さんごーの節約&ダイエット日記。

楽しく節約とダイエット!をしながら日々の学んだ事をまとめていく個人ブログです。

FF14セリフ集。パッチ4.0メインクエスト「少女ノ目」

FF14のパッチ4.0メインクエスト「少女ノ目」のセリフ集です。

魔導障壁を操作するための資料をシドから取り寄せ、ドマ攻城戦の準備が整ったようです。 

 

↓前のクエスト

FF14セリフ集。パッチ4.0メインクエスト「必中仕事人タタル」

↓次のクエスト

FF14セリフ集。パッチ4.0メインクエスト「ドマ民一揆」

 

 

クエスト受注

アルフィノに話しかけてクエストを受注します。

 

ユウギリ :

1年前の反乱の折、忍びの里からも、帝国に寝返る者が出た。

そのせいもあって、里にも大きな被害が出てな……。

ユウギリ :

今も残っている忍びたちは、あの日の無念を胸に抱いて、再び忠義を誓い、鍛練を積んできた者たちなのだ。

 

f:id:thirtyfive:20170629144941p:plain

 烈士庵のアルフィノは、気にしていることがあるようだ。

 

アルフィノ :

[プレイヤー名]、もし君の手が空くようなら、アリゼーも手伝ってやってはくれないか?

アルフィノ :

彼女は、戦の準備を進めながら、定時の哨戒もこなしてくれていてね。

ちょうどそろそろ、時間だと思うんだ。

 

アリゼーと話す

 

アリゼー :

……哨戒任務の手伝い?

確かに大事な戦いの前だし、目は多い方がいいか……。

よろしくお願いするわ。

アリゼー :

ゼノスの暗殺未遂からこっち、帝国軍は、大きな動きを見せていない。

それどころか、村々の粛清もぱったり途絶えたの。

アリゼー :

だけど、彼らが何もしていないわけじゃない。

国をまるごと大粛清するために兵を整えながら、ときどき、偵察を送り込んできているのよ。

アリゼー :

私たちは、それを掃わなきゃならない。

今回は烈士庵の北側を、何箇所か見回ることになってるわ。

さ、行きましょ!

 

指定地点で見渡す

アリゼー :

ここが1箇所目ね。

あなたも、そこから見渡してみてくれる?

 

アリゼー :

……とりあえず、ここは問題ないみたい。

このまま、次の地点に行きましょう。

 

2箇所目

アリゼー :

さて、次はこの周辺だけど……。

 

アリゼー :

ここも大丈夫ね。

最近は、烈士庵にかなり近いところまで嗅ぎ付けられてたから、警戒していたんだけど……。

アリゼー :

念のため、もう少し見回っていきましょう。

 

アリゼーと話す

アリゼー :

……突然襲ってきたから、とっさに斬っちゃったんだけど。

どうしようかしら、これ……。

こんな街道のまんなかに転がしておけないわよね……。

 

何と言う?

  • だいぶ強くなったな
  • 自分で片づけろ

「だいぶ強くなったな」を選びます。

 

アリゼー :

…………別に、あなたほどじゃないわよ。

戦争でどこまで役に立てるかもわからないし。

剣と魔法を使った戦い方が、私に合ってただけだわ。

アリゼー :

ひとりで旅していたときに、この戦い方をする、やたら強いミコッテ族に出会ってね。

少しの間だけだったけど、手ほどきを受けたのよ。

アリゼー :

それでも、細剣の扱いには不慣れだったから、我流のエーテルの刃を、要所で使う程度だったんだけど……ウリエンジェが用意してくれた細剣は、扱いやすくて助かるわ。

アリゼー :

それはともかく、哨戒任務の続きもしなくちゃ。

あなたは先に、見回りに戻っていてくれる?

アリゼー :

以前、帝国兵が村人に変装しているってこともあったから、もし怪しげな奴がいたら、声をかけてみて。

私も、これをどうにかしたら合流するわ。

 

 

怪しい人物を探す

眼光鋭い老人 :

……おや、何かご用ですか。

私たちは、ここらを拓いて新しい田畑をと思いましてね。

土地を調べているだけですよ。

眼光鋭い老人 :

なんです……?

まさか疑っていらっしゃるのですか?

めっそうもありませんよ…………。

眼光鋭い老人 :

……なあ、みんな。

この方に、私たちの事情を説明してやってくれ。

 

偽装した帝国兵を討伐→アリゼーと話す

眼光鋭い老人 :

くっ……。

 

アリゼー :

あなたが襲われるのが遠目に見えたから、逃げてきたこいつを、足止めしといたわ。

……帝国の手の者ね?

眼光鋭い老人 :

私も……ついに年貢の納め時か……。

長くこの地で活動してきたが、まさかドマ人でもない、よそ者に引導を渡されるとはな……。

眼光鋭い老人 :

何を思ってドマに手を貸しているのかは知らぬが、そう易々と取り戻せるとは思うなよ……。

あの娘……ヨツユは、この国から最後まで奪い続けようぞ。

アリゼー :

[プレイヤー名]……ッ!

 

ここで超える力の過去視が始まります。

 

眼光鋭い帝国兵 :

……という次第で、ナエウリ家に特別恩賞を渡しにきた。

教師たちも、アサヒの優秀さには一目置いているそうだ。

眼光鋭い帝国兵 :

今後の努力次第では、本国の魔導院に留学できる可能性もある。

こんな辺境の属州には、めったにない誉であるぞ。

引き続き、精進するように。

気の強そうな女 :

ハハァ、恐悦至極にございますぅ!

息子の優秀さには、ワタクシたち両親も驚くばかりで……きっと帝国式の教育と相性がよいのですわ、オホホ!

やせこけた少女 :

かかさま……畑の方、おわった…………。

気の強そうな女 :

ちょいとヨツユ!

お客様の前には出てくるなと言っただろう!?

ああもう、小汚い……あっちへお行き!

ヨツユ :

……………………はい。

眼光鋭い帝国兵 :

……今のは?

お前の娘かね?

気の強そうな女 :

いえ、そのぉ……死んだ姉夫婦の娘でして……養ってやってるのに、言いつけを守らないので困っております。

眼光鋭い帝国兵 :

ふむ……学舎には寄越しているか?

あの年頃の児童には、教育を受けさせるべしと、属州法で定められているはずだが……。

気の強そうな女 :

あ、ああ、はい!

ときどき……それなりに……何せ、体が弱いものでして……オホホ……。

アリゼー :

危なかった……。

アリゼー :

ちょっと、いきなりぼうっとしちゃって、どうしたの?

もしかして、具合でも悪かった……?

アリゼー :

そう、ならいいけれど……絶対に無理はしちゃだめだからね。

私は先に戻って、こいつらのことを報告しておくわ。

 

アリゼーと再度話す

 

アリゼー :

哨戒任務、おつかれさま。

……付き合ってくれて、ありがとう。

アリゼー :

襲ってきた帝国兵については、みんなに報告しておいたわ。

こっちも向こうも、いよいよ情報は隠し通せない……戦備を整えて先に動いた方が、圧倒的に有利になる。

アリゼー :

正念場ね……。

私も、すぐにほかの準備にまわるわ。

あなたにもそうしてほしいけれど……ねえ、本当に大丈夫?

 

 「少女ノ目」は以上です。

 

↓前のクエスト

FF14セリフ集。パッチ4.0メインクエスト「必中仕事人タタル」

↓次のクエスト

FF14セリフ集。パッチ4.0メインクエスト「ドマ民一揆」

 

記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。

Copyright (C) 2010 - 2017 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.