を伝えて、紅甲羅を押さえこむ方法がないか、相談してみましょう。

 f:id:thirtyfive:20170622111717p:plain

 

「ああ美しき玉水」は以上です。

 

↓前のクエスト

 FF14セリフ集。パッチ4.0メインクエスト「打ち寄せる波瀾」

 

記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。

Copyright (C) 2010 - 2017 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.