さんごーの節約&ダイエット日記。

楽しく節約とダイエット!をしながら日々の学んだ事をまとめていく個人ブログです。

FF14セリフ集。パッチ4.0のサブクエスト「ヒスイとクレナイ」

FF14のパッチ4.0サブクエスト「ヒスイとクレナイ」のセリフ集です。

妖異に捕らわれ目が覚めなくなってしまった紅玉姫の親友ヒスイ。

ついに彼女を目覚めさせる霊薬が手配できました。

ヒスイは目覚めるのか!?

 

↓前のクエスト

FF14セリフ集。パッチ4.0のサブクエスト「幻の霊薬」

 

 

クエスト受注

クレナイに話しかけてクエストを受注します。

 

f:id:thirtyfive:20170623134634p:plain

 スイの里のクレナイは、碧のタマミズのインバンを心待ちにしている。

 

クレナイ :

碧のタマミズのインバン様は、まだ、いらっしゃいません。

何しろ、ヒスイの目を覚ますための大切な霊薬……。

焦らず完成を待ちましょう。

クレナイ :

薬のめどはつきましたが、ヒスイの容態も気になります。

里に伝わる秘術で、身体が弱るのは止めておりますが……。

シオサイに言って、様子を見せてもらいましょう。

 

クレナイと話す

クレナイ :

ヒスイを閨から運ばせます……しばし、お待ちくださいまし。

クレナイ :

それにしてもヒスイはなぜ、目覚めぬのでしょう?

まるで幾年も目を覚まさなかった、御伽草子の姫君のよう……。

シオサイ :

わたくしは当初、魂が妖異に追いだされ、身体に戻れぬまま、消えてしまったのではと考えておりましたが……薬で治った例があると伺い、思いをあらためました。

シオサイ :

おそらく、魂そのものが眠りについているのではないかと。

魂はヒスイの身体にあるが、疲れ、弱っている……。

ゆえに目覚めの霊薬とは、魂に滋養をあたえる薬でしょう。

????:

そのとおりじゃ、シオサイどのぉ~!

クレナイ :

碧のタマミズの……インバン様!

インバン :

ハハハ……噂をすれば何とやら、じゃのぉ~!

目覚めの霊薬を、持ってきたぞぉ~!

インバン :

さっきの話じゃがのぉ~、この霊薬は、ワシらの場合は、孵るはずの卵がなかなか孵らぬときに、振る薬でなぁ~。

生まれる魂のための、滋養の薬というわけじゃぁ~。

クレナイ :

「振る」とは…………?

よもや飲み薬でなく、振りかける薬なのですか?

インバン :

そうじゃ、振りかけるんじゃぁ~!

たくさん作ってきたから、景気よく全身にかけるといいぃ~!

クレナイ :

ヒスイ!

クレナイ :

あなたをこんな目にあわせてしまって、本当にごめんなさい……!

f:id:thirtyfive:20170623135445p:plain

ヒスイ :

えっと…………あの……何が起きたのでしょうか?

ヒスイ :

そういうことだったんですね。

そこまでしてくださった姫様、そして異邦のお方には、何と御礼を言ってよいか……。

クレナイ :

本当に、ごめんね…………ヒスイ……。

ヒスイ :

あたしが身がわりを買って出たのは、ただ、姫様に無事でいてほしかったから……。

だから謝られることなんて、何もありませんよ?

クレナイ :

……ありがとう。

インバン :

……しかし、本当によく似た娘さんたちじゃのう。

ワシには、まったく区別がつかんわぁ~。

シオサイ :

ふむ……たしかに。

シオサイ :

掟により、姫様は再び紫水宮へと戻り、日々の儀式を執り行わねばなりません。

貴方と会えるのも、これで最後ということになりますが……。

シオサイ :

あまりに長く外界との接触を断つと、了見も狭くなり、為政者としての判断を誤ります。

……そのあたりを踏まえまして、今後のことを考えましょう。

シオサイ :

ひとまずは、我らに最良の結果をもたらした貴方に、大いなる感謝と賛辞とをささげたく……。

クレナイ :

いよいよ、あなた様ともお別れなのですね……。

最後に、私たちがお見送りします。

 

クレナイと再度話す

 

f:id:thirtyfive:20170623135934p:plain

 

ヒスイ :

この目立つ格好で、長くいるのはよろしくありませんね。

姫様が禁を破り、里に出てきたのではと、怪しまれてしまいます……。

 

 

クレナイ :

本当に、お世話になりました……!

あなた様との旅の思い出は、私にとって、月夜の珊瑚のごとくきらめきつづける、一生の宝でございます。

ヒスイ :

遠い異邦からやってきた旅人が、海の底で出会った姫様と、幻の霊薬を求めて旅をする……。

何だか、この方の旅そのものが、御伽噺みたいに聞こえます。

クレナイ :

あの御伽草子も、同じように数奇な旅をした誰かの旅を、どなたかが書き記したものなのかもしれませんね……!

クレナイ :

さて、私はこれを最後に、紫水宮へと戻りますが……実はシオサイのはからいで、この里へなら、お忍びで訪れてもよいことになったのです……!

ヒスイ :

そう……ときどきなら、召し物をあたしと交換して、「ヒスイ」のふりをして、里を訪ねてもいいって!

クレナイ :

……シオサイですら、区別がつかないといいますもの。

どちらがどちらか、まずわかりませんわよね?

クレナイ :

ためしにお顔を近づけて、よく見てくださいまし。

私はクレナイでしょうか……それともヒスイでしょうか?

 

f:id:thirtyfive:20170623135658p:plain

「クレナイ?」と答えます。 

 

クレナイ :

ふふふ……ひっかかりましたね!

実はさっき、召し物を交換してきたんです。

ですから本当は、あたしがヒスイなのですけど……?

ヒスイ :

お気づきになりませんでした?

つかのまとはいえ、旅をともにした間柄ですのに……。

クレナイ :

……おふざけはこのへんでやめておきましょう、ヒスイ。

しんみりするはずのお別れが、台無しです。

クレナイ :

ご心配なく……。

あなた様のお見立てどおり、私が本物のクレナイです。

さすがの眼力でございましたね。

クレナイ :

それでは私たちは、紫水宮へ戻ります。

お別れではありますけれど、御縁があればまたお会いできるはず。

だから笑顔で、ごきげんよう……!

 

 f:id:thirtyfive:20170623135752p:plain

 

「ヒスイとクレナイ」は以上です。

紫水宮関連のクエストもこれで最後となります。

 

↓前のクエスト

FF14セリフ集。パッチ4.0のサブクエスト「幻の霊薬」

 

記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。

Copyright (C) 2010 - 2017 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.