さんごー日記。

映画や本やゲームの感想をゆるく記録したり、プログラミングの勉強をゆるく記録するゆるい日記です。

FF14セリフ集。戦士Lv80クエスト(漆黒編)「戦士の帰還」

ファイナルファンタジーXIV コンプリートパック|ダウンロード版

ファイナルファンタジーXIV コンプリートパック|ダウンロード版

 

 

FF14の戦士Lv80クエスト(漆黒編)「戦士の帰還」のセリフ集です。

 

前のクエスト

FF14セリフ集。戦士Lv70クエスト(紅蓮編)「燃えよゴージ!」

 

 

クエスト受注

f:id:thirtyfive:20190712003436p:plain

 

キュリアス・ゴージ :

おう、オメか……。

あれから、オラは修行一筋の毎日だが、ここ最近、どうにも身が入らなくて困ってるんだ……。

キュリアス・ゴージ :

オメの方は、またしても腕を上げたようだが、いったい、どうやって鍛えたってんだ?

何と言う?

  • 第一世界で鍛えた
  • ディカイオシュネーと戦って鍛えた

「第一世界で鍛えた」

 

キュリアス・ゴージ :

なんだそりゃ……?

今日はもう修行を切り上げるんで、焚火にでも当たりながら、詳しく聞かせてくれねえか?

キュリアス・ゴージ :

異世界なんてもんにも驚きだが……オラ、グランソンて男が、愛する女のために、仇討ちするって話には、涙が止まらなかったぞ……!

キュリアス・ゴージ :

そして、オメの話を聞いて確信しちまった。

オラが修行に集中できていない理由を!

キュリアス・ゴージ :

それは「愛」ッ!

キュリアス・ゴージ :

先日、ドルゴノに手紙を送ったんだがな……いつまで経っても、アイツから返事がこねえんだよ!

キュリアス・ゴージ :

オラ、忘れられちまったのか?

それとも、ドルゴノに……ほかの……!

キュリアス・ゴージ :

とにかく、オラ、アイツのことが気になって、どうかしちまいそうで、修行どころじゃなかったんだ。

キュリアス・ゴージ :

だが、グランソンの話を聞いて決意した。

愛する人がいつまでも健在とは限らねえ、もしかしたら、アイツの身にも何かあったのかも……。

キュリアス・ゴージ :

オラはアジムステップまで、ドルゴノに会いにいくぞ!

それじゃあ、行ってくる……!

ドルゴノ :

[プレイヤー名]でねえか!

斧術士ギルドで、ゴージの居場所を聞いて来たんだが、まさか、オメに会えるなんてな……!

ドルゴノ :

ゴージがオラに会うため、アジムステップに……?

まったく、しょうがねえヤツだな。

ドルゴノ :

手紙なんかよこされても、文字のねえオラの部族じゃ、山羊に食われるだけだ。

まあ、そのうち戻ってくるだろうし、放っておこうぜ。

ドルゴノ :

今回、エオルゼアに来たのは、ほかでもねえ……部族のために戦ってくれた、オメとゴージに、長老がどうしても礼を伝えたいというんで、連れてきたんだ。

ルヴサン :

ケレル族の長老、ルヴサンと申します。

わが部族のために、チャガン族を倒してくれたこと……

ルヴサン :

そして、わが末娘、ドルゴノの面倒を見てもらい、「悪鬼憑き」まで治してくださったこと、深く感謝します。

ドルゴノ :

それは、言わねえ約束だろうが……。

ルヴサン :

部族を護るためとはいえ、娘を追放するのは断腸の思いでしたが、あなたのおかげで、ドルゴノは戻ることができた。

本当にありがとうございました。

ルヴサン :

あなたとゴージさんには、お礼の印として、馬を30頭ほど贈りたいのですが……

ドルゴノ :

急にそんなもん贈られても、エオルゼアの者にとっては、迷惑なだけだ!

礼は伝えたんだから、もういいだろ……?

ルヴサン :

それでは次は、お前が身を置いていたという、黒渦団の戦士隊のもとに、お礼に向かおう。

ドルゴノ :

よかったら、オメも来てくれねえか?

親父とふたりだと、どうもやりにくいんだ……。

 

 

モラビー造船廠のブロークン・マウンテンと話す

ブロークン・マウンテン :

[プレイヤー名]も一緒だったか。

まさか、ドルゴノの父君の訪問を受けるとはな……。

ルヴサン :

わが末娘、ドルゴノの面倒を見てもらい、どうもありがとうございました。

お礼の印に、山羊を50頭ほど……ドルゴノ :

だから、そういうのは迷惑だって言っただろ!

ブロークン・マウンテン :

こちらこそ、短い間ではありましたが、ドルゴノには戦士隊で大きな戦力になってもらいました。

できれば、また復帰してもらいたいくらいですよ。

ルヴサン :

ところで、失礼を承知でお聞きするのですが……あなたは戦士隊の教官でありながら、なぜ斧を持たないのでしょう?

ブロークン・マウンテン :

実は……私はかつて「原初の魂」に飲まれた弟……おっと、そちらでは「悪鬼憑き」と呼ぶのでしたな。

その状態に陥った我が弟に、手ひどくやられまして……。

ブロークン・マウンテン :

大怪我を負い、戦士として再起不能になってしまったのです。

お恥ずかしいことに、そのときは私自身も、「悪鬼憑き」となっていたのですがね……。

ルヴサン :

なるほど……。

私どもケレル族にも、手ひどい怪我を負って、戦えなくなった者がいました。

ルヴサン :

しかし、呪医でもあるこの私が、治療儀式を行うことによって、斧使いとして復帰させたことがあります。

ブロークン・マウンテン :

な、なんですと……!?

そ、そ、それは……大変興味深いッ!!

ルヴサン :

ドルゴノがお世話になったお礼として、あなたにも儀式を行い、ぜひ戦士として復帰してもらいたい。

ブロークン・マウンテン :

願ってもないことです!

どうか、よろしくお願いします……!

ルヴサン :

治療儀式には苔の一種、「シビレゴケ」が必要です。

ここに来る途中で、自生しているのを見かけたので、まずはそこへ向かいましょう。

ブロークン・マウンテン :

戦士隊の皆は訓練があるので、もう戻ってもらおう。

ブロークン・マウンテン :

それでは、残りの者で向かうとしよう!

 

シダーウッドのルヴサンと話す

ドルゴノ :

ところで、オラは18人兄弟の末っ子だけど、オメは何人兄弟だ……?

ルヴサン :

この辺りの岩に、シビレゴケが自生しているようです。

私はブロークン・マウンテン殿と、治療儀式の支度をするので、どうか、あなたとドルゴノで集めてもらいたい。

ルヴサン :

その際は、「亀裂入りの岩」を砕くといいでしょう。

シビレゴケは、岩の隙間に生える種ですからな。

ドルゴノ :

岩砕きといえば、斧術士ギルドにいた頃を思い出すな……よし、いっちょやるか!

 

亀裂入りの岩にヘヴィスウィングしてシビレゴケを入手→ルヴサンにシビレゴケを渡す

ルヴサン :

亀裂入りの岩を砕き、シビレゴケを集めてきてもらえましたかな?

ルヴサン :

ご協力に感謝します。

ところで、あなたにお話ししたいことがあります。

それもわが娘、ドルゴノの件で……。

ルヴサン :

彼女も年頃となりました。

そろそろよい縁談がないものかと、親として気にかけてます。

ルヴサン :

しかし、ドルゴノはケレル族の戦士たちに、まったくもって興味を示そうとしない……。

もしや、彼女にはすでに心に決めた者がいるのでは?

ルヴサン :

そう思い至り、エオルゼアに赴いて、あなたに熱いまなざしを向ける、我が娘を見て確信しました。

ドルゴノの想い人は遠い異国の地にいたのだと……。

ルヴサン :

チャガン族を倒した実力を持つ、あなたならば、親としても文句のつけようがない。

ルヴサン :

[プレイヤー名]さん、どうかわが娘を、ドルゴノをもらってください……!

何と答える?

  • やることがある
  • エターナルバンドしている
  • 心に決めた人がいる
  • ゴージが……
  • よろこんで!

「やることがある」

 

ドルゴノの声 :

おいっ!

オラがいないところで、勝手に決めるな……!

ドルゴノ :

オラにはもう、約束した人がいるんだ!

それは、[プレイヤー名]じゃねえ……!

ルヴサン :

そうだったのか……私は、てっきり……。

では、いったい誰が……ドルゴノ :

もう、その話はいい!

オラもシビレゴケをとってきたから、早く治療儀式を始めてくれ!

ルヴサン :

も、申し訳ありません、いまの話は忘れてください……。

それでは、治療儀式の支度もできているので、ブロークン・マウンテン殿のもとへ向かいましょう。

 

 

ルヴサンと話す

ドルゴノ :

まったく……勝手な親父には困ったもんだ……。

ブロークン・マウンテン :

ケレル族の治療儀式とは、いったいどういったものか……。

やや、緊張してきたぞ……。

ルヴサン :

さて、集めてもらったシビレゴケは、すでに煎じて、ブロークン・マウンテン殿に飲んでもらいました。

ルヴサン :

そして、この治療儀式は、屈強な武人の力によって完遂されます。

有数の戦士たる[プレイヤー名]さんこそ、その役目に相応しいでしょう。

ルヴサン :

ブロークン・マウンテン殿の「太陽神アジムの熱気」……こちらでいう「原初の魂」を呼び覚ますため、あなたから彼に、強烈な一撃を与えてください!

ブロークン・マウンテン :

な、なんですと!?

ちょ、ちょっとお待ちください……

ルヴサン :

手を抜くと、治療儀式は失敗してしまう、さあ、遠慮なくやってください!

 

ブロークン・マウンテンにヘヴィスウィングをする

ルヴサン :

ブロークン・マウンテン殿に、強烈な一撃を与えてください!

手を抜くと、治療儀式は失敗してしまう、さあ、遠慮なくやってください!

ドルゴノ :

やっちまえ、[プレイヤー名]!

ブロークン・マウンテン :

ちょ、ちょっと待った……!

ブロークン・マウンテン :

ぐわッ……!!

ブロークン・マウンテン :

こ、これは……!?

魂の底から沸き上がる熱気を感じるぞ……!

ブロークン・マウンテン :

おおおお!

すっかり眠ってしまっていた内なる獣の目覚めを感じる!

「原初の魂」が震え、力がみなぎってきたぞ!

ルヴサン :

どうやら、成功したようだ。

あなたが戦士として戦えなくなったのは、手ひどい怪我を負って、恐怖心が芽生えてしまったから。

ルヴサン :

その恐怖心を、彼の強烈な一撃で払拭したまでのこと。

シビレゴケは荒療治に耐えるための、一時的な強化剤。

お役に立てたようでよかった……。

ブロークン・マウンテン :

そ、そうか……。

私はてっきり、怪我による体の不調だと思い込んでいたが、原因は、己の弱い心によるものだったか……。

ブロークン・マウンテン :

まさかもう一度、戦士として戦えるようになるとは……。

ルヴサン殿に深く感謝いたしますぞ!

ルヴサン :

だが、この治療は屈強な武人がいないと務まらない。

思った通り、あなたは素晴らしい戦士のようだ。

f:id:thirtyfive:20190712010013p:plain

ドルゴノ :

[プレイヤー名]は、イチバンの戦士だからな!

キュリアス・ゴージ :

[プレイヤー名]……ドルゴノ……オメらふたりは……まさか……手紙の返事をよこさなかったのも……そういうことか……

ドルゴノ :

なんだ、ゴージでねえか。

何言ってんだオメ……?

キュリアス・ゴージ :

グガガォガォォガォォォォアァァァァァァ!!

ドルゴノ :

オメ、何を勘違いしてんだ!

目ェ覚ませ!

キュリアス・ゴージ :

すまねえ……オラまたやっちまったみたいだな。

アジムステップに向かうため、船に乗ろうとしたら、斧術士ギルドの者からドルゴノが来たと聞いたんだ……。

キュリアス・ゴージ :

慌てて探したら、オメとドルゴノがいい雰囲気だったもんで、オラ、とんでもねえ勘違いしちまった。

ドルゴノ :

オメ、本当にいい加減にしろよな!

次に「悪鬼憑き」になったときは、もう容赦しねえぞ!

キュリアス・ゴージ :

それにしても、兄者が戦士として復活するなんて、本当に夢みてえだな!

ブロークン・マウンテン :

ああ、だが……どうやら現実のようだ!

こうしてはおれん、私も戦士隊の訓練に参加しにいこう……!

この燃え上がる「原初の魂」を、試さずにはおれんぞ!

キュリアス・ゴージ :

ルヴサンさん、どうもありがとな!

あんなに嬉しそうな兄者は初めて見たぞ。

ルヴサン :

いえいえ、こちらこそ、あなたにもドルゴノがお世話になって、どうもありがとうございました。

それでは、私たちはそろそろ……。

ルヴサン :

ドルゴノよ、お前は戦士としても、人としても未熟。

とてもじゃないが、まだまだ嫁には出せない……。

所縁あるこの地に残って、しばらく修行しなさい。

ドルゴノ :

よし、これからはオラがオメに修行をつけてやる。

だから、少しは強くなれよ!

キュリアス・ゴージ :

なに言ってんだオメ!

オラがオメの修行をつけてやるんだ!

隠れ滝まで来い、さっそく修行を始めるぞ……!

キュリアス・ゴージ :

[プレイヤー名]!

オメにも言っておきたいことがあるから、付き合ってくれ!

 

隠れ滝のキュリアス・ゴージと話す

ドルゴノ :

オメのように、もっとつええ戦士になってやる!

キュリアス・ゴージ :

オメに言っておきたいことはひとつ……。

兄者も戦士として復帰したということは、オメのイチバンの座を狙う者がさらに増えたってことだ!

ドルゴノ :

そうだぞ、[プレイヤー名]!

オラだって、オメに負けねえくれえ、修行してやる!

キュリアス・ゴージ :

だから、オメも油断せずに、これからも、ずっと修行に励んでくれよな……!

 

記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。

Copyright (C) 2010 - 2017 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.