さんごーの節約&ダイエット日記。

楽しく節約とダイエット!をしながら日々の学んだ事をまとめていく個人ブログです。

FF14セリフ集。パッチ4.1「英雄の帰還」メインクエストその4「復讐と正義」

FF14のパッチ4.1「英雄の帰還」メインクエスト「廃王の黄金」のセリフ集です。

無事に財宝を発見した3人組は、リセのところに報告に向かうようです。

 

↓前のクエスト 

FF14セリフ集。パッチ4.1「英雄の帰還」メインクエストその3「??????」

↓次のクエスト

FF14セリフ集。パッチ4.1「英雄の帰還」メインクエストその5「超越者の影」

 

 

クエスト受注

 

f:id:thirtyfive:20171013175009p:plain

アラミガン・クォーターのアレンヴァルドは、ニヤニヤしている。

 

アルフィノ :

なんだか最近、からかわれる頻度が増してきた気がするぞ。

何故だ……何故こうなってしまったんだ……!?

 

アレンヴァルド :

冗談はともかくとして、せっかくの朗報なんだ。

「廃王の黄金」を発見したってことを、リセに報せてやらないか?

アルフィノ :

そうだね、きっと喜んでくれることだろう。

確か彼女は、会議のために市街地に来ているはずだ。

「リセ」に声をかけるとしよう。

 

アラミガン・クォーターのリセと話す

f:id:thirtyfive:20171013175320p:plain

リセ :

珍しい取り合わせね。

三人そろってどうしたの?

アレンヴァルド :

リセに報告したいことがあるんだ。

[プレイヤー名]が見つけた、ある物についてね。

リセ :

廃王テオドリックの隠し財宝を発見したですって?

すごいじゃない!

アレンヴァルド :

それで、財宝の使い道なんだが……貧しさに苦しむアラミゴの人々のために使ってもらいたいんだ。

リセ :

アレンヴァルド……。

アルフィノ :

王宮の地下監獄から、財宝の秘匿場所までの地図も作ってある。

後ほど、解放軍の闘士の中から、信頼できる者たちを選抜して、回収に向かわせてもらえると、ありがたい。

リセ :

わかったわ。

あなたたちの想い、決して無駄にしないって約束する。

しっかりと使い方を考えないといけないね。

アレンヴァルド :

ありがとう。

アレンヴァルド :

それと、もうひとつ提案がある。

アルフィノに「廃王の黄金」を元手にした支援策について、検討してもらいたいんだが、どうかな?

アレンヴァルド :

俺は、細かいことが苦手な性分だし、何より学がない。

単に金をバラまくだけじゃ、問題が解決しないことはわかるが、具体的にどうすればいいのかまでは、頭が回らないんだ。

リセ :

いい考えだね。

……アタシからもお願いさせて。

中立の「暁」からの視点で、案を作ってもらえると嬉しいな。

アルフィノ :

……了解だ、任されよう。

解放軍の闘士 :

リセ隊長!

緊急事態がッ!

リセ :

ちょっと落ち着いて……。

そんなに慌てて、どうしたっていうの?

解放軍の闘士 :

解放軍に抗議したいことがあると、市民たちが集まってきていて、大変なことになっているんです。

とにかく、現場まで来てくださいッ!

メ・ナーゴ :

みなさん、どうか落ち着いてください!

刺青をした男 :

落ち着いていられるかってんだ!

ここにいるのは、わかってるんだぞ!

興奮した市民 :

あの売国奴を、皆の前に引きずり出すのよ!

激昂した市民 :

そうだ、そうだ!

リセ :

これは……いったいどうしたっていうの?

メ・ナーゴ :

どこから漏れ伝わったのか、フォルドラが、ここに収監されているのを知って、市民たちが押し寄せてきたんです。

刺青をした男 :

やっぱり、あの「髑髏の処刑人」が、ここにいるってのは、本当だったんだな!?

刺青をした男 :

アンタら、何をグズグズしてるんだ!

あの魔女をここに連れてこい!

俺たちの手で、八つ裂きにしてやるッ!

リセ :

八つ裂きだなんて……それじゃ、帝国のやり方と何も変わらない!

みんな、もっと冷静になろう!

興奮した市民 :

冷静になれですって!

私の婚約者は、髑髏連隊に殺されたのよ!

恨みを晴らさせてちょうだい!

激昂した市民 :

俺の親父もそうだ!

刺青をした男 :

奴は魔女だ!

 売国奴だ!

アンタら解放軍だって、仲間をたくさん殺されたんだろう?

だったら、なんだって奴を隠そうとするんだ!

????:

やれやれ……。

騒乱が生じたと聞いて、来てみれば……。

ラウバーン :

聞け、アラミゴの同胞たちよ!

ラウバーン :

諸君らの怒りも、嘆きも、悲しみも、吾輩もまた、この胸に感じている!

ラウバーン :

痛いほど……そう、まさしく痛みとなって感じられるのだ!

ラウバーン :

だが、考えてほしい!

帝国軍に連れ去られたまま、未だ戻らぬ同胞のことを!

彼らの帰りを待つ、恋人、家族、友人たちのことを!

ラウバーン :

行方の知れぬ彼らは、いずこにいるのか?

これを調べることもまた大切なことのはず!

ラウバーン :

復讐、あるいは正義を求める声は、よくわかる。

ラウバーン :

だが今少しだけ、その決断を下すのを待ってほしい!

殺すのは容易いが、死者に真実を問うことはできないのだから!

ラウバーン :

我らアラミゴの民は、今や新たな国造りを始めている!

ゆえに吾輩は、すべての同胞たちを前に訴えたい!

ラウバーン :

新たに国を担うことになる者たちが、真実を知ることができず、迷うことがあってはならないと!

ラウバーン :

罪人たちを、裁きの場に引き立てる役割は、彼ら新政権の担い手にこそ、任せようではないか!

ゆえに今は辛くとも、この燃え上がる心を鎮めるべきなのだ!

刺青をした男 :

わかった、わかったよ……。

ただ、どうしても……俺は……。

 

リセと再度話す

f:id:thirtyfive:20171013180437p:plain

アルフィノ :

フォルドラたち髑髏連隊は、人種的にはアラミゴ人ではあるが、帝国人として振る舞ってきた。

多くのアラミゴ人にとって、彼女たちは同族殺しと映るだろうね。

アレンヴァルド :

敵ではあるが、捕虜を引きずり出して八つ裂きだなんて、いい気持ちのする言葉じゃあないぜ……。

ラウバーン :

20年間の帝国支配によって、積もってきた恨みを思えば、騒ぎ立てるのも、わからなくもないのだが……。

なかなかどうして、頭が痛い話だ。

メ・ナーゴ :

ラウバーン局長の言葉には力がありますね。

市民たちを解散させてくれて、本当に助かりました……。

 

リセ :

……ありがとう、ラウバーン。

怒っている人たちの声を聞いたら、なんだか呑まれちゃって……。

ラウバーン :

難しい問題だな。

彼らが抱く怒りは、アラミゴ奪還に向けた戦意の源でもあった。

目的が達成された今、その感情が無節操な私刑に向かいつつある。

メ・ナーゴ :

はい……。

今回の騒動以外にも、各地で私刑の動きが見られるんです。

メ・ナーゴ :

帝国統治下で、帝国人たちに取り入ることで、利益を得ていた人たちが、売国奴と呼ばれて非難されていて……。

暴力沙汰も、何件か報告されているのが現状です。

メ・ナーゴ :

ゼノスをはじめとする帝国軍の将兵たちを埋葬した墓まで、荒らされたという話もあるくらいで……。

リセ :

ギラバニアに生きるすべての人たちが、種族や性別、出身にかかわらず、協力する国を造りたい。

そんな理想を掲げてみても、現実は厳しいね……。

リセ :

でも、沈んでばかりはいられない。

これからアラミゴを、どんな体制の国にするのかを決めるため、代表者会議が開催されるんだから……!

アレンヴァルド :

代表者会議……?

リセ :

ええ、アラミゴ都市内だけではなく、各地の集落や、ギラバニアの外に逃れていた難民たちに、代表者を派遣してもらって、国造りについて話し合うんだ。

リセ :

もちろん、アナンタ族やキキルン族といった、獣人種族に対しても、参加を呼びかけているよ。

ラウバーン :

この会議だけは、何としても成功させねばならん。

アラミゴという国の未来を左右する、大切な時期だからこそ、フォルドラの処遇を巡って、対立が広がるのは避けたいところだな。

メ・ナーゴ :

ただ、フォルドラのことですが、これまでの行動から、処刑を求める意見もわかるんです。

何より、獄中の彼女自身が死刑を求めていますし……。

リセ :

ナーゴ!

それはしないって、言ったはずでしょう!

リセ :

彼女を処刑すれば、みんなの気持ちが鎮まるかもしれない。

でも、死と恐怖で国を導いてしまったら、廃王テオドリックや、ゼノスと何も変わりがなくなってしまう。

アレンヴァルド :

なぁ、フォルドラと面会させてくれないか?

俺は戦いの最中で、彼女の過去を垣間見ているんだ。

アレンヴァルド :

彼女がやってきた行為は、もちろん許せないものだろう。

とはいえ、生まれついた時代に翻弄された部分だって、確かにあったはずだから……俺は…………。

リセ :

……わかった。

面会するつもりなら、「捕虜収容所の衛兵」に声をかけて。

アタシも彼女と話してみたいから、同行させてもらうわ。

ラウバーン :

それでは吾輩は、任務に戻るとしよう。

件のフォルドラが処置を受けた、研究所の調査の途中だったのでな。

難しい局面だが、あまり感情に流されぬよう気を付けるのだぞ。

 

捕虜収容所の衛兵と話す

捕虜収容所の衛兵 :

捕虜との面会でありますか?

フォルドラ・ルプス :

誰かと思えば……。

揃いも揃って、敗者を嘲笑いに来たのか?

フォルドラ・ルプス :

いや、それともようやく、私の願いを聞き届ける気にでもなったのか?

この無駄な命を終わらせてくれるなら、歓迎してやるぞ。

リセ :

どちらでもないよ。

リセ :

言ったでしょう、生きさせるって……。

でも、それは嘲笑うためでも、勝ち誇るためでもない。

フォルドラ・ルプス :

無駄なことを……。

フォルドラ・ルプス :

そう、全部無駄なんだよ。

もう生きている意味なんて、これっぽっちもありはしない!

フォルドラ・ルプス :

仲間たちは、ほかならぬ私の手で死に、そして、私はお前たちに敗れた……!

もう生きている意味なんて……!

アレンヴァルド :

そうじゃないだろ!

今さら、本音を隠そうとするなよ!

アレンヴァルド :

アンタは、冷酷だったけど、馬鹿じゃない。

すべてを投げ打ってでも、未来のため自由を掴もうとした!

アレンヴァルド :

それが、仲間の死を踏み台にすることだとしても、アンタの決意だけは、誰がどう言おうと本物だったはずだ!

アレンヴァルド :

俺は……俺は、それを知っている!

フォルドラの母 :

フォルドラ!

さあ、よそ見をしないで、ちゃんと歩いてちょうだい。

今日の晩餐会には、ガイウス閣下もいらっしゃるのよ。

フォルドラ :

はーい。

フォルドラ :

ねえ、お父さん、ガイウスかっかってだぁれ?

教えて、教えて?

フォルドラの父 :

また、フォルドラの教えて、教えてがはじまったね。

フォルドラの父 :

いいかい、ガイウス閣下は、ここアラミゴの総督を務める立派な御方さ。

はやく行かないと、お目通りできなくなってしまうよ。

不満を抱えた属州民 :

ケッ……売国奴が……。

フォルドラ :

ねえ、お父さん、ばいこくどってなぁに?

教えて、教えて?

不満を抱えた属州民 :

ヘッヘッヘ……売国奴ってのはな、嬢ちゃん。

国や仲間を売り払って、自分だけが美味い汁を吸おうとする、お前の父ちゃんや母ちゃんみたいな、薄汚いクズ野郎のことさ!

フォルドラ :

お、お父さんも、お母さんも、優しいんだよ!

クズなんかじゃないもん!

不満を抱えた属州民 :

その優しさってのはな、俺たちの血で出来てるんだよ!

……卑しいガキめッ!

フォルドラの父 :

危ない!

フォルドラの母 :

ああ、軍人さん!

どうかお助けください!

 主人が……娘が……!

帝国軍の千人隊長 :

栄えあるガレマール帝国軍は、属州民同士の喧嘩になど、付き合っているヒマはない。

フォルドラの母 :

そ、そんな、私たち一家は、市民権を持っているんですよ……!

フォルドラ :

お、お父さん……怖いよぅ……。

フォルドラの父 :

大丈夫……大丈夫だ……。

いずれ、みんなわかってくれる……。

反抗だけが、生きる道じゃないんだ……。

帝国軍の千人隊長 :

蛮族同士の小競り合いなど、好きにさせておけ。

ガス抜きには丁度いい……。

フォルドラの母 :

フォルドラ、行かないでちょうだい!

貴女は市民権を持つ、立派な帝国人なのよ!

だから、軍に志願する必要なんてないわ……!

フォルドラの母 :

貴女……その刺青は……!

フォルドラ :

見れば、わかるでしょう?

死んだ父さんと同じ、アラミゴ伝統の刺青なんだから。

フォルドラの母 :

そんなことをしたら、あなたも「蛮族」だって思われてしまうわ!

フォルドラ :

私も帝国人なんじゃなかったのかしら、母さん?

フォルドラ :

結局、そういう事よ。

いくら市民権を持っていたって、生粋のガレアン族からは、蛮族と呼ばれ、同じ帝国人とは見てもらえない……。

フォルドラ :

だったら、軍に入って、誰にも文句を言わせないほどの力を手にするしかないんだ。

父さんのように、ならないためにも……!

フォルドラ :

アンスフリッド、フルドルフ、エメリン……!

覚悟はいいね!

フォルドラ :

私たちは力を手に入れる……。

どんなに苦しくとも、たとえこの中の誰かが死のうとも……その屍を踏みしめて少しでも上へ……自由を掴むために!

アレンヴァルド :

アンタ、人柱になるつもりじゃないのか?

自分が憎しみを背負って処刑されれば、民衆の心は団結する。

だから……!

フォルドラ・ルプス :

違う……!

アレンヴァルド :

死にたいだけなら、いくらでも機会はあったはずだ。

服なり毛布なりを使えば、首だって……!

それをしないのは……!

フォルドラ・ルプス :

黙れッ!

アレンヴァルド :

いいや、黙るものかよ!

だって俺は……!

フォルドラ・ルプス :

……そうか貴様ら、私の過去を視たな!?

フォルドラ・ルプス :

だが、貴様らが視たものなど、私の……私たちのほんの一部だけだろうがッ!

フォルドラ・ルプス :

知った風なことを、二度と口にするな!

私は、お前たちが考えるような女じゃない!

フォルドラ・ルプス :

結局は父を殺した奴らを、父を見捨てた奴らを、見返してやりたかっただけだッ!

……こんな紛い物の力にすがってまでなッ!!

フォルドラ・ルプス :

こんな人の手に余る力を持って……なんで……平然としていられるんだ!?

フォルドラ・ルプス :

わけのわからない、他人の人生を見せられて……苦しんで、裏切られ、身勝手な想いを託されてまで……どうして、お前は歩みを止めない……どうしてッ!

 

何と答える?

  • ……観た通りだ
  • 託された思いがある
  • 守りたいものがある

「観た通りだ」を選びます。

 

フォルドラ・ルプス :

クソッ……クソッ……!

リセ :

時間だけは、まだある……。

だから、もう少し、これからのことも考えてみてよね。

リセ :

行こう、みんな……。

 

「復讐と正義」は以上です。

 

↓前のクエスト

FF14セリフ集。パッチ4.1「英雄の帰還」メインクエストその3「??????」

↓次のクエスト

FF14セリフ集。パッチ4.1「英雄の帰還」メインクエストその5「超越者の影」

 

記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。

Copyright (C) 2010 - 2017 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.