さんごーの節約&ダイエット日記。

楽しく節約とダイエット!をしながら日々の学んだ事をまとめていく個人ブログです。

FF14セリフ集。パッチ4.0サブクエスト「弱すぎる剣聖」

FF14のパッチ4.0サブクエスト「弱すぎる剣聖」のセリフ集です。

ドタール族の剣士マウシは、前世が強い剣聖だったのに自分が弱い事に悩んでいます。

彼の修行を手伝いをすることになりました。

 

↓前のクエスト

FF14セリフ集。パッチ4.0、アジムステップの風脈クエスト(15)「「七剣」マウシの悩み」

↓次のクエスト

FF14セリフ集。パッチ4.0サブクエスト「マウシの活路」

 

 

クエスト受注

マウシに話しかけてクエストを受注します。

 

f:id:thirtyfive:20170628123217p:plain

 ドタール・カーのマウシは、修行に付き合ってほしいようだ。

 

マウシ :

旅人さん、修行に付き合ってくれるのかい?

恩に着るよ、ありがとう!

それで……ええっと、名前を教えてくれるかい?

マウシ :

それじゃ、[プレイヤー名]さん、さっそくだけど、実際に戦ってみてくれないか?

君の戦う姿を見て、戦闘のコツを学びたいんだ。

マウシ :

今の俺に足りないものに、気づけるかもしれないからね。

戦う相手は、砂漠にいる火の精にしてもらおうかな。

おびき寄せておくから、外で落ち合おう!

 

マウシと話し、ナーマ・アナラを討伐

マウシ :

突き当りに、食べ残しの家畜の脂身をばら撒いておいたよ。

よく燃える脂は、火の精である、「ナーマ・アナラ」の好物でね……。

マウシ :

俺はここで、見学させてもらうよ。

さあ、さっそくのお出ましのようだ、倒してくれ!

 

マウシと話す

マウシ :

なるほど、なるほど……。

流儀は違えど、間合いの取り方や、敵との呼吸の合わせ方、いろいろと参考になったよ、ありがとう。

マウシ :

よし、学んだことは、さっそく実践しないとな!

そろそろ、ドタール・カーで訓練試合の時間だから、久しぶりに参加してくるよ!

 

マウシと再度話す

 

マウシ :

いたたた……[プレイヤー名]さん……。

ごめん、ご覧のとおり、あっさりと負けちまったよ……。

これじゃあ誰も、俺が「七剣」だなんて思ってくれないよな……。

ドタール族の女 :

まさか、「七剣」マウシが、こうもあっさり負けるとはね……。

ドタール族の男 :

……そ、そうか!

「七剣」マウシは、あまりに強すぎるから、あえて負けて、相手に自信をつけさせてやったんだな!

ドタール族の戦士 :

うーむ、格下相手に優しくしたいのはわかるが、今度は手加減せず、戦ってくれよ!

そうじゃないと、訓練の意味がないからな!

クーラン :

あんたら、マウシのこと全然わかってない!

こいつは本当に弱いんだよ!

それなのに、みんな圧力ばっかりかけて……。

クーラン :

……あんたは、こいつの知り合い?

私の名はクーラン、マウシとは幼馴染でね。

真の実力は、よく知ってるつもりさ……。

クーラン :

あんたも、マウシが本当は弱いってこと、聞いてるんだろ?

それならさ、私の手伝いをしてくれないか。

こいつの将来、どうにか良くしてやりたいんだよ……。

 

「弱すぎる剣聖」は以上です。

 

↓前のクエスト

FF14セリフ集。パッチ4.0、アジムステップの風脈クエスト(15)「「七剣」マウシの悩み」 

↓次のクエスト

FF14セリフ集。パッチ4.0サブクエスト「マウシの活路」

 

記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。

Copyright (C) 2010 - 2017 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.