さんごーの節約&ダイエット日記。

楽しく節約とダイエット!をしながら日々の学んだ事をまとめていく個人ブログです。

FF14セリフ集。パッチ4.0メインクエスト「次なる一手は……」

FF14のパッチ4.0メインクエスト「次なる一手は……」のセリフ集です。

カストルム・アバニアの異常を確認したリセたち。次はなる一手、攻め込むのかな。

 

↓前のクエスト

FF14セリフ集。パッチ4.0セリフ集「箱舟からの眺め」

↓次のクエスト

FF14セリフ集。パッチ4.0メインクエスト「魂を売った村」

 

 

クエスト受注

リセに話しかけてクエストを受注します。

 

f:id:thirtyfive:20170701142758p:plain

 ワイトロックのリセは、偵察の結果に逸っているようだ。

 

リセ :

[プレイヤー名]、すぐにアラギリに戻ろう。

「ラウバーン」局長に、見たことを伝えないと……!

 

ラウバーンと話す

 

アリゼー :

その様子だと、何かわかったようね。

アルフィノ :

偵察の結果を、皆に共有してくれないか?

メ・ナーゴ :

お帰りなさい!

無事に戻られて、ほっとしました……。

双蛇党の将校 :

アラミゴの攻城戦に取りかかる前に、これ以上の戦力を消耗することは避けたいところ……。

ピピン :

カストルム・アバニアを突破しないことには、アラミゴの奪還は叶わない。

なんとしても、この難局を打破しなければ……!

黒渦団の将校 :

我ら黒渦団は、再出撃のときを待っている!

 

ラウバーン :

偵察ご苦労……!

すまないが、さっそく、情報を共有してくれ……。

リセ :

カストルム・アバニアのカノン砲の基部から、黒煙が上がっているのが見えた。

リセ :

遠方からだから、原因まではわからない。

だけど、続けざまに攻撃できなかった理由と黒煙は、何らか関係していると思う。

アルフィノ :

となれば、カストルム・アバニアへの攻略は、なるべく急いだ方がいいということになるが……。

ラウバーン :

黒煙が欺瞞工作である可能性も棄てきれないが、しかし、手をこまねいて、千載一遇の好機を逃すわけにもいかぬな……。

アルフィノ :

ええ、あのとき、第二射を放っていた方が、我々に大きな被害を与えられていたはず……。

欺瞞である可能性は、低いと思えます。

ピピン :

では、万全を期すため、からめ手を使いましょう。

少人数の兵を潜入させ、カノン砲の管制室を押さえるのです。

敵がカノン砲の修復に注力している隙を突いてね。

ピピン :

仮に黒煙が欺瞞工作だとしても、管制室さえ押さえれば、カノン砲を封じることができる。

後は一気に本隊が接近し、敵拠点を制圧するという流れです。

アルフィノ :

どうやって強固な防衛陣を敷く敵施設に潜り込むのです?

ピピン :

スペキュラ・インペラトリスとカストルム・アバニアの間に、それらの施設で働く者のための「ラジアタ」という集落がある。

ピピン :

ラジアタには、私が極秘作戦でアラミゴに潜入していた頃から、幾人か諜報員を残してあってな……。

彼らに接触し、侵入ルートを確保するのだ。

リセ :

……なら、その潜入の役目は、土地勘のあるアラミゴ解放軍に任せてくれないかな?

もちろん、アタシが指揮を執るよ。

アルフィノ :

なら、[プレイヤー名]、アリゼー、我々も行かないか?

リセを支援したいと思うんだ。

ラウバーン :

目立つ我々よりは適任か……。

すまないが、また貴様たちに頼らせてもらうぞ。

ラウバーン :

我々は、カノン砲を押さえたことを確認次第、すぐに突入できるよう軍の準備を整えておこう。

 

アルフィノと話す

ラウバーン :

危険な役割を引き受けてくれたことを感謝する。

どうか、我々の突破口を切り拓いてくれ!

アリゼー :

大勢の軍隊といっしょに行動するよりも、私は、この手の少人数での作戦の方が気楽だわ。

さあ、行きましょう。

リセ :

突入作戦に協力してくれて、ありがと。

絶対に成功させよう!

メ・ナーゴ :

ピピン少闘将の噂は聞いていました。

長らくアラミゴでの極秘作戦に従事していたと……。

双蛇党の将校 :

双蛇党も臨戦態勢で、朗報をお待ちしています。

ピピン :

戦勝祝賀会の夜、初めて会ったときのことを覚えているか?

あのとき、まさしくアラミゴ方面での極秘作戦を終えて、帰還したところだったのだよ。

黒渦団の将校 :

カノン砲さえなければ、あのような砦、我ら黒渦団の荒波で撃ち砕いてくれるわ!

 

アルフィノ :

私も、今回の帝国軍のやり口には、思うところがある……。

アリゼーに感化されたわけではないが、頭よりも先に、手足を出したくなるほどにね……。

アルフィノ :

それに、潜入先であるカストルム・アバニアは、ギラバニア山岳地帯最大の帝国軍拠点だ。

拉致されたクルルさんが、囚われている可能性もあると思う。

アルフィノ :

前に歩み出たリセを支え、アラミゴと大切な仲間を奪還するためにも、全力で、この任務を果たそうじゃないか!

 

 

「次なる一手は……」は以上です。

 

↓前のクエスト

FF14セリフ集。パッチ4.0セリフ集「箱舟からの眺め」

↓次のクエスト

FF14セリフ集。パッチ4.0メインクエスト「魂を売った村」

 

記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。

Copyright (C) 2010 - 2017 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.