さんごーの節約&ダイエット日記。

楽しく節約とダイエット!をしながら日々の学んだ事をまとめていく個人ブログです。

FF14セリフ集。パッチ4.0メインクエスト「神託とともに」

FF14のパッチ4.0メインクエスト「神託とともに」のセリフ集です。

ドマの君主ヒエンと再会した冒険者たち。ヒエンはどうやらアジムステップのアウラ達との戦に勝って、彼らを戦力に加えようとしているようです。 

 

↓前のクエスト

FF14セリフ集。パッチ4.0メインクエスト「ひとりの同志」

↓次のクエスト

FF14セリフ集。パッチ4.0メインクエスト「英雄に必要なもの」

 

 

クエスト受注

ヒエンに話しかけてクエストを受注します。

 

f:id:thirtyfive:20170626163820p:plain

 再会の市付近のヒエンは、終節の合戦について話したいようだ。

 

ヒエン :

さぁて……そなたら、「終節の合戦」のことは知っておったようだな。

ヒエン :

わしも療養中に聞いただけだが、つまるところ、あれは一帯の地主を決める戦よ。

ヒエン :

勝者となった部族には、あらゆる権利が認められる。

ドマへの出兵を願うことも……まあ前例はなかろうが、道理の内だ!

ゴウセツ :

しかし、我々はどの部族に属しているわけでもござらん。

そう易々と、合戦に参加できるものでござろうか?

ヒエン :

そこについては、シリナから、手段がないわけではないと聞いておる。

ヒエン :

そなたらに話したかはわからんが……実は、シリナの属するモル族も、今回の合戦に参加することになっておってな。

ヒエン :

わしは、モル族に加勢したいと申し出て、その一員として合戦に出る方法を聞こうと思っておる。

ヒエン :

……ということで、だ!

さっそくモル族の住まう「モル・イロー」へゆこう!

彼らは遊牧の民だが、今はここより北に居を構えておるぞ。

 

ヒエンと話す

ゴウセツ :

あちこちで、野生の獣が目を光らせておる……。

なるほど、聞き及んでいた以上に、試練の大地よ。

リセ :

シリナもさ、この道をひとりで帰ったってことだよね?

なんだかんだで、たくましいんだなぁ……。

 

ヒエン :

おお、来たな!

この先に見える天幕の集まりが「モル・イロー」だ。

ヒエン :

一番大きな天幕の中に、族長である「テムルン」婆がおる。

まずは彼女に、話を通さねばな!

 

テムルンと話す

ヒエン :

さて、この天幕の中だ。

あの「テムルン」婆が相手とならば、偽りなく望みを申すのがよいか……。

ゴウセツ :

ユウギリにも、あれだけ大見得を切ったのだ。

この交渉、失敗するわけにはいかぬでござるな。

リセ :

再会の市と比べると、小ぢんまりしてるね。

それに、不思議な楽器の音がする……。

なんだかあったかいな。

 

天幕の中に入ってテムルンと話します。

テムルン :

あら……。

ふふふ、ちょうど来るころだと思っていたのよ。

ヒエン :

テムルン婆、シリナ、ただいま戻ったぞ。

シリナ :

あっ……!

みなさん、ちゃんと会えたんですね。

よかったぁ……。

テムルン :

おかえりなさい、ヒエン。

それに、ドマのお仲間と、西から来た解放者のおふたりも……。

リセ :

アタシたちのこと、知ってるの?

テムルン :

ええ、神々が囁いていたわ。

あなたたちはみんな、とても明るい星だから……。

シリナ :

私たちモル族は、神様からの言葉……「神託」を受けて、日々を暮しています。

祖母は、その神託を受けるシャーマンなんです。

ヒエン :

婆よ、モル族の族長としてのそなたに、相談がある。

わしは、故郷の解放に、この草原中の猛者を借りることにした。

ヒエン :

それを成すべく、「終節の合戦」に参加したい。

わしらを、モル族の闘士として、改めて迎えてはくれんか?

シリナ :

だ、だめですヒエンさん……!

確かに今回は、神託によって、うちの一族も合戦に参加することになっています……。

シリナ :

でも、まず勝ちなんて見込めない、弱小の部族です。

みなさんの活動のお役には立てません……!

ヒエン :

なに、弱小なのは、今の戦力で見た場合だろう。

わしらを加えれば、きっとひっくり返せるぞ。

ヒエン :

どのみち、優勢な部族に加わって勝ったところで、わしらの功績になんぞなるものか。

それでは、ドマへの出兵など、到底容認されんだろうよ。

テムルン :

そうね……。

もしかしたら、私たちに戦いの神託がおりたのも、この宿命を予期してのことだったのかもしれないわ……。

テムルン :

みなさん、モル族の族長として、協力をお願いします。

どうか、「終節の合戦」を、私たちとともに戦ってください。

テムルン :

シリナ、みなさんのことをお願いしてもいいかしら?

シリナ :

それでは、ひとまずこちらへ。

仲間として……いろいろと、ご案内しますね!

テムルン :

ああ、あなた。

少しだけ、待ってちょうだい。

テムルン :

あなたは、ひときわ眩い輝きを宿しているのね。

まるで、私たちを創りたもうた夜の神を飾る、もっとも明るき星のよう……。

テムルン :

あなたに応え、星々は瞬く。

集いし光はいずれ、神々の秘め事さえも暴くでしょう。

テムルン :

彼らもまた、あなたと輝きをわかちあうもの……あるいは、光を託して消えゆく星のひとつ。

きっと、あなたがそこへ至る力になってくれるわ。

テムルン :

出会いを大切に、ということよ。

あなたは旅人なのだから。

 

あるいは、光を託して消えゆく星のひとつ。」これは誰かまた死ぬフラグだろうか…

 

シリナと話す

リセ :

「終節の合戦」かぁ……。

どんな猛者と戦うことになるんだろう。

リセ :

でも、相手が強いぶんだけ、ドマ奪還への強い味方ができるってことだもんね。

よしっ……いっちょ、やっちゃるよっ!

ヒエン :

モル族のいう「神託」については、長く世話になっておるわしでも、理解しきれておらん。

ヒエン :

ただ、巡りあわせという概念ならわかる。

此度のこの巡り、必ずや良い結果を招こう。

なあ、[プレイヤー名]!

ゴウセツ :

若の弁が立つところは、いったい誰に似たのか……。

まず父上ではなかろうが、となると……。

 

シリナ :

[プレイヤー名]さん、モル・イローにようこそ!

合戦に参加するなんて……って、毎日不安ばかりでしたが、みなさんが来てくださって、少し安心しました。

シリナ :

みなさんが合戦の参加者となるには、私たちの承諾を得るほかに、越えなければならない試練があるんですが…………

シリナ :

何よりも先に、大事な、大事なことがあるんですっ!

 

「神託とともに」は以上です。

 

↓前のクエスト

FF14セリフ集。パッチ4.0メインクエスト「ひとりの同志」

↓次のクエスト

FF14セリフ集。パッチ4.0メインクエスト「英雄に必要なもの」

 

記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。

Copyright (C) 2010 - 2017 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.